転職するのに能力やスキルは関係ありません。

転職はマッチング 転職戦略

「転職できる人とは、すごい能力を持ったごく限られた人だ!」

そう思っている人が意外に多い。

では実際はどうなのかというと、そんなことは全くありません。

能力やスキルが低くても転職はできます。

なぜなら、転職はマッチングだからです。

『分相応』という言葉がありますが、これは転職にもあてはまる言葉です。

その人に応じた転職先が準備されています。

だから、転職したいという気持ちがあれば、転職はできます。

今回は、転職するのに能力やスキルは関係ないというお話です。

 

スポンサーリンク

転職は『マッチング』が重要です。

転職はマッチングです。

会社が求めるものと、求職者が求めるものが一致した時に転職が成立します。

ここで重要なことは、会社が必ずしも高い能力やスキルを求めていないケースもあるということです。

ハローワークでも、転職サイトでもいいので、ずらっと並んだ求人票を見てほしい。

給料の高い求人から給料の低い求人まであります。

給料の高い求人は、管理職であったり、高度なスキルを求めらる仕事内容だったりします。

その一方で、給料の低い求人は、誰もができる代替可能な仕事内容です。

これは何を意味しているのかというと、条件さえ気にしなければ転職先はあるということです。

当たり前のことを言うなって怒られそうですが、これは大変重要なことです。

転職したいと考えている人は、何も条件だけで転職するわけではありません。

いまの会社が嫌で耐えられなくて、転職したい人も多数います。

そういった人は、たとえ自分にスキルや能力がなくても、転職先は見つかるのだということを知ってほしいのです。

自分の能力に合った転職先がきっとあるということです。

つまり、マッチングです。

自分の能力に合った求人は『リクルートエージェント』に探してもらいましょう。
多くの人が誤解していることに、高い能力やスキルを持てば、転職しやすいということがあります。
確かに高い能力やスキルを持つことが、条件の良い求人に採用されやすくはなります。
ただし、高い能力を持っているからと言って転職しやすいということにはりません。
逆に、高い能力がネックとなって、転職できないケースだってあります。
分かりやすい例として、都会から地方へのUターン転職があります。
一流大学を出て一流の会社で働いていた都会のサラリーマンが、家庭の事情で親元である地方へ転職しなければならいケースです。
私の周りでもよく聞きます。
こうしたケースでは、地方の中小企業は都会で働いている能力の高い人材を受け入れないことがあるということです。
その理由は、能力が高すぎて、地方の小さな会社に入っても馴染めないということになります。
つまり、ミスマッチングです。
一方で、能力がそれほど高くない人が、好条件に惹かれて能力以上の会社に入ってしまうとどうなるか。
そのケースでは、仕事についていけずに、お荷物扱いされ、最後には会社にいられなくなります。
これもミスマッチングです。
やはり、転職は求職者と会社のマッチングだが重要だということです。

転職は『タイミング』が重要です。

転職はマッチングということを再三述べてきましたが、

「自分に合った求人」とはどういったものか。

社会人経験のある人であれば、たいていの人はそれがどんな求人であるか分かっているはすです。

というのも、何年も仕事をするうちに自分に適した仕事、そして自分の能力というものを把握しているからです。

ただ、転職はマッチングのほかにもう一つ必要なことがあります。

それは『タイミング』です。

自分に合った仕事を把握していても、そういったも求人が出てこなければ応募すらできません。

転職したいときに自分に合う求人が出ているか、出ていないかで転職の成功確率は全く異なってきます。

この点については、残念ながら運に任せるしかありません。

自分に合う求人がないときの対処法は、以下の記事に書いています↓
・転職したいときに希望の求人案件が出ていない。唯一の打開策はひたすら待つことです。

タイミングが合わないときは、基本的には待つしかありません。

逆に、タイミングが良ければ、思いもよらない企業に転職できることだってありえます。

求人は会社の都合で転職サイトやハローワークに掲示されます。

雇用条件が良い優良企業が、急に人手が必要となり、大量雇用に踏み切ったりすることはよくあります。

タイミングさえ合えば、優良な求人に出会えることがあるということです。

自分を過小評価してはいけない。

転職にはマッチングとタイミングが重要です。

あなたの能力やスキルは関係ありません。

磁石のN極とS極が引き合うように、あなたに合った求人に最終的にはたどり着きます。

だから、自分には能力がないから転職なんかできない!と思わないことです。

自分を過小評価しないことです。

転職の成功とは待遇をあげることだけではありません。

次のような会社で働けることができれば、転職の成功と言えるのではないでしょうか。

  • 自分の能力を十分に発揮できる会社
  • 自分と価値観のあった人と仕事ができる会社
  • 自分らしく働ける会社

こういった会社は、あなたの能力が高くなくても入社できる会社です。

もし自分にマッチングする会社を探したいのであれば、ハローワークよりも転職サイトを活用することです。

私のオススメは、転職アドバイザーが親身になってくれる『リクルートエージェント』です。

あなたの経歴や、実績を鑑みて、あなたに合った求人を紹介してくれます。

自分のことを客観的に見ることは、なかなか難しいものです。

第三者の意見を取り入れることで、これまでに見えなかった可能性を見出すことができるのではないでしょうか。

おわりに

転職するのにあなたの能力やスキルは関係ないことを述べてきました。

あなたが高い能力を持っていれば、高い能力を欲している会社と縁を持つことになるでしょう。

また、仮にあなたの能力が高くなくても、あなたの能力に応じた会社があなたを必要としています。

だから、自分の能力やスキルを気にすることなく、転職したいという気持ちがあるのであれば、積極的に活動することです。

まずは動きましょう!

動かなければ何も始まりませんよ。

⇒転職活動にはやるべきことの順番がある。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました