【緊急】誰もが肩叩きされる状況の中、準備すべきたった一つのこと。

肩叩き 転職戦略

会社員が気楽な時代は終わりました。

競争激化の中、大手企業がリストラに着手しています。

企業が生存をかけて収益体質にすべく構造改革をおこなっているというわけです。

そんな中、さらに企業リストラに追い打ちをかけているのがコロナの蔓延です。

コロナにより企業業績は大きく落ち込み、さらなるリストラの必要性に迫られることになりました。

企業のこうした動きの中、雇われの身である会社員はいつ肩叩きされるのか不安で仕方ありません。

もしかして、自分には関係ないことと思っていませんか。

「自分は頑張っているのだからリストラされるはずはない」と思いたいでしょう。

しかし残念ながら、こればかりは例外はありません。

あなたも、私も肩叩きされる対象者です。

全員が対象者なのです。

今回は、会社員である私たちが肩叩きされた時に備えて、やるべきたった一つのことについてお話しします。

スポンサーリンク

肩叩きされる可能性は誰もが等しく持っている。

コロナで企業業績は大きく落ち込んでいます。

報道を見る限りで航空業界と飲食業界はヒドイですね。

ある航空会社は年収3割減だそうです。

とんでもない収入カットです。

CAと言えば昔は憧れの職業でした。それが今や副業しないと生活できない。

時代の変化は本当に恐ろしいものです。

その他には、外食チェーン大手の売上減少もヒドイですね。

ファミレスチェーン店が軒並みの大赤字です。

これらの2つの事例はコロナで人々の生活様式が変化したことを示しています。

一言でいえば、人の流れが止まったのです。

人が移動しなくなったことが航空業界にダメージを与え、人が出歩かなくなったことが外食業界にダメージを与えたのです。

このような業界に代表されるように多くの業界・企業がコロナでダメージを受けました。

これが更なるリストラの加速に繋がっていくわけです。

会社の業績悪化は会社員個人の力ではどうしようもできません。

無力しか感じません。

それでも、自分は仕事ができるし、現に出世もしているのだから会社がリストラを敢行しても自分が対象になることはないだろう。。。

そう思っていませんか。

会社がリストラを敢行するときは希望退職制度です。

希望という文字が入っていることから、希望した人が辞めていくと思いきや実はそれは表向きの話です。

会社が辞めて欲しい人に肩叩きすることになります。

では辞めてほしい人とは?

まずは当然ながら仕事ができない人です。

会社の利益になりませんからね。

ただし、辞めて欲しい人は他にもいます。

それは仕事ができる人です。

仕事ができる人といっても、あくまでも高給取りの社員です。

リストラの目的は収益の改善です。

だから高給取りはターゲットにされてしまいます。

だから、もしあなたが仕事ができて出世を果たしていたとしても、決して安泰だとは思わないでください。

リストラが始まれば、全員が対象です。

そしてリストラはどの会社でもありうるということです。

肩叩きはいきなり来ます。

いまの世の中は変化が激しい。

先の例に上げたような航空業界や外食業界はコロナの影響をダイレクトに受けている業界です。

ではそのほかの業界は安泰かというと決してそうではありません。

経済はつながっているわけですから、コロナの影響は経済全体に大きな影を落とすことになります。

あなたの業界も、もしかするとリストラが必要になるくらいの業績悪化に見舞われることになるかもしれません。

おそらく自分の業界が厳しいかどうかは何となく分かるでしょう。

問題は、自分の会社がリストラするほど業績がヒドイ状態になるかどうかです。

それを知ることができるのは会社の経営陣のみです。

私たち雇われの会社員では知りえません。

私たち雇われの身が知るのは『希望退職制度』が発表された時です。

経営陣はそれまで一切情報を漏らすことはありません。

社員にしてみれば、いきなり目の前に『人生の危機』が出現したことになります。

慌てふためき、驚いたところで、すでにまな板の鯉です。

そこで会社からリストラ社員かどうかの審判を仰ぐことになります。

準備すべきたった一つの事は『転職サイトへの登録』です。

希望退職制度という会社からの審判を仰ぐなんてまっぴら御免ですよね。

私はそんな場面に遭遇したことはありませんが、考えただけでもゾッとします。

想像の範囲ですが、間違いなく仕事は手に付かないでしょう。

夜も寝つきが悪くなるでしょう。

いつ上司に呼ばれるかと冷や冷やしながら会社で過ごさなければなりません。

それでは、こういった事態をまぬがれるにはどうすればよいか。

答えは簡単なことです。

『希望退職制度』を免れるためには、転職を繰り返すことです。

実力をつけて景気の良い業界、会社をハシゴし続けることです。

いまの居る会社や業界が下火になりだしたなら、景気の良い会社や業界を見つけて転職するわけです。

これができれば、希望退職制度に遭遇することはありません。

自分の会社や業界に業績悪化の波さえ来なければ、希望退職制度に直面することはないですから。

しかし。。。

現実問題として、これだけタイミング良く、次から次へと転職できる人なんてごく僅かな人でしょう。

ずば抜けた能力を持っている人限定です。

それでも転職回数を重ねると転職は厳しくなるのが実際です。

そこで私が提案したいことは、希望退職制度を回避するのではなく、制度に直面した時に転職活動にすぐに入れる状態にしておくことです。

具体的に言うと、転職サイトに登録して求人情報を週一回くらいは見ておくことです。

これは私がずっとおこなっていることです。

コロナ禍の前から、景気の良いときからずっとやっています。

その理由は2つあります。

一つは、もし不幸なことに希望退職の肩叩きをされた場合、その瞬間から転職活動に取り掛かれるようにしておくためです。

転職するために準備は思っている以上に時間がかかります。

  • 履歴書の作成
  • 職務経歴書の作成
  • 自己分析
  • キャリアの棚卸
  • 写真撮影

いま思い付くだけでもこれだけの準備は必要です。

これだけのものをただ準備すればよいというわけではありません。

転職を成功させるために準備する必要があり、それには結構な時間はかかります。

書類選考を通過し、面接を通過するためにはそれ相応のレベルのもの準備する必要があります。

こうしたものを自分一人ではなく、転職アドバイザーのサポートを受けながら準備することでよりレベルの高いものが準備できます。

その転職アドバイザーのサポートを受けるためには転職サイトへの登録が必要です。

2つ目の理由は、求人情報を見続けることです。

求人情報を定期的にメールしてもらうために転職サイトへの登録が必要となるわけです。

求人情報を見続けることで、求人数の多さから景気の良い業界を判断できるでしょうし、企業がどいった人材を求めているのかを把握できます。

何も情報がない状態では、転職活動での進むべき道に迷ってしまいます。

求人情報を見ておくことで、転職へのモチベーションを上げておくことができます。

それでは、最後に私のオススメの転職サイトを2つ紹介します。

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

どちらのサイトも求人情報満載で転職をサポートしてくれるサービスが充実しています。

是非活用してみて下さい。

おわりに

繰り返しになりますが、転職サイトへの登録を含めた転職準備は早いうちからやっておくことです。

リストラ候補にあがってしまってからでは、転職活動なんてできる精神状態ではないでしょう。

生活すら手につかないでしょうから。

だから、平穏な状況のいまのうちに準備に取り掛かりましょう。

「転職活動の準備はリストラされて職を失ってからでももいいのでは?」

という意見もあるでしょうが、それではスタートダッシュに出遅れてしまいます。

失業手当の支給期間は短く、金額も今の給料分を補うことはできません。

だからスタートダッシュをかけて早期に転職を実現しなければならないのです。

全てはそのための準備です。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました