ゆるい会社なのに離職率が高い理由とは。

会社の体質

人間は元来の怠け者です。

もちろん全員が全員そうだとは言いません。

でも、多くの人が怠け者のはずです。

かくいう私も怠け者です。

ということであれば、ゆるい体質の会社なんかは、怠け者にとってはもって来いの会社だと思うのですが。。。

実はそうではないようですね。

ゆるい会社は、なぜだか離職率が高いのです。

一見すると、ゆるい会社は人気が集まる会社のように思えるのですが、そうではありません。

人は怠け者ではあるが、しっかり考えをも持って会社を選択しています。

自分の将来をしっかり考えて会社を選択しています。

今回は、ゆるい体質の会社なのに、なぜ離職率が高いのかについて説明します。

 

スポンサーリンク

ゆるい会社の特徴とは。

そもそも、ゆるい会社とはどういった会社なのか。

ゆるい会社とはサボっても良いとか、仕事を適当にしておけばよいといったイメージを持つ人もいるでしょうがそうではありません。

ひと言で言えば『バイタリティのない会社』のことですね。

利益に執着心がない、生産性を上げようとしない、競争意識もない。

ないない尽くしなのですが、それでも会社経営は成立しています。

どうしてか?

経営陣や幹部社員が利益を生む仕組みを構築し、その他社員が、その仕組みのなかで利益を上げていくような経営スタイルを採っているからです。

その他社員が、それほど頑張らなくてもよいような仕組みを作っているのです。

頑張らなくてもよいとは、与えられた仕事を手順通りに実行してくれればよいということです。

別の表現をすると、マニュアル化された仕事をこなすといった感じでしょうか。

ゆるい会社とは、社員個人の能力やスキルに依存せずに、会社のシステムに社員を一体化させることで利益を上げる仕組みを採用しています。

だから、ゆるい会社の社員は、自分の頭でモノを考える必要もなければ、新たな発想をする必要もないのです。

もちろん、その分だけ給料は良くないですが。。。

ゆるい会社での離職率が高い理由は3つです。

ゆるい会社といえば、社員は比較的ラクなはずです。

なのに、なぜだか離職率は高いのです。

そこには、ゆるい会社なりの問題があり、それが社員の離職率を高めているのです。

問題は以下の3つです。

①ある時期から給料が上がっていかない。

入社時の給料は平均以上の給料水準が支給されますが、ある年齢やある勤続年数から、その後は上がっていかない。

こういった会社は結構ありますね。

勤続年数が増えれば、当然仕事量が増えていきますし、責任の範囲も増えてくるのが一般的です。

にもかかわらず、それに見合う給料が支給されない。

ゆるい会社では、ほとんどの仕事が誰でもできるようにマニュアル化されています。

だから、給料が安くて済む若い社員を好みます。

高い給料を望む中高年は必要ありません。

そのせいか、ある年齢から給料が上げっていかないのです。

当然、それに不満を感じて辞めていく社員は出てきます。

でも、それは会社も想定していることです。

②仕事がマニュアル化されたものである。

年齢および勤続年数を重ねてくると、仕事を自分の裁量で動かしてみたいという気持ちになってくるものです。

スキルも上がってきますし、経験値も上がってきますので、そういった気持ちになるのも無理はないでしょう。

にもかかわらず、ゆるい会社での社員はマニュアル化された仕事を与えられている人がほとんどです。

マニュアル化された仕事には、社員が裁量を挟む余地など存在しないのです。

それで、裁量を与えてくれる会社を求めて離職していくになります。

いまは、自分の人生は自分でプロデュースする時代です。

マニュアル化された仕事をやっているだけでは、自分の将来にとってマイナスです。

スキルアップやキャリアアップのために別の会社に移動しようなっても不思議ではありませんし、そうしなくていけないのです。

⇒自己成長できない会社はダメ人間になりますよ。

③外部を受け入れない会社の雰囲気

ゆるい会社といえば、都会にある会社よりも地方の田舎にある会社なのかなあ?というのは何とかイメージできるのではないでしょうか。

地方の会社は、都会の会社に比べると、のんびりとゆるく働いているといった感じです。

そんな地方には『ムラ社会』というよそ者を受け入れようとはしない社会が存在します。

外から入ってくる人は受け入れようとはしません。

外から入ってくる人を敵視します。

私の経験上ですが、地方の会社に行くと多いですね。

身内が固まって、他者を排除するといった論理です。

こういった会社では『ムラ社会』の一員になることができれば、ずっと勤務することができますが、そうでなければすぐに辞めていってしまいます。

ムラ社会では、意見統一を強要されます。勝手な振る舞いは許されません。

ムラ社会の一員になるまでには相応の年数を必要とします。

それまでに我慢することができればよいのですが、一員として迎え入れられるまでに我慢できずに辞めていく人もいます。

もっとも、最初からムラ社会のような会社に嫌気が差して、すぐに辞めていく人もいます。

地方のゆるい会社では『ムラ社会』の存在から、退職者が多くなってしまうのです。

ゆるい会社に在籍している人は副業をしましょう。

いま、あなたがゆるい会社に在籍しているならば、期間限定での勤務だと割り切ったほうが良いでしょう。

何年かは在籍してもよいが、長期で在籍してはいけません。

それは上述したように、ゆるい会社は「ある時期から昇給がなくなる」もしくは「マニュアル化された仕事ばかりでスキルが身につかない」というのが主な理由です。

頃合いを見て、脱出を考えるのが賢い選択でしょう。

でも、せっかくゆるい会社に在籍しているのであれば、そのメリットを享受するのも一案ではあります。

そのメリットとは何か?

それは『副業ができること』です。

ゆるい会社は、残業を強いてくる会社ではないため、時間の確保が容易になります。

これはゆるい会社ならではのメリットです。

通常の会社では、副業ができるほどの時間を作るのは難しいですから。

それに副業することで、ゆるい会社での離職率が高い原因3つのうちの2つを解決することにもなります。

副業をすることで、給料での昇給がない部分を補うことができますし、新たなる能力やスキルを身に付けることもできます。

では、具体的にどういった副業をすればよいのか。

それについては以下の記事をご覧ください。↓
・おすすめの副業は『FX』もしくは『プログラミング』の二択です。

副業は色々ありますが、そのなかでも大きく収入を得ることができ、かつスキルが身に付くものをピックアップするべきですね。

いま、ゆるい会社にいる人は、将来的には、昇給があり、そして自己成長できる会社に移るべきです。

しかし、ものごとにはタイミングがあります。

すぐに移れる会社があればよいですが、なかなか希望の求人案件が出てこない時期もあります。

次の転職先が決めるまでの間は、副業に全力投球しましょう!

おわりに

ゆるい会社は、給料面さえ我慢できれば、社員にとって悪くはないかもしれません。

精神的プレッシャーもたいしてなく、プライベートな時間も確保できるのであれば、それなりに楽しく過ごせるものです。

私は、結構好きな会社のタイプですね。

ただ、あまりぬるま湯に浸かっている時間が長すぎると、その分だけ将来、ツケを払うことにもなりかねません。

スキルが向上しない。

年齢に応じた収入を確保できない。

そうならないためにも、ゆるい会社からは卒業することです。

⇒転職活動にはやるべきことの順番がある

ラクをし続けると、あとから苦労します。

これは仕事に限らず、人生全体について言えることです。

それだけは肝に銘じておいてください。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました