毎日同じ仕事では飽きるでしょ?だったら出世して上を目指して下さい。

出世 仕事内容

毎日同じ仕事していれば、仕事に飽きがくるのも仕方ないですね。

毎日同じメニューの食事をしていると飽きがくるとの同じことです。

とはいうものの、仕事に飽きてしまっては大変なことが起こります。

まずは緊張感がなくなり、集中力が散漫になります。

そして向上心も薄れてしまい、最終的には自分の成長をストップさせてしまいかねません。

そのためにも飽きることのない仕事に就く必要があります。

そこで真っ先に思い付くのが『好きな仕事に就くこと』です。

たしかに好きな仕事であれば飽きることはないでしょう。

ただし、それも毎日となれば話は別です。

じつは好きな仕事でも毎日やっていれば飽きが来てしまうのです。

これは私が実際に経験しての結論です。

それでもう一つの解決法としては『仕事を変えること』があります。

これは誰でも考え付く解決策ですが、別の仕事に移ったところでまた飽きてしまいます。

それにいまの仕事に飽きたから転職しますというのは転職理由としては通用しないですね。

そんなに甘くはありません。

ではどうすればよいか。

それは『いまの仕事で実績を上げて出世すること』です。

これが一番の解決策です。

出世して組織の上に行けば、仕事に飽きたなんてことはなくなります。

その大きな理由は、上に登っていけば見える景色が変わり、そして取り巻く環境が変わるため、飽きることがなくなってくるからです。

今回は、仕事が飽きてしまった人は出世すれば解決しますというお話しです。

 

スポンサーリンク

仕事が飽きるのは仕方のないこと。

仕事に飽きるのは仕方のないことです。

毎日同じようなことをやっていれば、そうなるのが普通です。

どんなに好きな仕事に就こうが、どんな興味のある仕事に就こうが長くやっていれば、そうなるのが普通です。

もちろん飽きない人もいます。

たとえば経営者や起業する人たちは、仕事に飽きているような感はありません。

彼らは大きな野心や使命感を持っているので仕事に飽きるといった感情が芽生えることはないのでしょう。

でも、私たち会社員はそこまでの使命感や野心を持って仕事をしていません。

ほとんどの人が朝起きて「会社に行きたくないなぁ」とブツブツ言いながら会社に行っている有様です。

それでも好きな仕事であれば、仕事が飽きるということはないのでは?という意見もあるでしょう。

たとえば私生活における趣味や習い事であれば、飽きることなく続いている人も多いでしょう。

それと同じように好きなこと、やりたいことを仕事にすればいいのでは?ということなのでしょうが、趣味や習い事は毎日やっているわけではないですよね。

趣味などは、気が向いたときにだけやれるから飽きることなく長く続いているとも言えるのです。

仕事は毎日ですからね。

好きな仕事に就いても毎日だとやはり飽きがきます。

今日は気分転換に別の仕事をしよう、なんてことは許されません。

会社員である以上は、決められたことを毎日やるしかありません。

だから仕事に飽きてしまうのです。

いまの仕事に飽きたなら出世して上を目指しましょう。

いまの仕事に飽きたらどうしますか。

飽きても生活のために渋々続けることです。

仕事に飽きるのは普通のことであって、他の人たちもいまの仕事に飽きながらも仕事を続けているのですから。

何も特別なことではありません。

それでも、もう限界レベルの飽きが来ているという人もいるかもしれません。

性格的に飽きっぽいと言われる人たちです。

その場合、まず考えられるのは転職することです。

いまの仕事に飽きたのであれば別の仕事を変えてしまう。

じつにシンプルな解決方法です。

ですが、仕事に飽きたからという理由で転職するというのは現実的はありません。

転職する動機としては弱すぎます。

いまの仕事が飽きたという理由で転職する場合、そもそも次にどんな仕事に転職するつもりですか?

例えば、いまの会社は給料が安くて転職したいのであれば、給料の高い会社に転職すれば解決します。

いまの仕事が飽きたという理由では転職先を見つけるのは難しいですね。どんな仕事でも良いというわけにはいかないでしょうから。

それにたとえ次に何かの仕事に就いても、また飽きてしまうかもしれません。我慢できないほどの飽きに襲われかもしれません。

それでまた転職するとなると、ただ無駄に転職回数だけが増え、いずれは行き詰ってしまいます。

そこで私が考える解決法は「いまの仕事で出世して上を目指すこと」です。

これしか、あなたの仕事への飽きを吹き飛ばす方法はありません。

仕事を変えるのは横への移動です。

横の動きでは、無駄な転職を繰り返すだけであなたのプラスになることはありません。

一方で、出世して上を目指すのは縦への移動です。

縦の動きは、上にのぼって行くたびに眼下に見える景色が変わっていきます。

出世して組織の上に登っていくことで、仕事の幅、仕事の難易度、そして一緒に仕事をする人などの環境が変化するということです。

じつは、仕事に飽きてしまう原因のひとつに『慣れ』があります。

誰しも新しい仕事に就いたばかりの頃は慣れないこともあって必死に取り組みます。それが時間の経過とともに段々と仕事を覚えてくると『慣れ』が生じてくるのです。

そして『慣れ』が『飽きるという感情』を生むことになるのです。

出世して上に登っていくことは、慣れからあなたを解放してくれます。

出世してステージを登って行くごとに、あなたの仕事内容はもちろんのこと、あなたの周囲の環境が変わってきます。

あなたが出世して上に登っていく過程は『慣れ』とは無縁の状況にあり、飽きるという感情は生まれてきません。

さらに、出世して上に登っていくと『権限と責任』がついてきます。

自分の意思で仕事を動かせる権限、そして結果に対する責任が、仕事に面白さと緊張感をもたらしてくれます。

そうなれば仕事に慣れて飽きたなんて言ってる暇はなくなります。

いまの会社で出世できない状況なら転職して下さい。

出世して上に行けば、仕事が飽きたなんて言ってる場合ではなくなります。

しかし、いまの状況が出世できる環境にない人もいるかもしれませんね。

出世していく人はどんどん階段を登って行きますが、出世とは無縁の人はいまのポジションのまま終わっていきます。

あなたはどちらの立ち位置か?社内に居れば自分で何となく分かりますよね。

多分、比率で言うと出世とは無縁の環境で仕事をしている人の方が圧倒的に多いかもしれませんね。

そうであれば、出世できる可能性のある会社に移ってください。

そのさいには好きな仕事を選んではいけません。得意な仕事を選んでください。

⇒ミドル世代の転職は『好きな仕事』よりも『特異な仕事』で勝負せよ。

得意な仕事を選んで、そこで実績を積んで出世して下さい。

そうすれば、仕事が飽きたなんていうことはなくなります。

おわりに

仕事なんて普通にしていたら飽きるものです。

だから少しずつでも変化をつけて、同じことを繰り返さないようにしなければいけません。

その一つの方法が、出世して上を目指すということです。

上に行けば行くほど、やることがいっぱい。考えることがいっぱいです。

そして、仕事に飽きる原因としてもう一つ上げられるのが『仕事と能力の関係』です。

もしあなたがいまの仕事に飽きているのあれば、自分の能力以下の仕事をしている可能性があるということです。

別の言い方をすれば『仕事が物足りない』ということですね。

仕事が楽勝すぎる。だからもう飽きちゃったよ。というのであれば、仕事を変えた方がいいでしょうね。

詳しくは下記の記事にて書いています↓
・いまの仕事に物足りなさを感じてならば、転職を検討したほうがよいでしょう。

仕事に飽きたと一口に言っても、人それぞれの理由があります。

仕事のマンネリ化で飽きたのであれば、上を目指して突き進むことで飽きることから解放されるでしょうし、仕事が物足りなくて飽きたのであれば、能力に見合った別の仕事を就くことで飽きることから解放されます。

いずれにせよ、仕事に飽きるということは悪いことではありません。

飽きっぽい性格というと悪い意味で使われることが多いですが、仕事に関して飽きっぽいのは全くもって普通のことです。

だって毎日同じことやっているのですから。飽きて当然です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました