フリーター歴が長い人が正社員になるための方法

フリーターから正社員 20代・既卒

「正社員になりたい!」

フリーターとして働いていて、そう思っている人もいるでしょうが現実はなかなか厳しいです。

とくにフリーター歴が長いと、そこから正社員になるのは容易なことではありません。

ただ容易ではないが、不可能なことはありません。

もしあなたがフリーターから正社員を目指すのであれば、できるだけ早い方がよいでしょう。

というのも、年齢が若いほうが圧倒的に可能性が高くなるからです。

できれば20代のうちが望ましいです。

正社員になると多くの優遇を受けることができます。

フリーターも悪くはないですが、日本社会の現状では正社員の方が明らかにメリットを多く受けることが出来るの明白です。

今回は、フリーター歴が長い人が正社員になる方法についてお話しします。

 

フリーターのメリットを享受できるのは実力がある人のみ。

フリーターという範囲はいですが、大きく以下の2つに分かることができます。

①複数の会社でアルバイト、パートをこなしお金を稼ぐ人。

②直接自分で仕事を受けることでお金を稼ぐ人。

どちらにせよ、共通していることは収入が変動するということです。

つまり、働いた分だけ収入になるということです。

一方、フリーターと対照的な存在が正社員ということになります。

正社員は収入に変動はありません。毎月決まった給料が支給されます。

誤解を恐れずに言えば、たいして仕事をしなくても、会社に出勤しておけばとりあえず給料はもらえます。

そう考えると、能力があり、稼ぐ力を持っている人はフリーターとして働くことを望むでしょう。

これがフリーターの最大のメリットです。

他にもフリーターであることのメリットはあります。

人間関係に頭を悩ませる必要がないというのも大きなメリットです。

ただ、人間関係の問題は、正社員ほど密ではないだけであって、フリーターになれば解放されるわけではありません。

フリーターであれば、人間関係が嫌になればすぐに切ってしまい、別の会社や取引先に乗り換えることができます。

フリーターはフットワークが軽く、一つの場所に定住しないところが魅力的の一つですから。

しかし、会社や取引先を選択できるのは、あくまでも実力のある人のみです。

実力がなければ、好きに人間関係を選ぶ立場にはなれません。

パート・アルバイトであれば雇用主に媚びなくてはいけないし、フリーランスであれば仕事を発注してくれる人に媚びなくてはいけません。

つまり、フリーター全員が面倒くさい人間関係から解放されるというのは間違った解釈です。

フリーターよりも正社員の方がメリットが多い。

日本人は安定志向を希望する人が多い。

毎月決まった給料が入って、雇用も保証される人生を歩みたいと考える人が多い。

そう考えれば、フリーターの人が正社員になりたいと考えるのも無理はありません。

極端な話、給料が安くても正社員になりたい人もいるくらいです。

いまの時代、正社員だからといって、雇用が完全に保証されることはありませんが、それでも正社員には多くのメリットがあります。

一番のメリットは、毎月の給料が確実に支給されます。

とりあえず出社しておけば、私語をしていようが、さぼっていようが給料は支給されます。

仕事をするにしても、どうでもよい仕事や利益に繋がらない仕事ばかり。

そういった仕事を退社時間が来るまでこなしておけば、自動的にお金は入ってくるわけです。

フリーターの場合はただ仕事をしているだけではダメですy。収入に直結する仕事をしなくては生活できません。

この差は天と地ほどです。

これが正社員の精神的安定の源と言えるでしょう。

そして、次の大きなメリットとしては社会的信用があります。

会社の業績が悪かろうが、給料が低かろうが、正社員であれば社会的に信用が高い。

例えばローンを組むとき。

ローンを組むときには安定的な収入を持っていることが審査の合否に大きく関係します。

いまの時代、働き方の多様性がかなり認知されてきましたが、それでも正社員という働き方が最上位です。

正社員というだけで世間体が良くなります。

これが現実社会です。

また、経済が危機的状況の際に政府が緊急支援に乗り出すときも、支援の対象者は正社員です。

雇用調整助成金は、フリーターではなく会社勤めの正社員の雇用を守るための政策です。

労働組合もしかりです。

正社員の雇用を守ることや正社員の賃金アップには尽力しますが、非正規のパートやフリーターにためには活動はしません。

本来、労働組合は労働者のために作られた組織のはずなのに、ここでも正社員が優先的に守られます。

最後に、フリーターの最大のメリットである実力者であれば収入が多くなるという点について述べておきたい。

実力があれば、フリーターでなくても正社員であっても、働いた分だけ稼げます。

というにもいまは副業が社会的に容認されています。

能力さえあれば正社員をしながら、一方で自分の力で稼げることができるのです。

となれば、もうフリーターであるメリットは皆無といってもいいかもしれません。

一日も早くフリーターから正社員になる方が、お得な人生を歩むことができます。

フリーター歴が長い人が正社員になる方法

フリーターから正社員になるのは、けっこう厳しいのが現実です。

30歳を過ぎていてフリーター歴が長いとなかなか正社員にはなりにくいですね。

正社員だから能力があって、フリーターだから能力がないと勝手に判断する傾向が強くあるため、あなたがフリーター歴が長いと正社員での採用が厳しくなります。

特に歴史の古い会社で、年齢の高い人が採用担当者の会社ではフリーターの応募者には厳しい。

できれば、社歴の浅い会社や、成長中の会社といったようなエネルギーのある会社で、若い人材を求める会社を狙いましょう。

そうであれば、フリーター歴が長くても、正社員として採用してくれます。

そうした情報提供などを含めてサポートしてくれるのが、フリーターの転職を支援してくれる会社です。

おススメメは以下の2社です。

フリーター歴が長い人が正社員になるためには、自力のみでチャレンジするよりも転職のプロのサポートを受けるほうが明らかに良い結果が出ます。

一番の理由は、フリーターを積極採用する会社を紹介してくれるからです。

あなたがハローワークや転職サイトにある数多くの求人の中から、フリーターを積極採用している会社を探すのは難しいです。

上記で紹介した2社に登録すれば、該当する求人を紹介してくれます。

しかも無料です。

そして、さらに、正社員になるための転職活動全般にもアドバイスしてくれるため、あなたにとって心強い味方になってくれるでしょう。

おわりに

フリーターが正社員を目指す一番の理由は安定です。

収入の安定、信用の安定を得ることは人生の歩む上で欠かせないことです。

でも、フリーター歴が長くなればなるほど正社員の道は簡単ではありません。年齢が上がれば上がるほど厳しさを増してくるのが現実です。

だからこそ、できるだけ早いうちに正社員へトライして欲しいと思います。

そして、その際には転職エージェントのサポートを得てください。

一人よりも専門的な知識と経験を持った人の力を借りるほうが、成功確率はグンと増すことは間違いないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました