40歳過ぎて失業してしまった。スキルのない人が進むべき道とは?

40歳失業 40代の転職

「40歳を過ぎて失業してしまった」

人生長く生きていると「まさか!」ということが起こります。

仕事を失うことは、そのまさか!です。

それも40歳を過ぎての失業となると再就職できるかどうか。。。

それでもまだ秀でたスキルがあれば何とかなりそうですが、これと言ったスキルもないとなればもう絶望的な状況です。

これからどうして生活していけばよいのか。

安い給料で、しかも身体を使った労働の求人に応募するしかないのか。

いままで肉体労働をしていた人であれば、身体も順応できますが、そうでない人が40歳過ぎて身体を使った仕事はかなり厳しいですね。

そこで、わたしが提案したい仕事は『タクシードライバー』です。

タクシードライバーは40歳過ぎで未経験でも採用されやすい仕事です。

それにタクシードライバーには40代には嬉しいメリットが3つもあります。

今回は、40歳過ぎてスキルなしの人はタクシードライバーに再就職すべき理由についてお話しします。

スポンサーリンク

40歳過ぎて無職になると再就職は厳しい。

40歳を過ぎて無職になるのは正直つらいですよね。

あなたが20代、30代のころに、まさか自分が40歳を過ぎて無職になるとは想像だにしていなかったでしょう。

40代は人生において大きな変化が起こる年代です。

  • 40代はリストラの対象になります
  • 40代は出世競争の優劣がつきます
  • 40代は親の介護が必要になります

このように40代になると、人生の大きな変化が次々とやってきます。

そして、こうした変化があなたの仕事を奪っていきます。

リストラ、出世競争に負けての左遷、そして親の介護といったものは、全てあなたから仕事を奪う原因となります。

それでも、次の仕事が見つかればよいですが、40代での再就職は厳しい。

何かしら特別なスキルや能力あればよいですが、それがなければ不本意な再就職になりかねません。

40歳過ぎてスキルなしだと安い給料の肉体労働しかない。

40歳を過ぎてスキルなしとなれば、再就職は大変厳しいでしょう。

求人票をみると、40歳以上で未経験者OKとなれば、単純な肉体労働系の仕事が候補としてあがって来ます。

具体的には清掃、警備員、スーパー陳列、工場といったような仕事です。

こうした仕事は、比較的体力を要しない肉体労働だけに40代でもすぐに採用してくれます。

その代わりに、給料は安いです。

果たして生活できるだけの給料がもらえるかどうか怪しい水準です。

そこで介護の道を目指すこともありでしょうね。

ご存知の通り、介護職は人手不足です。

実際に40歳を過ぎて、未経験でも採用してくれるところはあります。

正社員での採用もあるため、給料は高くないですが生活できるくらいはもらえます。

でも、問題はあなたが高齢者の介護ができるかどうかです。

いままで人の身体を触ったことがない人が、いきなり高齢者のお世話をすることが出来るかどうかです。

生活費を稼ぐために割り切って働こう、と頭では理解していても、いざ始める段階になると前向きになれない人もいるのではないでしょうか。

そこで比較的抵抗感なく始めることが出来る仕事として、私がオススメしたいのがタクシードライバーです。

40歳オーバースキルなしであれば、タクシー会社に就職しよう。

40歳オバースキルなしであれば、転職先としてタクシードライバーをオススメしたい。

タクシードライバーも介護職と同じで人手不足です。

免許の取得は必要ですが、普通の免許を持ってさえいれば、そのうちタクシー免許は取得できるでしょう。

タクシー会社によっては免許取得を援助してくれる会社もあります。

それくらいにタクシードライバーは人手不足ということです。

ところで、私がタクシードライバーをオススメする理由は、人手不足だけが理由ではありません。

タクシードライバーならではの良き点があるからです。

以下は良き点3つです。

①時間がコントロールできる

タクシードライバーは時間を束縛されません。

出勤時間を自由に決めることができますし、勤務時間中にも空き時間ができるために、ゆとりを持って働くことが出来ます。

出勤時間に私用を済ませることもできます。例えば親の介護をしている人であれば、勤務時間中に病院を連れていくことだって可能です。

一方で、工場や清掃、警備員といった仕事は朝から晩まで立ちっぱなしでかなりの体力と持久力を必要とします。

若い時分からやっていれば身体も慣れているでしょうが、40過ぎて初めてのとなると身体には大きな負荷がかかるでしょう。

それに拘束時間も長く、昼と夜の二交代制になるので生活は不規則とならざるを得ません。

②上司と部下の関係がない

タクシードライバーは一人仕事です。

会社に所属してはいるものの、乗車中は一人行動ですので、上司は居ないようなものです。

これは40代には大変なメリットです。

というのも、40代になると人から指図されるのが苦痛になってきます。

40代になれば、自分の考え方や仕事上の得手不得手のようなものが固まっているため、自分のペースで仕事をやっていきたい世代です。

その点、タクシードライバーは自分のペースで好きなように仕事ができます。

毎日、年下の上司から逐一、指示命令をされるのが嫌な人にとっては大きなメリットです。

③実力で高収入を得ることが出来る

タクシードライバーは成果主義の賃金体系です。

清掃、警備、工場の仕事は安い給料で固定されています。

どれだけ頑張ろうが、全く給料に反映されません。夢も希望もありません。

しかし、タクシードライバーは会社員の平均給料を上回る金額を獲得できる可能性はあるので、働生き甲斐があります。

これから高齢化がさらに進む時代です。

クルマを持たない人、車に乗れない人が増えて行く中で、タクシー需要は大きく増えることはなくても、縮小していくことはありません。

40代で未経験ができる仕事で、平均給料を上回ることのできる仕事はそうそうありません。

清掃や警備のような、安い固定給料で将来上がる可能性もない仕事に就いても、暗いトンネルからが抜け出ることはできません。

40代でスキルナシであれば、タクシードライバー一択と言ってもいいくらいにオススメです。

以下はタクシードライバイー専門の求人サイトです。

上記のサイトからあなたの希望に合うタクシー会社をさがしてみて下さい。

タクシードライバーの仕事は、40歳過ぎてもやる気さえあれば十分にやっていけます。

いまは65歳~70歳まで仕事をするのが当たり前になっていますので、40歳で新しい仕事に就いても、あと25~30年間は仕事をすることになります。

あと数年しか仕事をしなくて良いのであれば、単調な労働でも良いでしょうが、そうでないのであれば自分の実力で給料をあげることができる仕事に就きましょう。

そのほうが働きがいも出てきます。

タクシードライバーこそ、40歳オーバースキルなしで始めるには申し分のない仕事です。

おわりに

40歳を過ぎると仕事探しは厳しくなります。

特別なスキルがあれば、好条件で仕事を見つけることもできるでしょうが、もしそうでないなら低い給料の仕事しか就けません。

タクシードライバーも最初は低い給料かもしれませんが、実力しだいで給料を上げることができます。

都心部に行けば、年収1,000万円を稼ぐ人もいるくらいです。

まあ、そこまでいかなくても会社員の平均年収400-500万円は十分に狙えるでしょう。

このようなことは、清掃や、警備員、工場での仕事では絶対に実現できません。

さらにタクシードライバーには定年がありません。

身体の動く限り、何歳までも仕事ができます。

それも大きな強みの一つとなるでしょう。

もし、いま無職で、これといったスキルを持ち合わせていないのであれば、タクシードライバーは絶対にやるべき価値のある仕事です。

本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
タイトルとURLをコピーしました