頑張って成果を出しても給料が上がらなければ『人材不足の会社』に入り直そう。

頑張っても給料が上がらない 給料

「頑張っても給料が上がらない」

そういった人は多い。

仕事をするには給料のため。

やりがいとか、自分の成長のためといっても、頑張りが給料に反映されないのはツラい。

やる気が失せる。

モチベーションが上がらない。

そういった現状を打破するためには、実力をつけて成果をあげるしかありません。

でも、問題は実力をつけて成果を上げても給料が上がらないといった場合です。

そういった場合は、いまの会社に居ること自体を考え直さないといけないですね。

給料を上げるためには、人材不足の会社に入って、能力を認めてもらえる働きをすることです。

人材不足の会社であれば、頑張って給料が上がらないということはないでしょう。

今回は、頑張って成果を上げた分だけ給料を上げたいのであれば、人材不足の会社に入り直すべきだというお話しです。

 

スポンサーリンク

頑張っても給料が上がらないと『2つの点』で虚(むな)しくなる。

頑張っても給料が上がらない。

これってかなり虚しいですね。

頑張って成果が出ていなければ、まだ納得できる面もあるでしょう。

でも、頑張って成果もできているのに給料が上がらない。

こういった人はけっこう多くいるのではないでしょうか。

何が虚しいって?

もちろん、誰にでも金銭欲がある以上、ただ単に手元に入ってくる金額が増えていかないことへの虚しさもあるでしょう。

ただ、それとは別の虚しさもあります。

それは『評価への虚しさ』です。

人には金銭欲とは別に、承認欲があります。

「よく頑張ったね」

「あなたは会社にとって必要な人材だ」

そんな言葉をかけてもらうことで自分は会社に認められているのだとう実感を得ることができます。

そういった評価を形にしたものが給料の金額です。

やはり、評価は給料の額に反映されるべきです。

いくら言葉で認めてもらっても、給料の額でしか会社の本音は見えません。

もし自分より仕事ができない者が、自分より高い給料をもらっていたらどうですか。

そうした状況に我慢できますか。

私であれば我慢できません。

その点については以下の記事にて詳しく書いています↓
・自分より仕事ができない者が自分より給料が高い現状。私は我慢できません。

結局、人の評価はポストであったり、給料の額であったりするわけです。

だから、頑張っても給料が上がらないというのは評価されていないという結論になるわけです。

本当に虚しいです。

頑張っても給料が上がらない原因は会社側にあります。

では、どうして頑張って成果をあげても給料が上がらないのか。

原因はいくつかあります。

最も大きな原因は、会社の経営状況です。

給料を上げるだけの財力がないというパターンです。

無い袖は振れないということです。

もしくは、会社に財力があっても、経営者が給料をあげようとしないパターンです。

両方のパターンに共通することは、働く社員にはどうしようもできないということ。

最終的に、給料の金額は会社が決定するもの。

私たち社員にも手の及ぶ境域ではないのです。

だから、諦めるしかありません。

報われない努力をする時間があれば、さっさと給料の高い会社へ移るのが手っ取り早いというのが結論です。

詳しくは以下の記事に書いています↓
・あなたの給料が安いのは、あなたが給料の安い会社で働いているからです。

しかし、その前に私たち社員がやるべきことがあります。

それは頑張っている方向に問題がないか?の確認です。

「努力することは大事だが、努力する方向を間違ったら何もならない」という言葉があるのをご存知ですか。

それと一緒です。

頑張っていても、給料をあげることに直結する方向に向いていなければなりません。

誰もができる仕事はできて当然。

誰もができない仕事をしなければ給料は上がりません。

つまり『希少価値のある仕事』を頑張らなければならないということです。

そのための努力はしなければいけません。

自分が希少価値のある仕事をしているかどうかの見分け方は、いまの会社で明確な利益をもたらしているかどうかです。

自分がいなくなったら、会社が損害を受けるようであれば、あなたは希少価値の高い人材であるということです。

希少価値のある人材として、会社に明確な利益をもたらしているにも関わらず、給料が上がらないのであれば、取りべき手段は一つです。

いまの会社を去るしかありませんね。

ただ頑張っているだけでなく、会社にとって誰もができないような希少性の高い仕事をして、なおかつ会社に利益をもたらしているのです。

これだけやっても会社が給料を上げてくれないのであれば、諦めもつくのではないでしょうか。

社員として、これ以上の貢献度はないくらいの仕事ぶりですから。

もう、いまの会社に居続ける必要はないでしょう。

頑張って給料を上げたいのであれば、人材不足の会社に行きましょう。

ではどういった会社に行くべきか。

『人材不足の会社』に行けば、給料が上がる可能性が高いでしょう。

人手不足ではありません。

人手不足とは人がいないというだけで、誰でもいいから人が欲しいという状況です。

一方、人材不足は誰でも良いというわけではありません。

他の誰でもよいわけではなく、その人でないとダメだという人材です。

つまり『希少価値の高い人材』を指します。

希少価値の高い人材が、人材不足の会社に入って、頑張って成果をあげれば給料は上がります。

必ず上がります。

なぜなら、希少価値の高い人材に逃げられたら会社が潰れるから。

ここでのポイントは『人材不足の会社』ということです。

あなたが居なくては、会社が回らなくなるといった状況を作りだせればよいのです。

いまあなたに辞められたら大変だという状況を作り出せれば、間違いなく給料は上がります。

おわりに

頑張っているのに給料が上がらないというのは、本当につらい。

仕事へのモチベーションが維持できなくなります。

適当に仕事をしていて給料が上がらないのであれば、まあ仕方ないかなぁ!といった気持ちもあるでしょう。

または、頑張っていても成果があがっていなければ、諦めが付く部分もあるでしょう。

でも、頑張って成果も上げているにもかかわらず、給料が上がってこないのであれば、失望しますよね。

人によっては、失望どころか、怒りの感情さえ芽生えてくるのではないでしょうか。

その場合は、優秀な人材の薄い会社に転職するのが効果的です。

実力が備わっていて、人材不足の会社に入りさえすれば、給料は年数を追うごとに上がっていきます。

そういった会社を見つけて下さい。

そのときに心強い味方になってくれるのが『転職エージェント』です。

転職エージェントは、求人を紹介してくれるサービスを手掛けている転職支援会社です。

大きな特徴として、紹介求人の細かい情報にまで精通している点があげられます。

あなたが『人材不足の会社』で働きたいといった希望を伝えれば、それに適う求人を紹介してくれます。

転職エージェントは、数多くの求人の中から「人材不足のため優秀な人材を求めている会社」を見つけてくれます。

これこそ、転職エージェントの求人紹介サービスの真骨頂です。

以下は私は活用した転職エージェントです。

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

転職を成功させた人の多くは、転職エージェントを活用しています。

是非、活用してみて下さい。

そして、あなたの頑張りが給料に反映される会社を見つけてください。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました