工場勤務に飽きたあなたへ。ワクワクするような仕事をしてみませんか。

仕事内容

「毎日、単調な仕事でつまらない。。。」

「毎日、面白みのない仕事で退屈だ。。。」

そういった思いで仕事をしている人は、人生の曲がり角に立っていると思ってください。

 

単調で退屈な仕事の代表といえば工場の製造現場です。

私も車の部品メーカーで経理の仕事をしていたとき、研修で3ヶ月間だけ製造ラインについていたことがあります。

最初の数日間は作業工程を覚えたりで新鮮味もあったのですが、いったん覚えてしまうとあとは苦痛の日々でした。

毎日、毎日、一日中同じことの繰り返しですからね。。。。

私の場合は、3か月という期限付きだったので我慢もできました。

しかし、工場製造員として入社すれば、一生同じ仕事を繰り返さなければならないということです。

「そんな人生はイヤだ!」

「もっと自分の考えが反映される仕事をしたい!」

といった思いが芽生えてきても全く不思議ではない。

それだけ退屈な環境だということです。

今回は、仕事が単調でつまらないと思ったときが『転職すべきタイミング』だというお話をします。

スポンサーリンク

工場勤務は単調な仕事の繰り返しです。

工場勤務は単調な仕事です。

全く面白みがありません。

各個人がそれぞれに決められた時間内に粛々と作業をこなしていくだけです。

それに仕事上、人と関わることがありません。

もちろん、上司もいれば部下もいます。

しかし、いったん作業が始まれば、上司や部下とコミュニケーションを取るような時間も暇もありません。

作業時間帯は、ただひたすら目の前の製品との戦いです。

それでもまだ自分のペースで仕事ができればよいのですが、そんなことは許されません。

工場の作業一つ一つには厳しい時間制限が設けられています。

誰か一人の仕事が遅れれば、他の人へ迷惑がかかってしまうといった状況です。

だから考える余裕もなければ、考える時間もないのです。。

ただ目の前の作業をひたすらこなすだけ。

これが工場勤務の実態です。

単調な作業を続けていると『生きる意味』を失ってきます。

単調な作業を続けていると次のような悪い症状がでてきます。

①『仕事への情熱をなくす』

これが最も多い症状です。

来る日も来る日も、同じ作業をし続ければ、致し方のないことです。

理想を言えば、

「少しでも作業スピードを速くしよう」

「少しでも不良品を出さずに作業しよう」

といった気持ちを持って仕事をするべきでしょう。

しかし、そういった前向きな気持ちで仕事をする人はいないでしょう。

いないというよりも、できないでしょうね。

私も3か月間という期間限定で製造業ラインについたことはありますが、作業手順を覚える数日間だけはモチベーションはありました。

しかし、いったん作業に慣れてしまえば、そのあとはモチベーションは全く湧いてきませんでした。

同じ作業を一日8時間、それも毎日ですからね。

さらにはアイデアを述べる機会もなければ、意見すら言えないのです。

これではモチベーションを維持することはできません。

 

②『生きる意味を失う』

単調な仕事は誰でもできるレベルの作業です。

「自分の代わりはどこにでもいる。自分に存在価値はないのかもしれない」

と自己嫌悪に陥る人もいます。

工場での作業は、人間をロボット化しているのと同じです。

では人を雇う代わりになぜロボットを導入しないのか。

それはロボットが高額だからです。

ロボットは高額すぎるため、人を安い賃金で雇入れているわけです。

賃金の話がでたので、少しだけ触れておきますが、

製造業の作業者の賃金ははっきり言って安いです。

その理由は誰にでもできる仕事だからです。

つまり、製造業で働くということは単調な仕事を安い給料で、毎日続けていかなくてはいけないということです。

これでは自分の生きる意味を見失ってしまう人がいてもぜんぜん不思議ではないね。

 

③『脳が劣化します』

製造ライン仕事は、作業手順書に書いてある通りに淡々と作業をしていくものです。

作業者の発想やアイデアが仕事に反映されることはありません。

それ以前に、意見を述べたりする機会もありません。

それだけではありません。

製造作業者は作業中には私語厳禁です。

休憩時間以外に口を開くことができません。

これって、かなりしんどいです。

人間は言葉を発しなければ、脳が動かなくなります。

たまにしゃべろうとすると、言葉が上手く出てこないこともあります。

考えたり、話したりすることで脳は活性化するのです。

工場勤務がを数年間続ければ、脳が全く稼働しなくなってしまいそうです。。

単調な作業に嫌気が差した時が『転職すべき絶好の時期』です。

単調な作業がつらいと思うレベルであれば、まだまだ頑張れる状態かもしれません。

しかし、単調な作業に嫌気が差したのであれば、卒業の時期が到来したと考えるべきです。

そうです。転職するべき時期です。

これは、後ろ向きな理由から言っているわけではありません。

単調な作業に嫌気が差すということは、単調な作業と正反対な仕事を無意識のうちに求めている証拠なのです。

例えば、想像力を求められる仕事、問題解決力を必要とする仕事などがあげられます。

もちろん、どんな仕事についても、毎日同じような仕事内容にはなります。

しかし、同じような仕事の中には小さな変化はおこりますし、あなたの考え方ややり方で結果は異なったものにすることができます。

では、単調な仕事では味わえないワクワク感を味わえる仕事とはどういった仕事になるのか。

それを探すための手段として、転職支援サービスを手掛けるリクルートエージェント』を活用して下さい。

仕事の種類は数多くあります。

その中からあなたがワクワクするような仕事を転職アドバイザーと一緒に見つけてください。

転職アドバイザーは転職の専門家です。

あなたの価値観や性格から適した仕事を紹介してくれるでしょう。

しかも無料で料金は一切かかりません。

きっと力になってくれますよ。

是非リクルートエージェント』に登録してみてください。

おわりに

単調な仕事に嫌気が差したときは、ただ単に嫌気が差しただけなのか、それとも、新たな道に進みたいと思っているのか、自問自答してみることです。

そして、新たな道に進みたいと思ったのであれば、思い切って転職することです。

思い立ったときに動かなければ、一生単調な仕事を続けなければならなくなります。

そうなれば、あなたは、自分の中に眠っている素晴らしい能力を発揮することなく、人生を終えてしまうことになるでしょう。

そうならないためにも、すぐに行動しましょう!

まずは、リクルートエージェント』のアドバイザーに適性の仕事を見つけてもらうことから始めてください。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました