40代で未経験職種への異動命令!前向きにとらえましょう。

40代 未経験職 仕事内容

「40代に未経験職種への異動命令が下ることはあるのか」

おそらく件数としては少ないでしょうが、少なからずそういった事例はあります。

実は、私の知り合いの中に数名ほど経験者がいるのですが、

彼曰く「辞令を受けたときは驚きと戸惑いだった」

とはいえ、会社からの異動命令のため、本人の意思に関係なく従わなければならないのですが。。

40代の人事異動では、勤務地の異動は頻繁におこなわれますが、職種の異動はそれほど多くはありません。

職種の変更は仕事内容が変わるということです。

つまり、それは一から仕事を覚えるということを意味します。

「いまさら、この年齢で・・・自分から希望した職種でもないのに」

といった気持ちが湧くのも無理はありません。

いったいなぜ、会社はこのような異動命令を下すのか。

今回は、40代で未経験職種への異動命令を受けた時の対処法について説明します。

スポンサーリンク

40代社員に未経験職への異動辞令を発する会社の狙い

40代の社員に未経験職種への異動を命じる会社の狙いは何なのか。

期待してのこと?それとも、ただの嫌がらせ?

それは期待しての人事異動』です。

異動を命じられた社員が配属される部署は、会社の中核の部署、または、立て直したい部署といったような会社にとって重要な部署であると想像します。

未経験だからこそ、その仕事に染まっていないからこそ、見えることや感じることがあります。

新しい血を入れて組織を活性化させたいのです。

そうとなれば、当然いまの部署で実績を上げている社員が対象になります。

実績もない期待できない社員を異動させても仕方ありませんので。

そして、もうひとつの狙いがあります。

その狙いとは、

「社員の適性を見抜き、戦力にしたい。」

ということです。

本人は希望していなくても、会社がその適性を見抜き未経験職種へ異動させることはあります。

プロ野球の世界では、投手で入団しながら適性から野手に転向し、大活躍するような選手が出てきます。

おそらく、会社はこういった選手のような社員を育てたいのです。

大活躍できるかどうかは別にして、せっかく会社が評価してくれ、新しいことができるチャンスをくれたのだからやってみればよいのです。

そこで新しい自分を発見できるかもしれません。

世界観が広がるかもしれません。

これまでの職種とは違ったタイプの人たちと出会うことができるかもしれません。

未経験職種への異動だからといって恐れることはない。

40代で今までに経験のない仕事内容を命じられると、最初は戸惑うことでしょう。

見方によれば、嫌がらせのように見えなくもありませんよね。

40過ぎた社員を未経験職種に異動なんて。。。

しかし、同じ未経験職種の仕事でも、人事異動ではなく転職でそれをやろうとする人もいます。

未経験職種での転職は仕事内容も初めてですが、会社も初めてということになります。

おまけに自分から望んで新天地へと飛び込んでいっているので、周囲からの同情なんてありません。

緊張感とプレッシャーは、半端ないレベルです。

それに比べ、人事異動によって未経験職種へ移ることは精神的にラクではあります。

会社を変わらなくてよいということが、どれだけ精神的負担を軽くしてくれていることか。。

さらには、社内での人事異動であれば、自分が望んで行くのではなく、会社の命令で行くため、受け入れ部署も同情的な目で見てくれる部分もあります。

そうであれば、すぐに結果を出す必要もなく、プレッシャーもさほどないでしょう。

未経験職種へ異動することは大きなチャンスです。

40代で未経験職種に就けることは、めったにあることではありません。

未経験だからといって恐れることも何もありません。

勤める会社はこれまでと同じ会社です。

ということは、事業内容も業種も変わらないわけです。

それに、新しい部署に知り合いや顔なじみがいる可能性だってあります。

ただ、仕事内容が変わるだけです。

40過ぎて、新しい仕事に取り組めることは大変ラッキーなことです。

きっかけが本人が希望しない人事異動のため、会社も周囲も、最初は大目に見てくれます。

つまり、会社の給料もらいながら勉強できるようなイメージです。

そして、新しい仕事を覚えたあかつきには、これまでの仕事とプラスで『2つの大きな武器』を手に入れることができるのです。

ずっと同じ仕事をしていると、マンネリ化を感じて仕事への情熱が薄れてきます。

40代でもう一度自分を奮い立たせるためにも、新しいことにチャレンジすることも大事なことです。

私だったら喜んで頑張ると思います。

未経験職種への異動で危惧される2つのケース。

ただし、未経験職への異動で気になることが2つあります。

1つ目は、未経験職種の仕事内容が単純作業がメインの仕事であるケースです。

分かりやすく言えば、誰にでもすぐにできるような仕事です。

これではただの補充要員です。

そうなると、この人事異動はチャンスというよりも終焉を意味することになります。

単純労働で成長もままならない。

そして、待遇も上がっていくことはありません。

飼い殺し状態にされるということです。

⇒飼い殺しにされると仕事はラクチン。でもいつの日かそのツケを払うことに。

そのあたりの見極めが大事になってきます。

そして、もうひとつのケースは未経験職種に馴染めなかったときです。

こちらは十分に起こりうる可能性があります。

元々、自分で希望した職種ではありません。

なかば強制的に異動させられた感が強い。

そうしたなか、仕事の結果が出ないとなれば、会社への恨みが募ってくるのは必至です。

人間関係はぎくしゃくし、やる気も低下していきます。

これは最悪のケースです。

未経験職種で結果を出すのは、正直しんどい面はあります。

最初は周囲の人に教えてもらうこと、訊ねることがほとんどです。

周囲が年下ともなれば、なかなか大変です。

謙虚さをもって接することができるかどうか。

これまでの仕事で実績をあげた人であれば、プライドが邪魔してできない恐れはあります。

まずは環境が変わったのですから、心の持ち様を変えることが最も重要になります。

おわりに

40代で新しいことにチャレンジできる環境に身を置けることはチャンスです。

せっかくのチャンスをもらったのですから、頑張ってみてはどうですか。

成功したあかつきには、もう一つ大きな武器(職種)を手に入れることができます。

そして、それがこれからのあなたを守ってくれることになるのです。

ただ一方で、未経験職への異動で結果が出なかった時のことも考えておく必要があります。

具体的には転職サイトへの登録しておくことです。

転職サイトへの登録は無料で、求人情報をメールにて送ってくれます。

備えあれば憂いなしです。

転職サイトについては以下のいづれかを活用すれば十分です。

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

おそらく転職先はすぐに見つかるでしょう。

というのも転職理由が明確だからです。

「希望していない職種への人事異動を受けたため」

「これまで長年やってきた仕事ができなくなったため」

こうした理由があれば、転職の動機として相手企業を納得させることができるため比較的困難なく転職できるでしょう。

これで最悪のケースに対する保険は万全です。

あとは心置きなく未経験職に全力投球してください。

せっかく会社がくれたチャンスです。

「それで上手くいかなければ転職すればいいや」といったくらいの軽い気持ちで取り組めば案外肩に力が抜けて良いパフォーマンスを残せるかもしれないです。

やるだけやってみましょう!

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました