毎日帰宅時間が遅い。その原因は会社にあります。

帰宅時間が遅い 会社の体質

私は仕事は嫌いではありません。

一方で、会社は大嫌いです。

だから会社にいる時間は極力少なくしたいと思っています。

毎日遅くまで仕事をしている人がいますが、心から感心します。

「よくもまあ、そんなに頑張るなぁ」と。。。

遅くまで仕事をしている人は、仕事ができないから遅くまで残っているのか?

それとも、残業代を稼ぎたいから?

もしくは早く帰りたくても上司の目があって帰れないのか?

それぞれ個別の理由はあるにせよ、それらのすべての理由の根本には『会社体質』が関係しています。

つまり、帰宅時間の遅い理由は『会社の責任』ということです。

いまの時代、帰宅時間の遅い会社は時代遅れです。

これからは夜遅くまで仕事をするような会社はやめておいたほうがよいです。

今回はその理由についてお話します。

 

スポンサーリンク

帰宅時間が遅い原因は会社にあります。

帰宅時間が遅い原因は「会社の体質」にあります。

社員の事情は全く関係ありません。

もし社員が残業したくても、会社が残業を禁止していれば、残業ができません。

もし社員が仕事が遅くて、定時内に仕事を終えることができなければ、上司が残業せずに済むようにしてくれます。

優しい上司であれば仕事量を減らしてくれるでしょう。

または手伝ってくれるかもしれません。

一方で厳しい上司であれば、配置換をされるかもしれません。

悔しいでしょうが、本人の能力に適した部署に異動になるということで早く帰れることになります。

こうしてみると、早く帰れるかどうかは本人の意思や能力は関係なく、会社の方針によって決まることが分かるでしょう。

会社の方針の前では社員の意思や能力は無力ということです。

ということは、社員が遅くまで仕事をしている会社は、会社が社員の遅い帰宅時間を望んでいるということになりますよね。

たとえば会社の雰囲気や上司の目が気になって帰れないといった会社。

仕事が終わっているにもかかわらず、帰りづらい会社ってありますよね。

こういった会社は、会社が社員に遅くまで仕事をすることを望んでいるのです。

考えてみればおかしな話です。

無駄に会社に残っても、会社にとっても、社員にとっても何のプラスもないのに。。。

しかし、、実際にこうした会社が存在しています。

会社の古き悪しき慣習です。

このような会社は遅くまで残ることが会社への忠誠心と見なす会社です。

残念ながら、こうした会社はまだまだ数多く存在しているのが現状です。

帰宅時間が遅い会社はあなたを会社依存人間にしてしまいます。

会社に居るのが好きな社員なんているのでしょうか。

いたとしても間違いなく少数派でしょう。

遅くまで仕事をして、帰宅時間が遅くなるのは良いことはないのは誰でも分かっていることです。

まずは健康面です。

これは言わずもがなです。

でも、私にとって健康面とは別に大事な理由があります。

それは自分の人生なかで『会社という存在』を大きくしたくないということです。

人生のなかで、会社の存在を極力小さくしたいのです。

人生の中心に仕事を置いても構いませんが、会社を中心に置いてはいけません。

帰宅時間が遅く、会社にいる時間が長くなればなるほど、会社中心の人生ということです。

早く帰って、貴重な時間を会社以外のことに使うことです。

こうすれば会社という存在を人生から締め出すことができます。

では、どうして人生から会社を締め出す必要があるのか。

それは会社依存体質になるのを防ぐためです。

帰宅時間が遅いということは、それだけ会社に否応なく浸ることになります。

会社の体質、会社の雰囲気、または上司の考えが、否応なくあなたの身体に浸透し、結果的に会社依存体質に染め上げられてしまいます。

すでに終身雇用制は完全に終わっており、会社に依存しても会社は面倒を看てくれません。

会社に尽くしても給料は上がりません。

そうしたなかで、会社依存体質になってしまうと、会社に人生を握られてしまい、自分の人生をリスクにさらすことになります。

それを頭だけではなく、身体まで分からせる必要があります。

そのためにも、帰宅時間を早くする必要があります。

