単調な仕事に嫌気が差したら、転職に動く時期が到来したと考えるべし。

仕事内容

「単調な仕事も捨てたものではない!」

一見すると、嫌われがちな単調仕事ですが、考えようによっては多くの特典をもたらしてくれます。

単調な仕事の代表格してあげられるのが、工場での作業です。

ただ、黙々と同じ作業を同じリズムで繰り返す工場の作業。

日本の基幹産業は製造業です。

車、家電、電子部品、さらには食品・水産加工など、工場での製造を行っている会社は、驚くほどの数にのぼります。

その多くの工場で、単調な作業が行われています。

単調な作業に従事する人の中には、生活のために仕方なくという人もいれば、自ら望んで就いたという人もいます。

就いた理由はどうであれ、単調な作業には素晴らしい特典が潜んでいるのです。

その特典を享受しつつも、ある時期になると単調な仕事に嫌気が差してきます。

じつは、その時期は転職に動く時期なのです。

今回は、単調な仕事が持つ素晴らしい特典と、その単調な仕事を卒業するべき時期について説明します。

 

スポンサーリンク

単調な仕事をすることの特典

一見、単調な仕事は面白みがないように思えますが、この仕事にはとても素晴らしい特典が潜んでいます。

単調な仕事な選択した人の中には、この素晴らしい特典を享受したいためにこの仕事を選択したという人もいるほどです。

その特典とは、退職理由の常連である「わずらわしい人間関係」が存在しないことです。

工場のような単調な仕事は、各個人が、それぞれに決められた時間内に、粛々と作業をこなしていくだけです。

そのため、人と関わる必要がありません。

もちろん、上司もいれば、部下もいます。

しかし、いったん作業が始まれば、上司や部下とコミュニケーションを取るような時間も暇もありません。

作業時間帯は、ただひたすら目の前の製品との戦いです。

これとは正反対に、人との関わりを持たなければ仕事にならないのが、営業職です。

営業は、お客様や取引先の方との人間関係だけではありません。

社内においても、密度の高い人間関係を必要とする仕事です。

上司の承認、所属部署内での協力・連携、他部署との調整、部下の指導教育など朝から晩まで人間漬けの毎日です。

「わずらわしい人間関係」は退職理由の常連です。

その人間関係が理由での退職が最も多い職種が、じつは営業職です。

人間関係の問題は、それだけストレスを生み、心身を蝕んでいるということです。

このことから、単調な作業が持つ素晴らしい特典『わずらわしい人間関係が存在しないこと』の凄さを窺(うかがい)い知ることができます。

単調な作業を続けているとツラくなる人もいる。

そんな素晴らしい特典があっても、単調な作業をつらく思う人も当然います。

単調な作業がつらく思う理由は、以下の2つです。

1、モチベーションが上がらない。

これを理由にあげる人が最も多い。

来る日も来る日も、同じ作業をし続ければ、致し方のないことです。

それも、誰でも出来るようなレベルの作業です。

「自分の代わりはどこにでもいる。自分に存在価値はないのかもしれない」

と自己嫌悪に陥ることだってあります。

もし、こうした状況に陥ったら、

あなた一人の力で、将来稼ぐことのできるスキルを習得してみてはいかがですか。

将来といっても、1年もかからずに稼ぎ始めることができます。

そのスキルとは、単調な作業とは全くの正反対にあるクリエイティブな部分を有する『プログラミング』のことです。

プログラミングは、これからのITの時代を牽引する技術です。

これからは、あらゆるものがネットで繋がれる時代に入ります。そうしたなか、最新技術であるプログラミングを身に付けておけば、一生食いっぱくれることはないとも言われています。

⇒はじめてのプログラミングコース

日々の生活費を単調な作業で稼ぎながら、将来の飛躍に向けてプログラミングを習得する。

なかなかの「人生戦略」ではないでしょうか。

ただ、いきなり本格的なコースを受講するよりも一度無料で体験レッスンをおこなってみることをオススメします。

以下の学校で無料体験レッスンをおこなっています。

・【CodeCamp(コードキャンプ)無料体験レッスン予約フォーム】

一度体験することでプログラミングの面白さや将来の有望性を感じてみて下さい。

もしかしたら、病みつきになるかもしれませんよ。

 

2、眠気が襲ってくる。

これが、結構ばかにならないほどつらい。

椅子に座って、仕事をしているのであれば、ごまかしも効きます。席を離れて外の空気を吸ったり、トイレに行ったりと気分転換ができます。

しかし、工場での作業は、それが許されません。

立ち仕事でも眠くなれば、立ったまま眠ってしまいそうなくらいつらいものです。

単調な作業に嫌気が差したのであれば。。転職のチャンスです。

単調な作業がつらいと思うレベルであれば、まだまだ頑張れる状態です。

そこからさらに悪化して、単調な作業に嫌気が差したのであれば、卒業の時期が到来したと考えるべきです。

そうです。転職するべき時期です。

これは、後ろ向きな理由から言っているわけではありません。

単調な作業に嫌気が差すということは、単調な作業と正反対な仕事を無意識のうちに求めている証拠です。

例えば、想像力を求められる仕事、問題解決力を必要とする仕事などがあげられます。

どういった仕事が適しているかは、転職支援サービスを手掛けるリクルートエージェント』のアドバイザーに相談しましょう。

きっと力になってくれますよ。

そして、実際にやりたい仕事をやってみることです。

実際にやってみないことには、本当に自分に適しているかどうか分かりませんからね。

>>転職することは、それだけで価値がある。

おわりに

単調な仕事に嫌気が差した人は、ただ単に嫌気が差しただけなのか、それとも、新たな道に進みたいと思っているのか、自問自答してみることです。

そして、新たな道に進みたいと思っているのであれば、思い切って転職活動を始めることをおススメします。

>>転職活動にはやるべきことの順番がある

というのも、思い立ったときに動かなければ、会社に飼い殺しにされてしまう恐れがあるからです。

そうなれば、あなたは、せっかくの素晴らしい能力を発揮することなく、人生を終えてしまうことになります。

単調な作業は、人間関係のわずらわしさから解放してくれます。

ただ、その特典にあまりにどっぷりと浸(つ)かってしまうと、将来的に痛い目に合わないとも限りません。

そうならないように、あなたの気持ちが動いた時には、必ず行動しましょう!

まずは、リクルートエージェント』のアドバイザーに適性の仕事を見つけてもらうことから始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました