会社との向き合い方

会社との向き合い方

いまの会社が果たして自分に合っているかどうか?その判断基準をお話しします。

「このまま今の会社に居るべきなのか?」 「もっと自分に合った会社はあるのではないか?」 こういったことは、誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 ただ、そう思うのも無理もありません。 少しでも自分に合った...
会社との向き合い方

いよいよ始まる黒字リストラ。早期希望退職制度という名の人員整理です。

リストラとは首切りです。 最近のリストラは、昔とは内容が変わってきました。 ひと昔前までは、リストラと言えば、業績不振から会社を守るために、泣く泣く社員に辞めてもらうといったものでした。 しかし、いまは違います。 い...
会社との向き合い方

いまの時代、会社員は個人事業主の意識を持つべきです。

いまの時代、会社員は会社に属しているものの、実態は個人事業主です。 というのも、会社員は会社から面倒をみてもらえなくなったからです。 ひと昔前までは、終身雇用制と年功序列賃金で会社員は安泰でした。 解雇や肩叩きとは全く無縁...
会社との向き合い方

経営者は会社利益が第一です。だから会社員も自分の利益だけを考えて働きましょう。

私は会社員です。 雇われの身です。 私たち会社員の対極に位置しているのが経営者です。 同じ会社で働いてはいるものの、仲間意識はありません。 むしろ敵対関係のような気さえします。 おそらく多くの人がそう思っている...
会社との向き合い方

私って会社に使い捨てにされている?

私たち社員は会社にとって道具にすぎないのではないか? 仕事をしていると、ふとそう感じることがありませんか。 たしかに会社にとって社員はコストの一部に変わりありません。 会社が社員に給料を払っている以上、間違いなく社員はコス...
会社との向き合い方

会社に期待されても喜んではいけないよ。

誰かに期待されると、口には出さないが心の内では嬉しいものです。 その相手が会社となれば、なおさらでしょう。 会社に期待されるということは、出世ができ、給料もあがり、そして大きな仕事を任せてもらえるという可能性があるということです...
会社との向き合い方

終身雇用が終わりを迎えるなかで、大企業の社員であることのデメリットが浮上!

終身雇用制度が終わりを迎えつつあります。 それはいったい何を意味するのか。 その意味するところは「いつクビになるか分からない時代が到来した」ということです。 これからは、会社が私たち会社員の生活の面倒を定年までみてくれない...
会社との向き合い方

会社への不満を抑えきれそうにない?そんなあなたが取るべき対処法を教えます。

会社に対する不満を持っていない会社員なんていません。 大なり小なり、皆持っています。 しかし、よくよく考えると、何も会社だけが不満の対象というわけではありません。 私生活においても色々な不満はあるでしょう。 家庭、友...
会社との向き合い方

会社と運命を共にしてはならない。倒産の兆候が見えたらすぐに転職の準備をすること。

「ウチの会社、もしかして倒産するかも。。。」 こんな不安な気持ちを抱えたまま仕事などできるはずもない。 普段は気にも留めない会社の業績ですが、さすがにここまでになると気になって仕方がないでしょう。 だって倒産なんてことにな...
会社との向き合い方

「会社はどこで働こうが同じ」という考えは間違っています。

「会社なんてどこで働こうが同じだよ!」 この言葉は、転職を繰り返す人に投げかけられる言葉です。 私も転職回数は多い方なので、よく言われます。 この言葉の意味するところは、会社で働く以上は「雇われの身」なのだからどこの会社で...
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました