転職はいまの待遇を一変できる唯一の方法です。

待遇を変えたい 転職の良き点

「いまの待遇を一変させたい」

そう思っている人はきっと多いに違いありません。

  • 給料が安い
  • 労働時間が長い
  • 休日数が少ない

こういった不満を解消したいと思うならば方法は一つです。

『転職する』しかありません。

いまの待遇は、いまの会社で努力してもどうにもなりません。

もし努力すれば何とかなると思っているのであれば、それは大きな勘違いです。

即刻、その考えは捨てた方がよいでしょう。

今回は、いまの待遇を変えたければ転職するしか方法がないということを詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

会社での待遇は本人の努力ではどうしようもできない。

会社の待遇と言えば、まずは給料でしょう。

給料は会社での貢献度に応じて昇給していくものと思っている人が多いようですが、それは間違いではありません。

ただし、何社か転職経験がある人であれば分かると思いますが、

「同じような仕事をしながら給料の額が違う」

といったことは普通にあります。

つまり、あなたの頑張りで給料を上げることができるかもしれませんが、あなたの頑張りで「給料水準」を上げることはできないのです。

現実的に、あなたが給料水準の高い会社に勤めない限り、あなたの年収はあがりません。

給料の安い会社で少々頑張って、昇給を勝ち取ったとしてもたかが知れているでしょう。

詳しくは以下の記事にて書いていています。
・あなたの給料が安いのは、あなたが給料の安い会社で働いているからです。

もっとわかりやすい例でいえば、休日数です。

休日数は会社によって全く異なります。

年間85日の会社もあれば、年間123日の会社もあります。

だから休日数を増やしたければ、年間123日の会社に転職するしかありません。

残業についても同じことが言えます。

残業の多い少ないは社員個人の能力に依存していると思っている人が多いが、それは全くの誤解です。

残業が多いかどうかは企業体質に依存しています。

残業が当たり前、サービス残業が当たり前の会社に入ってしまえば、いくらスピーディーに仕事をこなしても定時に帰ることはできません。

上司の目、同僚の目、そして会社からの評価が社員の定時帰社を妨害するのです。

全ての待遇は、どこの会社に勤めているかによって決まると言っても過言ではないということです。

待遇を一変させたければ転職以外に方法はない。

社員待遇のほとんどは、属している会社によって決められてしまいます。

給料にしても、休日数にしても、残業にしても全てが、所属している会社によって決められてしまいます。

となると、待遇を一変させたければ転職する以外に方法はないということです。

そもそも転職には2つの意味があります。

1つは「仕事を変える」ということ。

仕事内容、職種を変えるということです。

「自分に合った仕事を探したい」

「自分が希望する仕事に就きたい」

といった目的からの転職になります。

2つ目は「会社を変える」ということです。

こちらは仕事内容は変わりません。

30代を過ぎての転職となると、ほとんどはキャリア採用であり、即戦力での採用となります。

そのため前職と同じ仕事内容での転職になります。

こちらの会社を変えるという意味の転職は、待遇を一変させたいという目的からです。

ここでひとつ考えて欲しい。

転職の意味として1つ目にあげた「仕事を変える」というのは、別に転職をしなくても変えることはできますよね。

社内の人事異動で仕事を変えることはできます。

もちろん、人事異動は希望通りにいくとは限りません。

それに人事異動がない会社だってありますしね。

しかし、いまは社員の希望の仕事に就かせてくれる会社も多い。

昔に比べて、社員一人一人の個性や能力を発揮させる環境を提供しようとする会社が増えているのは事実です。

だから、仕事内容を変えたいのであれば転職以外にも方法はあるということです。

一方、待遇を変えたいのであれば転職以外に方法はありません。

人事異動で部署が変わったところで、給料や休日数が増えることはありません。

同じ会社内であるかぎり、不可能です。

私は転職回数が多い方です。

転職したすべての会社で事務職をやっているので、私の転職は「会社を変える」という意味での転職です。

同じ仕事をしながら、給料も休日数も異なります。

所属する会社が違うだけで、やっている仕事は大して変わらないのに。。。

場合によっては、転職して仕事のレベルが低下していたにもかかわらず、給料が増えることだってあります。

待遇を一変させるには会社を変えるしかないのです。

待遇を変えるための転職はタイミング次第で上手くいく。

会社を変えることで待遇を一変させることはできるのか。

たとえば転職して給料を上げることは本当に可能なのか。

元々の給料水準が高ければ、それ以上を金額を要求することは難しいかもしれませんね。

ただ、いまの給料水準が低すぎる場合は、転職することで一変できます。

業績の悪い会社、利益の少ない業界から脱するだけで解決できるでしょう。

正直、30~40代になると、仕事を変えるという転職は難しい。

それに比べて、会社を変えるという転職はそれほど難しくありません。

会社を変えるだけで待遇を少しでも良い方向に改善できれば、こんなラッキーなことはありません。

あとはタイミングの問題ですね。

いまの会社でやっている仕事内容と同じで、かつ待遇が少しでも良くなる求人を目にする機会は必ず訪れます。

そのためには求人情報をこまめにチェックすることです。

これなくしては待遇を一変させるための転職は成功しません。

ただ、求人情報をチェックするのは面倒という人もいるでしょう。

そういった人は転職サイトに待遇条件を登録して、希望の求人が発生したときにメール連絡をもらえるようにしておけば大丈夫です。

以下は求人情報を多く持っている転職サイトです。

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

このうちの一つだけでも登録しておくと、転職活動の省力化に役立ちます。

自分で求人情報を探すとなると結構な労力になりますからね。。

やることは一つです。

いまの仕事をしながら、転職サイトからの情報を待っておけばよいのです。

おわりに

いまのあなたの待遇は、いまの会社が決定したものです。

であれば、いまの待遇を変えたければ、会社を変えるだけです。

シンプルな考えです。

しかし、実際に待遇を変えるための転職に踏み切る人は多くはありません。

頭では理解できていても、行動に移すことがなかなかできないのです。

理由の一つには転職への不安があるでしょう。

いまの会社を出て、新しい世界への移るわけですから当然といえば当然です。

でも、実際はそれほど不安を抱くほどのことはありません。

その点については以下の記事にて詳しく書いています↓
・転職してやっていけるかどうか不安に思うのは杞憂に過ぎない。

その他の理由としては、待遇がアップする会社を見つけることの大変さがあるでしょう。

いまより待遇が良くなる会社なんてあるのか?

これについては求人案件が出てくるタイミングを待つことです。

仕事内容を変えることなく、会社を変えることで待遇アップできる求人は必ず出てきます。

そのタイミングの逃さないためにも転職サイトには登録しておいてください。

何もしなければ、いまの待遇を一変させることはできません。

転職サイトに登録するだけで、思いも寄らない求人に出会えることだって十分にありえます。

転職は意気込んで求人を探しても出会わない時は出会わないものです。

案外、気楽な気持ちで待っている方が希望の求人で出会えたりします。

これは、私のこれまでの転職経験から言えることです。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました