営業力は無敵のスキルです。

営業力 仕事内容

転職に大事なことは、どの会社で働くかよりも、どんな仕事に就くかです。

会社を選ぶことは大事です。

どの会社に入るかで、給料を含む待遇面が変わってきますから。

でも、現実的な話をすると、転職していまの会社よりも優良な企業に入るのはなかなか難しいですね。

まだ20代であれば、それも可能かもしれませんが、30代も半ばを過ぎると、余程のキャリアを持っていなければ、ほぼ無理でしょう。

そうであれば、30代からの転職を考えるとき、仕事内容(職種)で転職先を探す方が賢明です。

職種で転職先を選んでおくと、スキルや能力をアップさせることで待遇を上げることができます。

ただ、すべての職種でそれが可能になるわけではありません。

そこは頑張れば待遇が上がる職種を選択する必要があります。

では何がオススメの職種なのか?

ずばり『営業職』をおすすめします。

営業職であれば、結果を残すことで新しい会社のなかで自分の待遇と地位を希望するレベルまで押し上げることができます。

今回は、転職するなら『営業職』をお薦めする理由について説明します。

 

スポンサーリンク

営業職に就くと『人事評価』が明瞭になる。

営業職はどこの会社においても花形の職種です。

というのも、会社経営者は仕事の確保、つまり売上を上げることを重要視しているからです。

それを如実に表しているのが、営業職の求人案件の多さです。

どこの会社も営業ができる人を必要としているが分かります。

そんな営業職には他の職種にはない大きなメリットがあります。

その一つが『評価基準が明瞭である』ということです。

人事評価は社員が退職する大きな理由のひとつです。

評価が難しいのは、上司の好き嫌いの感情や好みが入ってくるからです。

しかし、こうした私的な感情を挟む余地を極力少ない状態で評価できるのが、営業職の評価です。

営業の評価には『売上数字』での評価が用いられるからです。

営業マンが稼いだ売上金額は、誰もを納得させることができるパワーを持っています。

営業職は、評価の黒白をはっきりさせることができる職種ということです。

「上司は私のことが嫌いなので評価してくれない」ということはなくなります。

営業マンが評価されないときは、単純に数字が悪いからという明快な理由ということになります。

だから営業していて、たとえ評価されなくても納得できるのではないでしょうか。

一度でも転職した人であれば分かると思うものですが、転職組はどうしても入社して間もなくは『よそ者』扱いされます。

それを一掃するには実績を上げて周りからの評価を得るしかありません。

それを確実に実行できるのは、数字で評価される営業職ということなのです。

手っ取り早く、周囲を黙らせるだけの営業成績をたたきつければ、その瞬間から新しい職場で認められます。

もしかすると、認められるだけにとどまらずに一気に昇進出世を成すことも十分に可能です。

営業には自分を認めさせる即効性があります。

それは営業の評価が『売上数字』でなされるからです。

営業職に就くと『待遇アップ』を短期に実現できる。

営業職の2つ目のメリットに『待遇のアップ』があります。

前述したように、営業職の主な仕事は売上をあげることです。

売上確保は会社の生命線です。

大きな売上を上げることができる営業職は会社にとっては神様的存在です。

営業成績を上げることができれば、社内での発言力は増し、存在感も増し、そして給料面などで厚遇を受けれることになります。

それも短期間のうちにです。

時間をかけることなく、厚待遇を享受できるようになります。

他の職種であれば、短期間のうちに待遇があがることはありません。

私は事務職です。

いくら仕事を早く覚えて、仕事をさばけるようになっても厚待遇を獲得することはできません。

なぜか?

事務は収益をあげる職種ではないからです。

カネを生まない職種だからです。

もちろん、事務は会社のなかで必要な仕事です。

しかし、会社のなかの序列でいえば、事務は営業を上回ることはできません。

営業は収益を生む部門で、カネを生む職種です。

実際にカネを生む職種だから、営業マンは自分の待遇を上げやすいのです。

『会社にもたらしている利益を数字で提示できる』ことで、営業職は待遇交渉しやすいという面があります。

また、好成績をあげれば、周囲からの接し方もガラッと変わってきます。

好成績を上げる営業マンは、社内ではエース級の扱いを受けます。

社長をはじめ、幹部、そして上司でさえ、好成績をあげる営業マンには機嫌を損なわないように接してくるでしょう。

なんといっても会社の宝ですから。

そして、好成績をあげる営業マンにはもっとすごい特典が付いています。

それは「永久に食いぱっくれることがない」という特典です。

以下で詳しく述べます。

営業力を身につければ、自分を永久に守れます。

営業職は不人気な職種です。

なぜか?

正直、営業はきついからです。

ノルマがきつい。

夜が遅い。

精神をやられる。

でも、それって裏を返せば、営業職を極めた人にとっては追い風です。

営業ができる人は、希少価値が高いのです。

50代、60代になっても、営業ができる人は転職できます。

いまの会社に不満があったり、もっと良い待遇を得たいと思えば、すぐにでも新しい会社に移ることができます。

営業マンを求めている会社の裾野は広く、幅広い業種の会社が優秀な営業マンを求めています。

一つの会社で優秀な営業成績を上げることができれば、別の会社に移っても、扱う商品やサービスが異なるだけで、営業スキルを如何なく発揮できます。

だから、職探しには困りません。

または別の選択肢として、自分で仕事を始めてもいいわけです。

モノを仕入れて売る。

会社にいなくても、自分一人でも始めることはできます。

営業力を持つと無敵ですね。

死ぬまで食いっパクレることがありません。

おわりに

営業力を手にいれれば、一生安泰です。

営業には学歴も、資格も、必要ありません。

それに年齢が若いほうが良いとは限りません。

年齢を重ねて、人生経験を積むことは営業にはプラスに働きます。

年齢がプラスに働きます。

だから、年齢が高くても転職の成功率は高いと言えます。

もしあなたが30代を過ぎて、進むべき道に悩んでいるのであれば、営業を始めてみてはどうですか。

いばらの道であることは間違いありませんが、それを極めてしまえば、その先には明るい未来が待っています。

大きな報酬や、仕事がなくならないという安心を手に入れることができます。

営業職の求人はハローワークでもすぐに見つけることはできますが、できれば民間の転職サイトの求人に応募して下さい。

というのも、営業をするのであれば、しっかりとした会社でやる必要があるからです。

民間の転職サイトに求人を出している会社は、優秀な人材を確保するのにおカネをかけていることから分かるように、会社の目指すレベルを高いところに設定している会社です。

そういった会社では優秀な人材がいたり、営業のためのバックアップ体制が整ったりしていて、自分のスキルを高めるのは打って付けの環境を提供してくれます。

以下はオススメの転職サイトです。

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

是非、民間の転職サイトを通じて、営業力という無敵のスキルを手に入れて下さい。

そうすれば、定年後、仕事探しに翻弄することはありません。

いくらAIが発展しようと、営業へのニーズがなくなることは決してありません。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました