管理職は割に合わない。それより専門職を目指すべきです。

管理職は割に合わない 仕事内容

管理職なんてなるもんじゃない』

私が初めて管理職になったときの率直な気持ちです。

はっきりいって管理職は割に合いません。

コスパ悪すぎです。

損得勘定で考えると管理職なんて絶対に受けないほうがいいですね。

業務量と責任が半端なく襲ってきます。

それに対して報酬は役職手当が数万円付くだけです。。。

これでは長期間にわたって管理職なんてやってられません。

それよりも、もっと賢い選択をして欲しい。

それは『専門職』になることです。

あなたは専門職の道を目指すべきです。

専門職になれば、管理職のような割に合わないといった境遇とは無縁です。

煩わしい人間関係にも巻き込まれず、給料だって自分の力でどんどん上げていくことができます。

間違いなくコスパは管理職より遥かに良いでしょう。

さらには専門的スキルを持っていれば、どこの会社にも行けるし、副業もできるし、。。

今回は割の合わない管理職ではなく、専門職を目指すほうが賢い選択であることについて説明します。

 

スポンサーリンク

管理職は割に合わない。

管理職になれば、給料は上がるし、多少の権限ももらえます。

それに肩書きに役職が付くので名刺を差し出すときに優越感を感じる人もいるでしょう。

初めてあなたに会うことになる人は、名刺に載っている肩書であなたを判断します。

あなたの肩書によって態度を変えてくる人もいるでしょうね。

部長という肩書がついているのと、無役職では相手の反応は全く違ったものになるでしょう。

つまり、管理職は名誉欲や地位に人生のプライオリティーを置いている人にとっては価値あるものなのです。

ただ、悲しいことに、管理職になることのメリットはこれだけしかありません。。

多少の名誉や地位を手にしたのと引き換えに、あなたは多くのデメリットを背負うことになります。

まずは、管理職になれば一気に業務量が増えます。

担当部署の仕事、部下の仕事、そして自分の仕事、と3つ分野の仕事をこなさなければなりません。

これまでは自分の仕事が終わえば「お疲れ様でした」と言ってサッと帰れたかもしれませんが、管理職になればそうはいきません。

何かトラブルでも発生すれば、解決するまでは帰れません。

管理職は責任者ですからね。

それでも、管理職になれる人は有能な為、慣れてくれば仕事量を捌くことには慣れてくるでしょう。

それよりも、一番大変なことは「管理職の立ち位置」です。

管理職とは上に上司、下に部下という上下に挟まれている立場にあるため、精神的ストレスが半端ないですね。

上からは厳しい要求が飛んできます。

管理職の上になる人は経営者に近いポジションですから、仕事できる人が多い。

仕事ができる人は下の者、つまりあなたのような中間管理職への要求も高いものになってくるでしょう。

あなたは、それを真正面から受け止めるだけでもストレスになるでしょうが、さらに大変なことはそれをあなたが部下に対して指示し、やらせなければならないことです。

あなたは部下をうまく動かすことができますか。

素直な部下ばかりだといいですが、なかには反抗的な部下もいるでしょうし、指示を出しても動こうともしない部下もいるでしょう。

そうなるとストレスも最高潮に達してます。

管理職になって精神をやられてしまう人がいますが、たいていは上下に挟まれた人間関係に悩まされてのことです。

少しの給料のアップだけで、業務量の大幅な増加、そして人間関係の煩(わずら)わしさを抱えてしまうのは本当に割に合わないですよね。

管理職は会社人間になったも同然です。

管理職は会社の幹部です。

つまり、会社側の人間になるということです。

会社側の人間になるということは、会社に魂を売ったようなものです。

会社と運命を共にするという心構えを持ち、自分の意思を殺してまで会社の方針に従って生きていかなければなりません。

「自己犠牲を払って、会社への忠誠を尽くせ」

これは会社が管理職へ期待していることです。

そこであなたは次のように反発を覚えるかもしれません。

「自己犠牲なんか払うつもりはない。それに会社に忠誠を尽くすつもりもない」と。

しかし、度重なる会議やミーティング、それに経営陣との仕事のやり取りの時間が多くなるにつれて、あなたは確実に会社に洗脳されていきます。

こうして会社専用の社員にされてしまったら最後です。

あなたはいまの会社でしか生きてはいけません。

いまの会社で生きて行くことだけを考える脳になってしまい、あなたが能力スキルの向上に頭が向かわなくなってしまうからです。

日々、社内政治に没頭し、会社や上司からの要求に応えようと必死に動くでしょう。

気付けば、あなたの市場価値は低下。

新しい知識やスキルを学ぶことからも遠ざかってしまっています。

これではいまの会社を出たところで使い物になりません。

管理職より専門職を目指すべきです。

管理職は割に合いません。

多少の給料アップと引き換えに、膨大な業務量と精神的ストレスを引き受けることになるのですから。

それに管理職になれば、あなたはいまの会社に人生を捧げることになります。

社内政治に翻弄され、いまの会社で生き残っていくことだけに目が行ってしまいます。

それでも会社が最後まで面倒を看てくれればい良いですが、そんなことはあろうはずもありません。

管理職になろうとする人、もしくは管理職になれる人には能力があります。

もしあなたが管理職とご縁のある人であれば、あえて管理職の道を捨てることをオススメします。

そして管理職よりも割に合う道を進んでください。

それが『専門職』の道です。

専門職とは、肩書ではなく、ある分野において誰にも負けない能力スキルを持った人です。

会社に依存しなくてもよい、一人で生きていけるだけの武器を持った人になったほうが明らかにメリット大です。

会社勤めしても報酬は思うがままに、上司や部下に挟まれる人間関係とも無縁です。

さらに大きなメリットは副業です。

副業はあなたの収入を大きくしてくれる手段にもなるが、保険にもなります。

万が一のときに、副業をもっていることは雇用保険をかけているようなものです。

雇用保険だけで生活は出来ませんが、副業であれば、次の本業が見つかるまでの生活費を確保できるくらいまで稼ぐこともできます。

これからは個人の時代です。

個人の時代を謳歌するための絶対条件は、特定のスキルを持っていることです。

管理職になれるくらいの力があれば、何か特定の分野のスペシャリストを目指してください。

あなたにいま何らかの専門スキルがあればよいですが、これから自分に合う専門分野を見つけたいという人は『転職エージェント』を活用しましょう。

転職エージェントに登録すれば、あなたの経歴やスキルから、あなたの進むべき専門分野を一緒に考えてくれるでしょう。

そしてあなたの専門を極めるのに最適な求人があれば、すぐにでも紹介してくれるでしょう。

【オススメ転職エージェント】

・『リクルートエージェント』(知名度が抜群です)

・『パソナキャリア』(求人数が豊富です) 

・『ビズリーチ』(直接スカウトから連絡が来ます)

全て無料です。

遠慮することなくガンガン活用して行きましょう。

おわりに

管理職は割に合いない。

私は30代で初めて管理職になりましたが、そのときに心の底からそう痛感しました。

決して仕事が嫌いなわけではありません。

むしろ、仕事での満足感を得るために少しでも上のポジションに行きたいと思っていました。

でも実際に上のポジションに行くと、待っていたのは期待を裏切るものでした。

管理職になったところで、自分のやりたいように仕事ができるわけではありません。

逆に、会社に都合よく使われるだけでした。

それからは管理職は目指さず、誰にも負けないスキルを身に着けることに注力するようになりました。

専門職になったほうが、専門的な分野だけに誰からも口を挟まれません。

それにいざ会社に捨てられても、すぐに次の転職先が見つかります。

さあ、いますぐに方向転換しましょう。

管理職よりも専門職の方が絶対にオススメです。

本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
タイトルとURLをコピーしました