やりがいを感じない?それは裁量権を与えてもらってないからです。

仕事にやりがい 会社の体質

「仕事にやりがいを感じない」

「仕事が面白くない」

そう感じる原因の一つに『裁量権がないこと』があげられます。

裁量権とは、物事を自由に決定できる権利です。

自分で何一つ決定できない。

自分の考えが仕事に反映されない。

これでは仕事は面白くありませんし、やりがいも感じません。

そういった状況は何とか避けなければなりませんね。

というのも、そういった気持ちで仕事をし続けることは、自らに不遇の状況を生み出すことになるからです。

そうならないためには裁量権を持つことです。

裁量権を持って仕事をすれば、やりがいを感じて仕事ができます。

楽しく仕事がすることもできます。

そうなれば、これからの時代に不遇を経験せずにすむでしょう。

今回は、裁量権を持って仕事をすることがいかに重要かについて説明します。

 

スポンサーリンク

会社の歯車であることを良しとする時代は終わったのです。

会社員は会社の歯車である。

この言葉には「会社員は会社の言いなり」といった意味が含まれています。

これには、嫌みっぽい感じを受ける人もいるではないでしょうか。

でも、モノは考えようです。

仕事は給料をもらうための手段と割り切っている人にすれば、会社の歯車のほうがラクかもしれません。

「何も考えない」

「指示されたことだけをやる」

それで確実に給料がもらえて、定年までの雇用は保証されている。

会社の歯車になりたくない!と言って、裁量権を手にしたところで、会社員であるかぎりは会社の歯車です。

仕事をする上で、裁量権をもらったところで、上役の意向には逆らえません。

上役のテリトリーの範囲でしか動けないのだから、会社の歯車であることには変わりないということです。

大事なことは割り切って働くことです。

会社にやりがいを求めても、自分が苦しむだけ。

そう思って、長きにわたって会社員生活を送ってきた人は多いでしょう。

しかし。。。

時代は変わってしまったのです。

会社の歯車のままでいいや!と言っていると不遇の人生を送ることになってしまいます。

裁量権をもらって、やりがいを感じて仕事をしなければ大変な惨事に見舞われてしまうことになります。

会社の歯車であり続けると不遇な人生を送ることになります。

会社員である以上は、会社の歯車です。

それは受け入れざるをえない事実です。

でも、そうした中でも、裁量権を手にすることで、やりがいを感じて仕事をしている人はいます。

出世を目指す人のなかには、裁量権も手にすることが目的の人もいます。

給料アップではなく、裁量権を手にしたい!

そう思って出世をを目指す人もいます。

裁量権を手にすれば、やりがいを持って仕事ができるからです。

実はこれからの時代は、裁量権をもって仕事をしないと不遇な会社員生活は送ることになります。

裁量権を持って、やりがいを感じながら仕事をしなけばならない時代がやってきたのです。

どんな不遇が待っているのか?

まずは給料が上がっていきません。

どういうことか?

それは、言われたことだけをやっていては給料は上がらないということです

プラスアルファの仕事をしなければ。。。

他の人がやらないような仕事、やりたがらない仕事、または自分しかできない仕事を見つけ出してやっていくことが大事になってきます。

そのためには、仕事にやりがいを持つことが大事です。

そうでないと、積極的に与えられた仕事以外の仕事に取り組もうとは思わないでしょ?

