ご存知ですか。転職すると『適応力』を磨くことができます。

適応力 転職の良き点

転職は仕事を変えるためにするものです。

もしくは、会社を変えるためにするものです。

じつは、転職にはそれとは別に大きなメリットが付いてきます。

というよりも、素晴らしい能力を磨くことができます。

素晴らしい能力とは『適応力』です。

転職を通じて『適応力』を磨き上げることができます。

適応力は、これからの時代には必要不可欠な能力です。

時代の変化、環境に変化に自分をうまく適応せていくことができるかどうかは、今後の仕事人生の成功に大きく関わってきます。

あなたも転職を通じて適応力を磨いてはどうですか。

今回は、転職をすることで適応力が磨かれる根拠を説明します。

 

スポンサーリンク

転職すると『変化への適応力』を磨くことができる。

いまの時代は先が読めない混沌とした時代です。

何かを始めようと計画したものの、まず計画通りに行くことはありません。

そこで重要になってくるのが、計画通りにいかなくなった場合の適応力です。

変化への『適応力』です。

思う通りに物事が進まない時に、自分を上手く現状に適応させることができるかどうかです。

これは転職する際にも必要となってくる能力です。

転職には2つの不安があると言われています。

一つは自分の思った通りの会社でなかったらどうしようという不安。

もう一つは、自分が新しい環境に馴染めるかという不安です。

転職を繰り返してきた私の経験から言えば、こうした不安は多かれ少なかれ現実に起こります。

つまり、転職してみると自分の思った通りの会社でない場合もありますし、うまく新しい環境に馴染めない場合もあるということです。

問題はそのときにどう対処するかです。

そこで転職が失敗だったと判断するか。

それとも、適応力を発揮して転職を成功へと変えてしまうのか。

転職にかぎらず、何か新しいことを始めようとすれば、自分の思い通りにいくのほうが少ないものです。

適応力を持っていれば、これからの人生で新しいことにチャレンジし、成功を手に入れることができます。

そうした『適応力』を磨くのに転職は最適です。

新しい仕事や新しい職場を手にしながら、同時に適応力を磨けるのですから。

まさに一石二鳥です。

転職すると『相手のニーズに自分を適応させる力』を磨くことができる。

転職は変化への適応力を磨いてくれます。

それと別にもう一つの大きな適応力を磨いてくれます。

それは『相手のニーズに自分を適応させる能力』です。

転職する人は転職市場のニーズをつかむ必要が出てきます。

そして、転職市場のニーズに自分のキャリアをどう適応させていくか。

それを見誤れば転職では成功できません。

転職はマッチングです。

自分の希望ばかりを叶えようとしても、上手くいきません。

相手企業だって希望はあります。

あなたが相手企業の希望を満たすキャリアを持っていなければ、転職では成功はできません。

そこで大事になってくるのが「相手企業の希望に自分を適応させていくこと」です。

相手の希望を満たすといっても、さまざまな方法があります。

最も分かりやすい例で言えば、人手不足な業種を見つけて、自分をそういった業種に適応させていくこというのがあります。

介護業や運送業、建設業などは人手不足で有名な業種です。

これも一つの相手のニーズに自分を適応させる能力です。

これよりも少し難易度の高い例をあげると、相手が必要とする職種に自分を適応させるということがあります。

人気の高い職種です。

いまの流行りでいくとAIやロボットを意識したエンジニアといったところになるでしょう。

⇒最高品質のプログラミング学習で最速でエンジニアへ。

相手企業のニーズについては、業種や職種といった目に見えるニーズだけとは限りません。

企業は常に労働力ではなく人材を求めています。

人手不足の業種や人気のある職種は、どちらかといえば労働力です。

乱暴な言い方をすれば、人でいれば誰でもよいのです。

一方の人材はそうではありません。。

誰でも良いわけではありません。

一定のスキルや経験を持っていなければならないわけです。

そういったスキルを身に付けたり、知識や経験を取得することは、相手企業のニーズに自分を適応させているということです。

では、会社は30代~40代にどんなスキルを求めているのか。

端的に言えば『マネジメント』できる能力を求めています。

つまり、30代を過ぎたころから、マネジメント能力を身に付けておくことが転職を有利にしてくれるということです。

詳しくは以下の記事にてどうぞ↓
・35歳までに『マネジメント能力』という武器を手に入れておくこと。

転職を経験した人であれば、相手企業のニーズを読み取り、それに自分を適応させていくことの重要性を感じたことがあるのではないでしょうか。

そして、実際に転職している人は、自分を会社に適応させる能力を無意識のうちに発揮しているのです。

転職できない人はいまの会社から必要とされなくなる。

会社にとって『適応力』を持った人材は貴重です。

時代の変化に適応できること、そしてお客さんのニーズに適応できること、

これはビジネスを行ううえで、大変重要な能力です。

転職すると、企業に重宝される『適応力』を磨くことができるのです。

実際に、転職する人の中には仕事ができる人が多くいます。

転職するから適応力が磨かれていると言える一方で、適応力が備わっているから転職できるとも言えます。

一方で、転職しない人は一つの会社にずっといるわけですから、適応力が身に付くわけはありません。

というのも同じ環境で、同じ仲間に囲まれて仕事をしているからです。

また見方を変えれば、適応力がないから転職できないということも言えます。

もし適応力がないことで転職できないのであれば、いまの会社でもこの先に明るい未来は来ないでしょう。

適応力がないというのは、いまの時代のビジネスマンとしては致命的なマイナスです。

いまの会社で、いずれは左遷されるか、窓際に追いやられるかもしれません。

おわりに

いまは転職の時代です。

転職を簡単にやってのける人もいれば、苦労して何とか成し遂げる人もいます。

どちらにせよ、転職をやってのける人には適応力が備わっています。

もしくは、転職を通じて適応力を身に付けたことになります。

転職は新しい仕事を見つけることができると同時に、これからの時代を生きていくために必要な適応力を磨くことができるのです。

だから、チャンスがあればどんどん転職しましょう。

それがあなたの適応力にさらに磨きをかけてくれるのですから。

⇒転職活動にはやるべきことの順番がある。

私は転職回数が多いから、すごく実感するのです。

「転職は自分を鍛えるには最高だ!」とね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました