年収は能力や努力ではなく「いま居る会社」で決まる。

年収は能力関係ない 第二新卒・既卒・20代

年収は能力やスキルで決まると思っていませんか。

実のところ、それは間違っています。

年収を決めるのは「どの会社に在籍しているか」です。

平均年収の高い会社に在籍していれば、能力やスキルが劣っていても高い年収を得ることが出来ます。

だから、極論をいえば年収を上げたいのであればスキルや能力を磨くよりも、年収の高い会社に移ることです。

それが最も確実、かつ唯一の方法です。

では、年収の高い会社とはどのような会社なのか?

それは、成長している業界の所属している会社、または成長事業を手掛けている会社ということになります。

キーワードは『成長』です。

業界や事業が成長していれば、会社の利益も成長します。

そして社員の年収も増えていきます。

残念ながら、あなたが成長力のない会社で努力しても報われることはありません。

今回は、年収を上げたければ成長中の業界や成長事業を手掛ける会社へ転職すべきというお話です。

スポンサーリンク

あなたの年収が低いのは『いまの会社』に居るからです。

「頑張れば給料があがる」

そう信じて日々仕事を頑張っている人は多い。

日々の仕事を頑張るだけでもすごいのに、その上さらに上司へ何とか取り入ろうとゴマをする人もいれば、スキル向上のために資格勉強する人もいます。

すべては給料をあげるための努力です。

しかし、現実的には思うようには給料は上がりません。

たとえ、あなたが役職者に昇格しても給料は上がらないでしょう。

なぜなら、あなたがいまの会社に居るからです。

あなたがいまのような給料が低い会社に居るかぎりは上がりません。

能力やスキルは給料には比例しません。

どんなに有能な人でも、平均給与が低い会社に居る限り低い給料しかもらえない。

逆に有能でなくても、平均年収の高い会社にいれば、年収は高くなります。

「あなたが身を置く場所(会社)によって収入は決まる」

これが現実です。

本当に残酷ですよね。

だって、どんなに努力しても、いま会社(場所)にいる限り報われないのですから。

中小企業や零細企業でも、大企業の社員以上に優秀で仕事ができる人はいます。

しかし、給料は大企業の社員よりもすごく安い。

能力的にはもっと高い年収をもらってもいいのに、驚くくらいに年収が低い。

同じ仕事をしていても、仕事をしている場所(会社)で大きな年収の差が生まれます。

あなたの会社の業界や事業は成長してますか。

年収はスキルや能力ではなく、いまの場所(会社)によって決まります。

つまり、あなたの会社の利益が低いから、あなたの給料が低いのです。

会社は利益の中から給料を払っているわけですから、利益の額が低ければ社員の給料は低くなるのは当然です。

無い袖は振れないということです。

では、会社の利益の差を生んでいる大きな要因は何か。

それには様々な意見があるでしょう。

でも決定的な要因は「業界や事業が成長してるかどうか」です。

  • あなたの会社の業界は成長していますか。
  • あなたの会社の主力事業は成長していますか。

あなたの会社の利益が伸びないのは、あなたの会社の業界や事業が成長していないからです。

利益を上げるには、上昇気流に乗ることです。

上昇気流に乗れさえすれば、少々経営者が能力的に劣っていたとしても会社の利益は伸び、結果としてあなたの年収は上がります。

つまり、あなたのいまの低成長な会社が高成長の会社に変身すれば、あなたの年収は上がるということですが、そこまであなたが待つことができるかが問題です。

衰退している会社が事業転換によって再起を図ろうとする。

これはよくあることです。

既存の低成長な事業を頑張るよりは、成長しそうな事業をゼロから頑張る方が利益伸長には効果的です。

問題は時間がかかるということです。

新事業が成長軌道に乗って利益が出始めるまでには時間がかかります。

それから、あなたの給料が上がるまでにはさらに時間がかかります。

会社は新事業を始めるのに借入をしているため、利益が出始めてもまずは借入返済に充てるため給料の上昇はそのあとです。

それまであなたは待てますか。

それに新事業が必ずしも成功することは限りません。

むしろ失敗する確率の方が高い。それだけ事業立ち上げは難しい。

いずれにせよ、いまの低成長の会社が高成長に変貌し、あなたの年収が上がるまでには越えなければならない壁が多いということです。

となれば、あなたが取るべき手段は一つです。

成長している業界や、もしくは成長事業を手掛けている会社に転職することです。

そうすれば、間違いなくあなたの年収は上がります。

それも瞬時に上げることができます。

年収を上げるには成長中の業界や会社へ転職するしかない。

いまあなたの会社がやっている事業に成長性がなければ、あなたの年収は上がらないということです。

そこで、あなたがとるべき行動は会社を替わることです。

雇われの身である私たち会社員の最大の武器は、会社を替わることができることです。

成長している会社に移れば、それだけで年収はあがります。

問題は、成長中の事業を行なっている会社に転職できるかどうかです。

そしてそれ以前に以下の事を把握しておく必要があります。

  • 成長中の業界とはどの業界なのか。
  • 成長中の会社とはどういった会社なのか。

じつはこうした疑問に対してまとめて答えてくれる、うってつけの人がいます。

それは『転職エージェントのアドバイザー』です。

言わずと知れた転職サポートのプロですが、転職市場の動向には精通しています。

好調な業界、不調な業界は求人の数から判断できるでしょう。

そして、現在成長している会社も把握しています。

というのも、転職エージェントのアドバイザーは数多くの求人を見ていますので、売上や利益はもちろんのこと、社員の年収まであらゆるデータを持っているからです。

あなたが成長中の業界や会社に転職をするには転職エージェントの協力は不可欠です。

是非、積極的に活用してください。

以下は、20代~30代前半の人に特化した転職エージェントです。

上記の転職エージェントを利用するのに費用は一切かかりません。

相談だけでもOKです。

あなたの現有スキルで成長企業へ転職できるか。

もし、あなたのスキルと成長企業が求めるスキルにミスマッチがあるのなら、どんなスキルを身に付ければ良いかなども教えてくれます。

全て無料なので、使えるものはどんどん使いましょう。

おわりに

どんなに仕事ができる人でも、働く場所(会社)を間違えば低い年収に甘んじなければなりません。

同じ頑張るのであれば、報われる場所で働くべきです。

あなたの年齢が20代~30代前半で、年収に不満があるのであれば、成長分野に自身を投じましょう。

そして年収を上げましょう。

成長分野はさらに成長し、衰退分野はさらに衰退します。

衰退している業界や会社に身を置くことは、年収が上がらないだけではなく、逆にあなたの年収をさらに低くし、なれの果ては業績不振から倒産という事態にも発展しかねません。

時計の針を戻すことはできません。

いますぐにでも思い立ったら、転職エージェントのアドバイザーへ相談しましょう。

本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
タイトルとURLをコピーしました