コロナ禍で生き残るために業種で会社選びをしよう。

生活環境

世間はコロナ一色です。

外出するにも、色々と制約が付きまとう状況です。

これだけ長期にわたると、日々の暮らしの中でも精神疲労ができている人も多いでしょう。

それでも終息が見えればまだ救いはあるのですが、これがいつまで続くか分からない状況が更なる不安と疲労をもたらしています。

不安と言えば、やはり収入面ということになるでしょう。

コロナ倒産あり、コロナ解雇あり。

その数はすさまじい勢いで増えています。

将来が見えない状況で会社員はどう自分を守っていくのか。

コロナ禍の不況には特徴があります。

もちろん世界全体は不況にまっしぐらに進んでいるのですが、細かく見ると『業種』によって濃淡が現れているのです。

この点に、会社員がコロナ禍を生き残るためのヒントを見出すことができます。

今回は、会社がコロナ禍を生き残るため『業種で会社選び』をするべきというお話です。

 

スポンサーリンク

コロナ禍で将来不安は増すばかり。

コロナが我々を生活を脅かしています。

コロナによる倒産、コロナによる失業、コロナによる賞与カット。

こうしたことは、コロナが企業の業績を悪化させている結果です。

この状況に私たち会社員はどう立ち向かっていけばよいのか。

「なるようにしかならない」と開き直ることが一番かもしれませんね。

不安は考えれば考えるほど、自分のなかで増殖していき、やがて心身に不調をもたらしたりしますから。

しかし考えてみれば、コロナがなくても私たち会社員は元々不安な状況にあったわけです。

コロナが起こる前からリストラに脅え、薄給に苦しみ、昇給もままならない状況でした。

会社員の良き時代はとっくに終わっていたわけです。

だからコロナが発生して不安が生じたわけではありません。

ただ一つだけ言えることは、不安のレベルが一段階上昇したということです。

一段界とは?

それは「会社倒産するということ」です。

それも業績良い大手企業でも倒産するということです。

ちなみに私の勤めている会社は危機的水域です。

私は経理業務に携わっています。

売上は大幅減少。固定経費の削減にも限界があるため、カネは流出するいっぽう。

なんとか銀行借り入れで補っている有様です。

コロナ以前は、少なくとも自分の会社の倒産なんて考えてもいなかったです。

今では会社倒産リスクが現実のものとして目の前に迫っています。

会社倒産リスクは自分の力ではどうしようもできません。

となると、自分の会社の倒産リスクを見極め、ヤバいと思えば前もって他の会社に転職するしかありませんよね。

コロナ禍では業種で会社を選ぼう。

ではどんな会社がヤバいのか。

通常の経済状況であれば、業績の悪い企業、もしくは小さな零細企業といったところが倒産リスクの高い企業としてあげられるでしょう。

しかし、いまは通常の経済状況ではありません。

コロナ禍といった完全なる異常事態です。

コロナ禍では人との接触を禁じられています。

となれば『人の集団を相手に商売をしている業種』はヤバいということになります。

例えば飲食業、観光業などはニュース等で業績悪化が伝えられています。

たとえ大手企業であろうと、人の集団を相手に商売をしている業種であれば、倒産リスクは高まるということです。

コロナ禍はしばらく続きます。

あなたの勤めている企業の業種は、コロナ禍の影響を受けていますか。

飲食業や旅行業、娯楽業は人数制限を余儀なれるため、業績が回復することは難しいでしょう。

そこで、私たち会社員が取るべき手段は「コロナの影響度が軽い業種」へ転職することです。

私たち雇われ人の良き点は「会社を変えることができる」こと。

経営者であれば、コロナの影響を受けることが分かっていても、簡単に会社をたたむことはできません。

ここは会社員の強みを活かしてコロナの影響を受けない業種へ転職しよう。

⇒転職活動にはやるべきことの順番がある。

コロナ禍では『複数の職種』と『複数の収入源』を確保しよう。

コロナ禍では『業種での会社選び』が重要になってきます。

それと同じくらい大事なことがもう一つあります。

それは「職種を複数持っておくこと」です。

コロナは大企業を倒産させてしまいます。

いまは業績良好であったとしても、コロナの影響を過大に受けることになれば、たちまち集客できなくなり倒産に至ってしまいます。

運悪く倒産して、次の仕事を見つけることになったとき色々な職種ができる方が圧倒的有利です。

応募職種が増えるという意味ではありません。

複数の職種を出来る人は会社から重宝されるいう意味です。

失業して再就職する場合は、たいていは中小企業になってしまいます。

中小企業は収益力が乏しいため、一人の社員が複数の仕事をこなすことになります。

「この仕事しかできません」では再就職は難しくなるでしょう。

芸は身を助けるということです。

実を言えば、職種を複数持つより有効なことが「収入源を複数持つこと」です。

複数の職種を経験することは転職する際には有利なのは間違いありません。

しかし、転職とは相手があってのことです。

会社が採用してくれないというリスクは常に付きまといます。

だから、自分で収入源を複数もっておくこと。

つまり会社勤め以外で副業をしておくことです。

これがコロナ禍で生き残る最大の戦術です。

副業と言っても、副業するためには会社の理解、時間の確保といった副業できる環境を手に入れる必要があります。

つまり副業できる会社に籍を置いておくことが必要になってきます。

具体的には下記の記事に詳しく書いていますので参考にして下さい↓
・これからは『副業できる環境が備わった会社』への転職が確実に増えていきます。

会社一本はやはり怖いです。

たとえいまの会社の給料が高給であっても、コロナで突然倒産なんてことはありえますからね。

よくよく考えて、今のうちから複数の収入源確保に動き出しましょう。

おわりに

「飲食業は大変!」

「観光業は大打撃!」

あなたの勤めている会社の業種がコロナの直撃を受ける業種であれば、大手企業であっても倒産するかもしれない。

それだけコロナは怖い。

コロナによって人の動きが抑制されることが、いかに経済に打撃を与えているか。

そんな中、私たち会社員ができることはコロナの影響を極力受けない業種で働くこと。

さらには複数の職種と複数の収入源を持つこと。

これらは一言で言えば「リスクヘッジ」です。

何が起きても慌てないために、選択肢を広げておくのです。

コロナは生活を根底から変えてしまったのです。

私たちも頭を切り替えて対処しなければなりません。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました