働き方が選べる会社に転職しよう。幸せな人生を歩むための第一歩です。

働き方が選べる 働き方
スポンサーリンク

現代は『多様性』という言葉が広がりをみせています。

人の生き方にも多様性が広がっており、それぞれの人が自分に合った好きな生き方をすることが許容される世の中になりました。

あなたは、どういった人生を歩みたいですか。

仕事に生きるか?趣味に生きるか?それとも気楽にのんびり生きるか?

いずれにせよ、あなたが自分の希望する人生を歩むための欠かせないものがあります。

それは『働き方』です。

自分に合った働き方ができれば、かなりの高い確率であなたは満足のいく人生を送ることができるでしょう。

そのためには、あなたに合った働き方を提供してくれる会社に籍を置いておく必要があります。

社員ファーストの働き方を準備している会社で働くことができれば、あなたは様々な働き方を人生のステージに応じて選択できます。

今回は、多様な働き方を提供している会社で働くことのメリットについてお話します。

多様な働き方を提供している会社は将来有望です。

働き方改革と言われて久しくなります。

働き方改革というと時短、残業時間の縮小廃止が頭に浮かびますが、それよりも多様な働き方ができるようになることが働く者にとって一番の関心事です。

しかし、現実的には多くの会社ができていません。

売上増や利益増になることであれば、多くの会社がすぐにでも着手するのでしょうが、働き方改革は短期的にはコスト増になってしまいます。

人事制度の見直し、労務管理の煩雑さなど企業がやりたがらない理由も分からないではありません。

一方で、将来的に見地に立って働き方改革を率先して実施している会社があります。

そういった会社は一言で言えば、人材を重視した経営をおこなっている会社です。

具体的には以下の2点です。

①『人材が最大の経営資源』
②『優秀な人材の採用』 

①『人材が最大の経営資源』

企業は人なり。

どんなにデジタル化やIT化が進もうと、やはり企業は人です。

デジタル化しても、IT化しても、それらを使いこなせなければ宝の持ち腐れです。

優秀な人がいるからデジタルやITを使いこなし効率的に仕事を進めることができるわけですから。

それに、社員を動かすにもマネジメントするにも優秀な人材が必要ですので、人が大事な経営資源と考えるのはどこの会社も同じです。

ただ、業種による温度差はあります。

人材にあまり重きを置いていない業種の一例をあげるとすれば、製造業や建設業です。

社員を労働力とみなしている。仕事量に対して数が足りておけばよいような感じです。

その証拠に、外国人労働者や派遣社員を積極的に活用しています。

こうした業界は働き方改革と縁遠い位置にあります。

 

②『優秀な人材の採用』

フルタイムの正社員が主流のなか、正社員でも時短勤務、週休3日制を取り入れたりしている会社があります。

そして現在では在宅勤務や、副業を容認している会社もあります。

このような働き方のメニューを揃えて社員に選択権を与えているのは、一人でも多くの優秀な人材を獲得したという表れです。

世の中には、高い能力を持ちながらフルタイムで働けない人もいます。

また、優秀な人は一つの会社にとどまらず、複数の会社で幅広く働くことを希望する人もいます。

色々な経験が積めますし、人脈も作ることができるからです。

副業に関しては、自分の会社の社員に副業を認める一方で、他社の社員を業務委託という形で受け入れています。

幅広く門戸を開くことで積極的に優秀な人材を受け入れることに熱心であることが伺えます。

多様な働き方を提供している会社は社員にとって最高の会社です。

このように多様な働き方を提供している会社は人材獲得に貪欲な会社です。

これは、優秀な人材の獲得が会社業績を伸ばすのに必要不可欠であると強く認識しているからです。

では私たち働き手側の立場からすると、このような会社はどうかというと最高に働きやすい会社であることは疑う余地もありません。

まずは、働き方の選択肢が与えられるということです。

フルタイムの正社員、もしくはパートが主流のなか、他にも選択肢があるというのはうれしい限りです。

全ての人がフルタイムの正社員を希望しているわけではありません。

フルタイムではなくても、正社員として責任をもって仕事をしたい人もいるはずです。

たとえば、家庭の事情で親の介護が必要な人がいるとしましょう。

そういった場合にフルタイムの正社員としてしか働き方が準備されていなければ、会社を辞めるしか選択はありません。

俗にいう、介護離職です。

もし、会社に時短や在宅勤務での働き方が準備されていれば辞める必要はありません。

人生には結婚、出産、病気、介護など仕事を続けることに大きな影響を及ぼす出来事が存在します。

これは誰の身の上にも起こりうることです。

そのときに会社を続けたいが、会社が個別事情を考慮して受け入れてくるかどうか。

もし、いまの会社において働き方の選択肢がいくつか準備されていれば、心置きなく自分に事情に合った働き方を選択することができ、会社を続けることができます。

仕事を継続できるかどうかは社員の能力の問題だけではないということです。

会社の人事労務体制がどうなっているかも大事になってきます。

だからどうしても、働き方改革に力を入れている会社に転職しておくべきです。

いまだに週休2日制を採用していない会社もありますが、そういった会社は全くの論外です。

まずは転職サイトを使って働き方改革に力を入れている会社を調べてみましょう。

もしくは転職エージェントに登録して、アドバイザーに直接紹介してもらうのもよいかと思います。

以下にオススメの転職エージェントを掲載しておきます。

料金は無料ですので登録してみてください。

転職エージェントは転職を成功させた人であれば、ほとんどの人は利用しています。

希望の求人情報を無料で紹介してくれますので、すぐにでも登録しましょう!

人生を充実させるには自分に合った働き方を選択すること。

「仕事一辺倒の人生は送りたくない!」といった考えを持つ人が非常に多くなりました。

朝から晩まで働いても幸せにはなれない。満足いく人生は送れない。

もっと自由に仕事をしたい!

そういった人のなかにはフリーランスという働き方を選択する人もいます。

でも実際にフリーランスは大変です。

一人の力で食べていくわけですから、いくら力があっても自分のスキルが金を稼ぐことに直結していなければなりません。

現実に考えれば、会社に籍を置き、そして自由な人生を歩むことができるような働き方を模索するべきでしょう。

他方では、仕事一辺倒で頑張りたい人もいるでしょう。

そういった人は基本的にはフルタイムの正社員という働き方になるでしょうが、必ずしもそれだけとは限りません。

フルタイムの正社員では、仕事一辺倒ではなく会社一辺倒になってしまいます。

1社のみに傾注して働くのではなく、できれば複数の会社と関係を持ちながら仕事をしたほうが自主性を保てます。

1社のみだと会社の言いなりにならざるをえませんが、複数だと1社がダメになっても他の会社があるということで自己主張できます。

つまり会社に依存することなく、仕事に打ち込むことができるわけです。

それを実現するためには、副業のような多様な働き方ができる会社に所属しておかなければなりません。

おわりに

生き方の選択肢が広がっていくにつれて、働き方の選択肢が広がっていくことは自然の流れです。

しかし、現実を見ると、なかなか多様な働き方を導入している会社は少ない。

見方を変えれば、多様な働き方を導入している会社は先見の明があると言えるのです。

優秀な人材を獲得するためには、給料や福利厚生もさることながら、多様な働き方を揃えておくことが効果的であることを理解しています。

仕事をする私たちからすれば、間違いなく多様な働き方が備わっている会社で働くべきです。

それが幸せな人生を歩むためには欠かせません。

まずは多様な働き方を提供している会社を探すことからスタートしましょう。

そしてチャンスがあれば、早いうちに転職しておくことが肝要です。

タイトルとURLをコピーしました