20代が『人の出入りが激しい会社』に居てはいけない理由

人の出入りが激しい 会社の体質

人の出入りが激しい会社と聞いてどういった印象を持ちますか。

おそらく多くの人が良い印象を持たないでしょう。

  • 待遇が悪いのでは?
  • パワハラが行われているのでは?
  • 仕事がきついのでは?

こういった負の部分が存在するのではないかと勘繰りたくなりますよね。

人の出入りが激しいということは、必ず『何らかの問題』を抱えた会社であることは間違いありません。

ただ、どういった問題かは会社によって異なります。

いずれにせよ、人の出入れが激しい会社で働くことが良くないことは確かです。

とくに20代はそういった会社とは縁を切るべきです。

20代はこれから先が長く、今のうちに成長の基礎を作っておく必要があります。

人の出入りが激しい会社にいては成長の基礎作りもできず、それどころか一生を負け組として送る羽目にもになりかねません。

だから、一日も早く人が定着している会社に移り、そこで安定して働くのがベストです。

今回は、20代が人の出入りが激しい会社に居てはいけない理由について話したいと思います。

 

人の出入りが激しい理由は会社が社員を軽視しているため。

社員が会社を辞めるのは会社に大きな根深い問題があるからです。

会社のどの部分が問題なのか。それは会社によってそれぞれ異なるでしょう。

待遇面なのか。もしくは会社の社風に問題があるのか。

ただ、はっきり言えることは、人の出入りが激しい会社には『致命的な問題』が歴然と存在しているということです。

社員が辞めるのはどこの会社でもあることですが、これだけ頻繁に辞めては入り、入っては辞めることが繰り返されるのは異常な状況です。

そして、こうした異常な状況に会社が全く対処しようとしないことが大・大・大問題なのです。

社員が頻繁に入っては辞めていく状況に何とも感じていないということですからね。

これは社員軽視の姿勢がはっきりしているということです。

会社は社員のことが二の次。もしかすると、二の次どころか全く関心がないのかもしれません。

20代が人の出入りが激しい会社に居てはいけない理由

人の出入りが激しい会社で働き続けることは、20代にとってはマイナスしかありません。

一番のマイナスは、仕事のスキルが身に付かないことです。

仕事のスキルはいくら本を読んでも、ネットで調べても身に付きません。仕事をこなすことでしか仕事力はアップします。

そして仕事をこなすなかで、上司や先輩に直接指導してもらったり、分からないことを解決することで成長します。

20代は発展段階です。周囲のサポートなくしては仕事力は向上していきません。

以上の事を踏まえると、残念ながら人の出入りが激しい会社はそういった周囲のサポート体制が整っていません。

なぜなら人の出入りが激しいということは、仕事を熟知した人は少ないからです。

それにこういった会社では辞めて行く人のほとんどは優秀な人と言っていいでしょう。

先に述べた通り、人の出入りが激しい会社には『致命的な問題』を抱えており、優秀な人は会社の将来を悲観して別の会社に移っていくわけです。

そうなれば、20代のあなたが教わるのは仕事のできない人と言うことになります。

それではあなたの仕事力はアップしません。

20代の伸び盛りにとって、これほどマイナスなことがありましょうか。

これから長く働くうえで20代は基礎をしっかり固める時期です。基礎力なくして成長はありません。

人の出入りが激しい会社で過ごす時間が長くなればなるほど、人生の負け組になる可能性が高まっていきます。

人の出入りが激しい会社におさらばしましょう。

人生の負け組になりたくなければ、すぐにでも働く環境を変えましょう。

いま、あなたが人の出入りが激しい会社に居るのであれば、まずはそこから出ることです。

もしかすると将来、いまの会社が人の出入りが少ない会社、つまり魅力的な会社に変わっていく可能性が多少は残っているかもしれません。

しかし、状況がすぐに一変するとは考えにくいですね。

というのも、もし会社が人の出入りの激しさを大きな問題として受け止めているのであれば、すでに何らかの手段を講じているはずだからです。

ということで、会社が変わるという小さな可能性に賭けるよりも、あなたが会社を変える方が確実でしょう。

あなたに与えられた時間は限られています。

ダラダラしていると、あっという間に何も身に付かずに年齢だけを重ねてしまいますよ。

すぐにでも、自分の成長にプラスとなる会社を探し、そこで安定的に働く道を選択しましょう。

人の出入りが激しいかは『離職率』で判断してください。

まずは人の出入りが少ない会社に移ることです。

これは次の会社を選ぶときの最低条件です。

人の出入りが激しくなく安定している会社は、スキルや技術が蓄積されている会社として一定の評価はできます。

そういった会社を見つける一つの目安は『離職率』です。

いまはハローワークの求人票にも過去3年間の離職者数が記載されています。

求人票に記載されていなければ、面接等で人事担当者に直接聞いてみましょう。

仮に答えてもらえなければ、その会社は怪しいと判断し、入社するのをやめておいた方が無難でしょうね。

 

ただ、あなたがもっと高いスキルや技術を身に付けたいのであれば、離職率が低いだけの会社では不十分です。

本当に社員教育に力を入れている会社に行くべきでしょう。

そうなると、あなた自らが転職先企業の選択するよりも、転職サービスを活用して目利きのアドバイザーに企業を紹介してもらうことをオススメします。

その方が時間をかけず、かつ確実に転職の目的を達成できます。

私のオススメの転職エージェントを以下にあげておきます。

・『リクルートエージェント』(知名度が抜群です)

・『パソナキャリア』(求人数が豊富です) 

・『ビズリーチ』(直接スカウトから連絡が来ます)

・『DODA(デューダ)』(求職者へのフォローに定評あり)

 

私はこのうち『リクルートエージェント』を利用したのですが、物腰が柔らかいアドバイザーで、希望の案件を多数紹介していただきました。

高いスキル、高い技術を身に付けるには、それなりにしっかりした会社に行くべきです。

そういった会社の求人情報は転職エージェントに登録することで容易に手に入ります。

おわりに

人の出入りが激しいということは、社員にとって魅力的でない会社であることを高らかに宣言しているも同じです。

魅力的であれば、社員は辞めて行きません。

わざわざリスクを取ってまで他の会社に移っていくのですから、それだけ大きな致命的問題が存在しているのです。

私が以前勤めていた会社のなかで、人の出入りが激しい会社が1社ありました。

その会社の出入りの激しい原因はパワハラ上司の存在でした。

その上司は高年齢の女性で気分屋さんです。機嫌が悪ければ、周囲に当たり散らす。

創業当時から居たため、役職もかなり上の方です。

誰も文句も言えず、不満に思う社員はただ辞めて行くしかありません。

入っては辞め、辞めては入る状態でした。

こうした環境が、上司や先輩に仕事を教えてもらえる環境にないことは一目瞭然です。

20代がこうした環境に居てはダメになるだけです。

20代に相応しい会社に早めに移りましょう。そして高いスキルと技術を身に付けて下さい。

本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
タイトルとURLをコピーしました