そして、やりがいを持つためにも裁量権が必要です。

やりがいをもって仕事をすることで、給料アップを実現できます。

会社は積極的に仕事を取り組む社員を評価します。

そして、もう一つの不遇は会社色に染められてしまうことです。

会社色に染められてしまっては、その会社でしか生きていけません。

それは何を意味するか。

その会社に使い捨てにされるということです。

裁量権をもって、自分主導で仕事をすることで自分に力が付き、会社色に染められることがなくなります。

たとえ、会社色に染められても、実力があれば転職できます。

いつでも転職できるという自信が、会社からの圧力をはねのける力となるのです。

会社の歯車になれば、会社色に染められていきます。

それは同時に、成長するチャンスを奪われていることになります。

会社に言われたことだけやっていて、成長するはずはありません。

裁量権をくれる会社は多い

やりがい感じて仕事をしないと、大きな不遇を2つも受けることになります。

①給料が上がらない。

②会社色に染められてしまい、使い捨てにされる。

こうした不遇を受けないためには裁量権を手にして、やりがいをもって仕事に取り組むことです。

いまの会社であなたは裁量権をもらっていますか。

裁量権をもらっていれば、それを使って前向きに仕事に取り組みましょう。

もし裁量権をもらっていながら、やりがいを感じて仕事ができていないのであれば、それは仕事内容があなたに適していないのです。

それであれば、やりたい仕事に就くことが先決です。

すぐでも希望の仕事ができる会社へ転職しましょう。

⇒転職活動にはやるべきことの順番がある。

いやいや、そもそも裁量権を持っていないよといった人もいるでしょう。

そういった人は出世してください。

出世して役職が就けば、何かしらの裁量権はもらえるはずです。

たとえ小さな裁量権でも、仕事をする上で自由度ができるのです。

そういった小さな自由でも手にすることで、やりがいを持って仕事ができるはずです。

でも、出世しようと思っても、出世は簡単にできません。

上司にゴマをすらなければなりませんからね。

「そんなこと面倒くさい」

「嫌いな上司にゴマすってまで出世したくない」

とは思わないという人もいるでしょう。

私もどちらというとそういった考えの持ち主です。

だから、私は転職の道を選択してきたわけです。

転職して、裁量権をくれる会社に移って、裁量権を一気に手に入れてしまうのです。

裁量権を手に入れる方法は、出世することだけではありません。

裁量権を与えてくれる会社に入ればよいのです。

裁量権を与えてくれる会社とは、社員の意志や能力を尊重した会社です。

社員を型に嵌(は)めない会社です。

社風でいうと「放任主義」「自主性を重んじる」といった社風の会社になるのではないでしょうか。

ということで、裁量権を与えてくれるかどうかは、会社の体質によります。

出世しなくても、裁量権を与えてくれるような体質の会社に入ることが出きれば裁量権を手にすることができます。

そして、やりがいを感じながら仕事ができます。

では、どうやって裁量権を与えてくれる体質の会社を見つめるのか。

それは簡単なこと。

『転職エージェント』を活用することです。

転職エージェントは、転職希望者の希望求人を紹介してくれるサービスを手掛けています。

希望求人というと「給料が高い求人」や「やりたい仕事の求人」といった希望をイメージする人も多いでしょう。

しかし、転職エージェントが紹介してくれる求人の「希望」は、社風や会社の体質といったような項目も扱っています。

転職エージェントとの面談の中で「裁量権をくれるような会社を希望します」と言ってみてください。

おそらく一生懸命に探してくれるでしょう。

転職エージェントは、求人を出している会社の内情に精通しています。

ハローワークの職員は、求人を出している会社については求人票に乗っている情報以外について把握できていません。

そこが転職エージェントの扱う求人との決定的な違いです。

是非とも、転職エージェントに活用して『裁量権をくれる会社』に入って下さい。

以下はオススメの転職サイトです。

転職に成功した人の多くが活用しています。

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

おわりに

これからの時代、会社の歯車としての意識を持って働いていてはダメです。

それでは会社と運命を共にしてしまうことになります。

⇒会社と運命を共にしてはいけない。。

会社が潰れても、生きていけるだけ力をつけておくことが大事です。

そのためには、やりがいを持って仕事に取り組まなければなりません。

人の能力には大きな差はありません。

実績に差が出るとすれば、それは気持ちの持ち様の差からです。

やりがいをもって仕事に取り組めば、実績をあげることはできます。

そのためにも、裁量権を与えてくれる会社で働く必要があるということです。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました