40代での転職には心理的ハードルがつきまとうが、それを乗り越えてこそ未来が開けます。

40代の転職 転職の不安

40代になると新しいことにチャレンジすることに躊躇してしまうこともあるでしょう。

少なくとも20代よりもその傾向が強く出てくるのではないでしょうか。

このことは『転職についても』言えることです。

40代の転職となると、以下のような『心理的なハードル』を乗り越える必要が出てきます。

  • 40代で転職することに周囲が何と言うだろうか。
  • 40代で新たな会社に行って、社員に受け入れられるだろうか。

こうした『心理的ハードル』は、20代~30代の転職者には無縁なものです。

少なくとも私にはそうでした。

しかし40代になると、さすがに『心理的ハードル』が芽生えてきましたね。

でも、年齢を重ねればそれは仕方のない事です。

それは自然の事として受け止め、いかにその心理的ハードルを乗り越えていくかを考えれば良いのです。

そもそも40代の転職が難しいというのは、雇う側の企業の問題というよりは、転職者の内面の問題だと言われています。

まさに、上記のような『心理的ハードル』の問題です。

今回は、40代の転職にあたっての心理的ハードルの乗り越え方について説明します。

心理的ハードルを乗り越えるのは難しくありません。

乗り越えた先に未来は開けます。

スポンサーリンク

転職するのに年齢のことは考えないこと。

転職に年齢のことを考えても仕方ありません。

しかし、40代のほとんどの人が考えてしまいます。

なぜ年齢を意識してしまうのか。

40代になると2つの『心理的ハードル』を自ら築いてしまいます。

築く必要がないのに築いてしまうハードル。

その2つをハードルを紹介すると同時に、それらを乗り越れることができることを説明します。

①心理的ハードル 周囲の人の目が気になってしまう。

1つ目の心理的ハードルは『周囲の人』です。

いまは近所付き合いも薄いため、昔ほど気にする必要はありません。

近所の誰がどこの会社に勤めているかなんて、興味すら持たれないでしょう。

また、会社を変わったとしてもそれを知る術もありません。。

だって近所同士の会話なんて存在しないですから。

たとえ、ご近所の知るところとなっても、いまや転職することは特別なことではありません。

一昔前であれば、転職というと何か問題をおこして会社に居られなくなったのか。なんて噂の対象にされることもありましたが。。

近所という世間体は、すでに存在しません。いまは消滅しています。

となると、やはり一番厄介な周囲な人と言えば『身内』になるでしょうか。

親、兄弟、家族、親戚といった存在です。

身内は血がつながっているだけに、あなたの仕事には関心はあります。

特に親であれば子供の仕事や会社に興味がないはずはありません。

親の目は気になりますよね。

40代になっても、親の目は気になります。

40代で転職をしようとすれば、親は猛反対してくるでしょう。

それだけ心配していることの証拠です。

心配するということであれば、親だけではありません。

あなたの家族、もしくはあなたの恋人といった親にも匹敵するほどの親密度の濃い人たちも心配するでしょう。

さすがに親戚や兄弟は、40代になったあなたには興味はもっていないでしょうが。。。

両親、家族、恋人の存在が転職にあたっての心理的ハードルであれば、どう対処するべきかを考えなければなりませんね。

転職をリスクと考えるから、心配するでしょう。

大事な存在であるあなたがリスクを取ることに対して心配するのは当然です。

40代で失敗しようものなら、挽回するのが難しいので余計に心配するのでしょう。

こうした人への対処法は『事前に相談するのを止める』というものです。

転職して事後報告するのが良いですね。

事前に相談すると、反対されたときに後ろ髪ひかれる気持ちが生じ、転職活動に集中できません。

また事前に相談して賛成してくれたところで、転職先を早めに決めなければという焦りが生じ、これまた転職活動にはマイナスです。

であれば、転職先が決まった後に報告すればよいでしょう。

転職に反対する主な理由は、現状が変化することに対する不安からです。

  • 転職先が決まるかどうかの不安
  • 収入が途絶えるかもしれない不安
  • 収入が減るかもしれない不安
  • 新しい環境に馴染めるかの不安

こうした不安は取り除くためにも、転職先を決めて満足いく給料等の条件を獲得した後に、身内に報告しましょう。

転職先は決まった後に報告すれば、身内の人も賛成してくれる可能性がグンと高まります。

②心理的ハードル 40代の自分を転職先が受け入れてくれるのか。

2つ目の心理的ハードルは、40代の自分が転職先で受け入れてくれるのか?っといった不安です。

いくら転職が当たり前の時代になったとはいえ、転職する人の多くは20代~30代です。

20代~30代で転職しても、同世代の人が転職組として入社していることもあるでしょうから心強いものです。

これが40代になると、転職する人の数自体が少ないため、転職先の会社で40代の転職組は貴方一人なんてこともありうるのです。

 

一方の転職者を受け入れる方にしてみれば、40代を過ぎた人を受け入れるのには抵抗を感じる部分があります。

私が20代~30代の時に、40代の人が転職で入社した時のことをはっきりと覚えています。

「40代で転職か。前の会社でリストラにでもあったのかな?」っていった感じで見ていました。

40代の人が転職で入社してくることが初めてだったので違和感を感じていました。

いまは立場逆転です。

いまの40代の私が転職先には「変なオッサンが入ってきた」なんて言われているかもしれませんね。

そんなこと気にしない人は気にしないのですが。。

気にする人は気にします。

それが心理的ハードルになって転職に躊躇することになってしまいます。

でも対処は簡単です。

20代~30代の多い会社に行かなければよいのです

私は若者中心の体育会系の会社を応募先のリストから除外していました。

そういった会社に40代が一人入社しても馴染めません。

受け入れる側の20代~30代の社員も正直面倒くさいと思って接してきます。

だから40代の多い会社に行けばよいのです。

もっと言えば、40代を欲しがる会社もあるのです。

若い人は要らないといった会社はあります。

経験豊富な40代を求めている会社もあります。

詳しくは以下の記事に書いています↓
・40代の朗報です!敢えて40代を採用したがる企業があります。

もし自分が気に入った会社が、20代中心の会社だったらどうするか。

どうしても行きたいのであれば、行くべきです。

ただ一つだけ。

管理職で入社することです。

下っ端で入るのだけはやめておきましょう。

気まずいだけではなく、小馬鹿にしてくる若者がいます。

やりにくいうえに、みじめさを味わうことになるからです。

おわりに

40代という年齢であるがゆえに心理的ハードルを設定し、そのせいで転職を断念してしまう人もいます。

それはあまりにももったいない。

一番良いのは心理的ハードルを設定しないようにすることです。

心理的ハードルは自分が勝手に自分の心のなかに設定するもの。

でも、40代になると、20代~30代の時とは大きく世の中の見られ方が違っているのも事実です。

人目が気になりますよね。

そんな時、あなたの心の中に芽生えた心理的ハードルの乗り越え方を上記で説明してきました。

40代には40代の魅力があります。

40代だからといって、転職したい気持ちに蓋をするのだけはやめてほしい。

人生のチャンスを動くことによってしか生まれません。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました