35歳までに『マネジメント能力』という武器を手に入れておくこと。

転職戦略

一般的に、転職の年齢制限は35歳だと言われています。

現実問題として、35歳を超えた転職は厳しいですね。

ただし、何らかの武器を持っていれば話は別です。

武器とは『仕事をするうえで優位に立たせてくれる能力やスキルのこと』です。

当然、会社は武器を持った人を重宝します。

そのため、武器を持っていれば、40代になっても、50代になっても転職はできます。

35歳の年齢制限なんてどこ吹く風です。

ただ、会社の言われたことを真面目にやっているだけでは武器は手に入りません。

自分で積極的に武器を手に入れに行く必要があります。

その武器とは『マネジメント能力』のことです。

マネジメントとは、人の上に立って人を動かすこと。

これを手にいれておけば、35歳を過ぎて転職することになっても、苦労することはありません。

なぜなら、会社はマネジメントできる人材を欲しているからです。

今回は、35歳までに『マネジメント能力』という武器を手に入れておくべきというお話です。

 

スポンサーリンク

35歳までに武器を手に入れましょう。

転職には年齢制限なるものがあると言われています。

転職は30歳まで、とか、いや35歳までとか色々な年齢があげられます。

ただ、こういった転職限界説を論じても時間のムダです。

というのも、転職は年齢だけで決まるものではないからです。

年齢も重要な要素ですが、それよりも重要な要素があります。

それは武器を持っているかどうかです。

正確に言うと「年齢に応じた武器を持っているかどうか」が重要だということです。

だれでも最初から武器を持っているわけではありません。

そのため、仕事をしながら身に付けていくしかありません。

ここで、一つ問題があります。

「いまの仕事を続けることで、武器を手に入れることができるかどうか」という問題です。

仕事であればどんな仕事でもよいというわけではありません。

たとえば、簡単で単純作業のような仕事であれば、何年続けても武器は手に入りません。

そのため、いまの仕事で武器を手に入れることができないのであれば、武器が手に入る仕事に移る必要があります。

そうです。転職する必要があるということです。

そしてできれば、その転職を35歳までにおこなって欲しいのです。

というのも、年齢が35歳までであれば、会社は武器を持っていなくても若さからくる将来性に期待して採用してくれるからです。

これは裏を返せば、35歳以降になると、何らかの武器を持っていなければ、転職できないということを意味しています。

重宝される武器とは『マネジメント能力』です。

では武器とは何か?

どんな武器を持っておけば良いのか。

それはあなたがどんな職種に就いていたとしても、重宝される武器です。

その武器とは『マネジメント能力』です。

マネジメントとは、一言で言えば部下を持って仕事をすることです。

自分一人で仕事をするのとは勝手が違います。

部下の育成指導、部下の仕事の進捗状況の確認、たいていは部下は一人ではありません。

複数人いれば、それだけ手間と労力はかかります。

マネジメント能力を推し測るものとしては以下の2点があります。

  • マネジメント経験はどのくらいの期間か?
  • マネジメントしていた部下の人数は?

マネジメント能力があれば、35歳を過ぎても転職できます。

その根拠は、会社は35歳を過ぎた人に管理職としての役割を求めているからです。

裏を返せば、35歳を過ぎてマネジメント経験がない人を採用しようとはしません。

会社がマネジメント経験を必要としない一般社員を採用したいときには、20代の若い人を採用するからです。

このことから、年齢に応じた武器を持っておかないと大変なことになることを理解していただけるのではないでしょか。

40代や50代で転職できる人は、ほぼ全員がマネジメント経験者です。

もし40代以降になっても転職できるような状況に身を置きたければ、35歳までにマネジメント能力という武器を手に入れておいて下さい。

35歳までにマネジメントできる会社へ転職しよう。

では、35歳までにマネジメント能力という武器を手に入れるためにはどうすればよいのか。

これは資格試験で手に入るものでもなければ、勉強して身に付くものでもありません。

マネジメント能力は、人の上に立って仕事をするという環境のなかで養われるため、人事異動で役職に就く必要があります。

つまり、会社の人事異動に頼らざるをえない面があるということです。

実はこの点がツラいところです。

というのも、会社の人事は上司との関係が良好かどうかが重要なポイントとなるため、自分の努力だけではどうにかなるものではないからです。

役職が付かずに、部下の指導や育成をしたり、業務を仕切ったりしている社員も実際はいますが、それだと転職するとなった場合の面接でのアピール度は弱いですね。

世の中は肩書がモノを言うところがあります。

肩書があれば、マネジメント能力があることを客観的に証明できてしまいます。

つまり、35歳までに何らかの役職についておくことが肝要です。

それがいまの会社で叶いそうになければ、転職してでもマネジメント経験を得ておくことです。

そうすれば、あなたには35歳以降になっても転職できるだけの市場価値が値付けされます。

いまの会社で一生安泰にすごせれば、35歳以降のことを考えて転職までする必要はないのでしょうが。。

いまは終身雇用も終わりつつあるなかで、大企業の社員でも安穏としてはいられない時代になっています。

⇒終身雇用が終わりを迎えるなかで、大企業の社員であることのデメリットが浮上!

やはり35歳でも転職可能にしてくれる武器を手に入れておく必要があります。

だから、マネジメント経験ができる役職をもらえる会社に転職してください。

その際のポイントは、管理職候補の求人、もしくは数年で役職がつきそうな会社の求人を選ぶことです。

管理職を求めている会社は多い。

にもかかわらず、意外にも管理職になりたい人はそれほど多くないという現実があります。

そこにこそ、20代~30代前半のマネジメント未経験者がマネジメントを積むチャンスが存在しています。

是非、そうしたチャンスをくれる会社の求人に応募しましょう。

その際には『転職エージェント』を活用して下さい。

転職エージェントはあなたが希望する求人案件を見つけてくれます。

「管理職候補の求人案件」もしくは「役職が付きそうな求人案件」という希望を出しておけば、それに該当する案件を紹介してくれるでしょう。

転職エージェントについては、以下の2つをオススメします。

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

保有している求人案件数は、業界1、2位を争うほどです。

登録料はかかりませんので、2つとも登録しておいてください。

ただどちらかと言えば、私のおすすめは『リクルートエージェント』です。

その理由についてはこちらの記事で詳しく述べています。↓
おすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。その理由は2つ。

転職エージェントを活用して、35歳までにマネジメント経験をしておくと、その後の働き方の選択肢がグンと広がります。

是非、マネジメント能力という武器を手にして下さい。

おわりに

これからの時代は、年金問題もあり、70歳まで働く必要が出てきます。

私はいま40代なので、考えただけでもゾッとしますね。

たとえば、60代になって立ち仕事や体を動かす仕事をすることになったら、正直やれる自信はありません。

年齢を重ねるにつれて身体は動かなくなるため、人を動かすことを仕事にするほうが賢明な働き方だと考えます。

そのためにはマネジメント経験は必修です。

それもできるだけ若いときに経験することです。そのリミットが35歳です。

そのためにマネジメント経験ができる会社へわざわざ転職することをススメています。

たとえ、その転職で給料が下がったり、休日数が減ったりとしても、マネジメント経験ができるのであれば転職してください。

待遇や条件は将来取り戻すことはできます。

でも、マネジメント経験は35歳までです。

最後に、もし35歳を過ぎてマネジメント経験がない場合はどうすればよいのか。

私であれば、専門職の道を究めようとします。

いまの自分の仕事のスキルを高めることで、生きていく方法もありますから。

詳しくは以下の記事に書いています。↓
・30代になったら『管理職』または『専門職』のどちらの道を進むべきか決めておくこと。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました