転職する人は勝ち組です。その理由を述べます。

転職できる人 転職の良き点

転職は逃げではありません。

完全なる攻めです。

転職とは未来に向かって未知の領域に飛び込むのですから。

たしかに転職する人のなかには、後ろ向きな理由で転職する人はいます。

しかし、転職すること自体は後ろ向きでも逃げでもありません。

転職する人は間違いなく勝ち組です。

今回は、なぜ転職する人が勝ち組なのかについて具体的に説明します。

スポンサーリンク

転職することは攻めること。

転職することを良く思わない人が、いまなお多い。

どのようなイメージを思っているかというと、

「我慢が足りない」

「落ちこぼれ」

といったような感じでしょうか。

転職に対するイメージはさておき、いまでは転職を選択肢に入れておかなければ、自分の生活を守ることはできません。

一つの会社を勤めあげることが美徳であるという考えは、日本特有の終身雇用制度があってこそのものです。

いまの会社と運命を共にしようなんて思っている人はいないでしょうが、もしそういった考えを持っているのであれば即刻排除しましょう。

⇒会社と運命を共にしてはならない。

しかし、運命を共にはしないまでも、会社に依存した人生を送っている人は多くいます。

今まではそれでもよかったのですが、残念ながら、これからはそういったことでは生きてはいけません。

これからは、積極的に自分から安住の地を求めて動かなければなりません。

「このまま今の会社に居続けても、満足いく待遇がもらえない」

「このまま今の会社に居続けても、将来に不安しか持てない」

こういった気持ちが芽生えたとき、人によっては別の会社に移ろうと考える人がいます。

もしかすると、少数派かもしれません。

しかし、こうした考えはまっとうな考えです。

こうした考えは逃げでも何でもありません。

いまよりも快適な職場を求めて動くことの、どこが逃げなのでしょうか。

ジッと我慢して状況が改善するのをただ待っていても、状況は変わりません。

祈って待つだけの行為は、ただの現実逃避です。

行動することでしか、状況を変えることはできません。

それくらいは分かっている!といった声が聞こえますが、それでも実際に動く人はそうはいないのです。

つまり、誰でもできることではないということ。

ならば、それができる人は『勝ち組』ということになるのではないでしょうか。

転職できるということは他社が認めたということ。

転職しない人は、

「いまの会社に満足しているか、もしくは不満を抱えながらも我慢しているか」

のいづれかです。

いまの会社に満足しているのであれば、それは大変幸せなことです。

多少の不満があっても、この先もやっていけそうだと感じることができれば、良しとするべきでしょう。

問題は、不満を抱えながらも我慢している状態のときです。

こういった状態になると、一度は転職を考えるのではないでしょうか。

そこで、転職できる人は勝ち組です。

それも2つの意味で勝ち組です。

1つ目は、思い切って転職に踏み切った勇気を持っていることが勝ち組です。

転職とは新しい世界に飛び込むことになるため、やはり勇気は必要です。

勇気を持って一歩を踏み出したことが既に勝ち組なのです。

実際に転職した人であれば分かると思いますが、転職前に抱えていた不安が転職後に現実となることはほとんどありません。

そのことについて以下の記事に詳しく書いています↓
・転職してやっていけるかどうか不安に思うのは杞憂に過ぎない。

そして2つ目は、転職できるということは他社から認められたということで勝ち組です。

自分の能力やスキルが他社にて認められるということは、会社にペコペコ頭を下げて生きていかなくてよいことを証明できたわけです。

自分の能力やスキルが「いまの会社を飛び出しても通用する」ということであれば、これからは会社を渡り歩くことだってできるわけです。

会社で出世した人のなかには、その会社でしか通用しない人がたくさん存在します。

その会社専属の人材になってしまっていることです。

これは負け組です。

なぜなら、一生その会社の言いなりになって生きていくしかないからです。

転職できない人は、いまの会社にしがみつくしかないのです。

その結果、サービス残業をさせられたり、上司の暴言やパワハラにも我慢しなければなりません。

一方で、転職できる人は、会社にしがみつかなくても良いわけですから、自分が満足する会社に巡り合うまで転職を繰り返すことだってできます。

つまり、自分本位の職場を選択できる可能性を持っているということです。

転職エージェントで無料診断を受けよう。

大事なことは転職できる人になることです。

そのための一歩として、まずは自分が転職できる能力やスキルがあるかどうかを知らなければなりません。

自分に自信があっても、もしかするといまの会社のみに通用するスキルしか持っていないかもしれません。

それを知るための方法として『転職エージェント』に相談することをオススメします。

転職エージェントは、数々の転職の橋渡しをしてきた、いわば転職のサポート役のプロ集団です。

数々の転職者を見てきただけに、どういった能力やスキルが転職には有利となるのかを熟知しているわけです。

それだけではありません。

転職市場での最新情報をキャッチしているため、何の職種が人手不足にあるのかといったところまで理解しています。

転職エージェントの利用は『無料』です。

いまのあなたが転職できる人材なのかを診断してもらってください。

そして、もし転職できる人材でなければ、いまからスキルを磨き始めればよいだけです。

これからは70歳まで働かなければなりません。

30~40歳なんて、まだ中間地点を折り返した段階です。

詳しくは以下の記事をどうぞ↓
・40代からでも自己研鑽に励むこと。それが最大の自己防衛です。

もしあなたが転職できる人材であれば、もしくは転職できる人材になれば、選択肢は広がります。

具体的には、転職エージェントに、あなたの合う仕事を紹介してもらうのです。

転職エージェントは仕事の紹介もしてくれます。

もちろん、こちらのサービスも無料です。

紹介してもらった仕事が気に入れば、転職するのもよいのでしょう。

できるだけ多くの選択肢を持つことが大事なことです。

それができることが勝ち組なのです。

おわりに

転職できる人は勝ち組です。

この言葉の真の意味は『転職できる人材になっている人は勝ち組』ということです。

自分のことは自分では分かりません。

果たして自分がどれくらいの価値があるのか。

まずは多少の恐怖はあっても現実を直視しなければなりません。

第3者の目で、自分の価値を診断してもらいましょう。

以下は私が使っている転職エージェントです。

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

このうちの一社でも構いませんが、評価基準は三者三様です。

できる限り多くのエージェントに診断してもらいましょう。

人の評価は、評価する人が変われば、全く変わってきます。

例えば、40代になって何らかの資格を取った人がいるとしましょう。

40代になっていまさら資格を取っても価値がないと切り捨てるエージェントもいれば、何歳になっても向上心を持つことは素晴らしいと評価をするエージェントもいます。

まずはできるだけ多くのエージェントに自分をさらすことです。

そこからスタートしましょう。

そして転職できる人材になってしまえば、もう勝ち組の仲間入りです、

いつでもいまの会社に不満があれば出て行けるわけですから。。。

そうなれるよう、一日も早く転職できる人材になることを目指していきましょう。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました