人の悪口ばかり言う上司は始末に負えない。

部下の悪口を言う上司 労働環境
スポンサーリンク

「あいつは仕事ができない」

「あいつは頭が悪い」

部下の悪口を本人の居ない所で、平然と言う上司がいます。

はっきり申して、こういった上司の下で働いて良いことは何一つありません。

ついでに申すと、悪口を言う上司がいる会社で働いていても将来性もありません。

つまり、いいことは何一つありません。

たかが悪口くらいでと思う人もいるでしょうが、それは違います。

企業は人なりと言われるように、企業は人間の質で決まります。

悪口を言う人が会社組織の下位にいるならまだしも、管理職として人の上に立っているのであれば、それは大変な事態です。

今回は、部下の悪口ばかりいう上司は始末に負えないという話です。

悪口ばかり言う上司の下にいると人間性が低下します。

上司が部下の悪口を言うのは、決して珍しい光景ではありません。

私もこれまで何度もそういった光景を見てきました。

そこに居ない部下の悪口を言うわけです。

こういった発言を聞くたびに思うことがあります。

「おそらく、私のいないところでは私の悪口も言っているのだろう」と思ったりします。

悪口を言うのが好きな人は、とにかく誰それ構わず欠点や短所を見つけ出し、悪口を言いまくります。

人の悪口を言う人は、人間の器が小さいうえに自分に自信がない人です。

人の悪口を言って、人を下におとしめることで自分を安心させたいのです。

そういった人があなたの上司となれば、あなたの人間性が酷いものとなっていくのは間違いなしでしょう。

悪口を言うということは、周囲に毒を吐いているようなものです。

あなたは上司の毒に侵されているわけです。

その結果、あなたもいつしか人の悪口を言うような人への変貌していきます。

そうなれば、あなたの人間性は低下し、仕事をしていく上で周囲からの信用を得ることのできない人へとなり下がってしまうでしょう。

「高い人間性はどんなスキルにも勝る」

この言葉は真理です。

悪口を言うような上司の下で働き続けると人間性は確実に低下していきます。

悪口ばかり言う人が出世する会社は将来性がない。

人の悪口ばかり聞かされと精神衛生上良いわけはありません。

まして場所は会社です。

仕事への集中力が散漫になり、いつもはしないようなミスを犯すこともにもつながるでしょう。

人の悪口を言う会社にはある特徴があります。

それは社内政治が活発だということです。

会社員をやっていればわかると思いますが、会社内では常に政治が行われています。

出世する人のなかにはビジネスよりも政治活動に熱心な人もいるくらいですから。

関心はもっぱら会社利益よりも会社人事。

誰々が出世しそう、誰々が評価が高そう、誰々が左遷しそうだ、といったような人事の話ばかりです。

とにかく他人が気になるのでしょう。

他人が気になるから、人の悪口や批判も必然的に増えて行くわけです。

前向きな仕事の話よりも、出世やポストの争いにエネルギーが費やされれば会社がどうなるでしょうか。

言うまでもなく、会社は伸びません。

足の引っ張り合いや嫌がらせが横行し、会社の業績はジリ貧です。

つまり、人の悪口を言うことは、社内の人間関係を悪化させ、仕事の流れを止めてしまうことになります。

そのような会社に明るい将来など期待できるはずもないでしょう。

部下の悪口を言う上司の下で働いてはいけない。

人は悪口を言う動物です。

おそらく多くの人が他人の悪口を言った経験があるのではないでしょうか。

人の悪口を言うとストレス発散にはなりますし、人の悪口は話のネタとしては盛り上がりますからね。

ただ今回、問題にしたのは悪口を言うのが人の上に立つ人だからです。

それも部下の悪口をいうわけですから、さらに問題です。

上に立つ者が下の者の悪口を言うのは、最悪極まりないこと。

そういった人があなたの上司であれば、あなたを含めた部下はやる気を削がれていくに決まっています。

そういった人間が管理職についているというのは、会社がいかに人材不足であるか、もしくは人を見る目がないかのどちらかでしょう。

そういった会社は長期的に見れば右肩下がりです。

人の悪口を言って得になることはありません。

ただのストレスのはけ口にしているだけです。

余計なことを言って人のやる気を削ぐのですから、そのような会社に未来はありません。

そして、そういう会社で働くあなたにも将来はありません。

悪口を言うような会社では足の引っ張り合いがあります。

嫌がらせやイジメといった陰湿極まりないこともおこなわれています。

そういった環境で働くことは、あなたには大きなマイナスです。

人は成長するためには良きライバルが必要であり、切磋琢磨する環境が必要です。

人の悪口を言うような会社は、そういった環境と真逆にあり、仕事をする上での最悪な環境といえるのです。

自分の成長のためにも、そういった会社はさっさと見切りをつけましょう。

以下は転職支援サイトです。

当サイトに登録すれば、無料で希望の求人情報を紹介してくれます。

是非とも、職場の雰囲気の良い求人を紹介してもらってください。

職場の雰囲気が良ければ、上司の人間性が良いという何よりの証拠です。

そうすれば、悪口を言うような上司にあたることはないでしょう。

おわりに

本来、上司となるべき人は部下を育てる立場の人です。

それが全く真逆の行動をとって、部下の悪口を言って、部下をおとしめるわけです。

そんな会社が伸びるどころか、優秀な人材は去っていき、業績もじり貧になっていくのは必至です。

悪口を言う上司の背中を見ている部下は、将来上司になった時に、同じように部下の悪口を言うようになるかもしれません。

負の連鎖というやつです。

いまのあなたの上司が悪口ばかり言うような人であれば、上司の人間性が伝染してこないようにしかりガードしておきましょう。

そして出来る限り、上司の人間性が良い会社で働くことを考えて、今後の仕事人生を歩んでいくようにしましょう。

-これからは社長を解雇する時代です-(価格:980円)

どこの会社で働こうと、何の仕事をしようと、会社員は『雇われ意識』を捨てなければなりません。

むしろ、あなたが社長を選ぶ立場にあり、自分にメリットがなければ社長を解雇するくらいの気持ちを持ちましょう。

そのことも含めて、いまの時代における会社員の考え方について書き綴っていますので、是非ご一読ください。

(文字数:25,000字)

(形式:PDF)

タイトルとURLをコピーしました