仕事が終わったら、会社から早く退出し、会社に浸る時間を少なくする必要があるということです。

帰宅時間が遅い会社は避けなさい。

「早く帰りたい」

そう思っていても帰れない。

帰宅時間が遅くなってしまう。

この原因は繰り返しになりますが『会社の体質』です。

社員本人のせいではありません。

となれば、いまの会社が帰宅時間の遅い会社であれば、会社を変えるしかないということです。

つまり転職することです。

帰宅時間が遅いくらいで転職??と思う人もいるでしょう。

でも帰宅時間が早くすることは社員本人の力で改善できないのだから転職するしか事態の改善を図れません。

健康を害し。。。

好きなことをする時間を奪われ。。。

そして私が最も懸念している会社依存体質になってしまいます。

だから帰宅時間が遅いくらいで転職??とは思わないでください。

帰宅時間が遅い会社だから転職しなければならないのです。

ただ実際に転職活動する際には気を付けなければならないことがあります

求人票の残業時間の項目です。

「残業ナシ』なんて書いておきながら、サービス残業させられる会社は結構ありますから。

それも1日3~4時間の残業です。

でもそういったことは入社してみないと分かりません。

しかしそれでは遅いのです。

後の祭りでは困りますよね。

ですから、転職する前に帰宅時間が遅い会社を候補リストから除外しておく必要があります。

その助けになるのが『転職エージェント』です。

転職エージェントは転職を支援するプロ集団です。

転職希望者のサポーターとして多くのサービスを手掛けていますが、その中の一つに求人情報の案内といったサービスがあります。

転職エージェントに希望条件を伝えておけば、それに見合った求人を紹介してくれます。

転職エージェントに「帰宅時間の早い会社」という希望を伝えて、どんどん紹介してもらってください。

転職エージェントは求人を出している会社の内情に精通してますので、求人票と実態が異なる心配をする必要がありません。

入社前に会社の正確な状況を把握できるのは本当にありがたいことです。

以下に私のオススメの転職エージェントをあげておきます。

私が実際に使って満足した転職エージェントです。

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

是非、検討してみて下さい。

おわりに

帰宅時間が遅い会社で働くことをやめることは、大げさに言えば、人生を自分の手に取り戻すことです。

もしあなたが帰宅時間の遅い会社で働き続け、その結果として会社依存体質になっているとしたら、これからの人生に明るい未来はないと言えるでしょう。

何としてでも自分の人生を会社から取り戻しましょう。

実は帰宅時間が遅い会社で働いてはダメだとする理由は他にもあります。

それは帰宅時間が遅い会社は生産性が低いということです。

生産性が低いと、労働時間が長い割には収益力が乏しいため、給料も満足いくレベルには達しないことが多いのです。

そしてもう一つは人事評価評価制度です。

帰宅時間が遅い会社は、労働時間で社員を評価してるということです。

実績値や利益貢献という観点で社員を評価しません。

これでは社員は自分の能力やスキルを高めようとはしません。

ただ遅くまで会社に居残りさえすればよいわけですから。

でも時代はそういった人材を必要としていません。

時代に逆行するような人材になってはいけません。

時代に乗り遅れないためにも、帰宅時間の遅い会社から抜け出し、実績と利益貢献で評価してくれる会社に移る必要があります。

そして、そこで能力とスキルを磨いて下さい。

⇒自己成長できない会社にいるとダメ人間になりますよ。

私は会社に居るのが大嫌いです。

いまも定時で帰ります。

仕事さえしておけば、何も言われません。

早く帰って自由な時間を自分のために使いましょう。

早く帰ってのんびりゆっくり過ごしても構いません。

ただただ会社にどっぷり浸かった人生だけは避けましょう。

そんなことをしても何も良いことはありませんよ。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました