環境次第で人は変わります。いまの会社で評価されていないのなら環境を変えてみよう。

生き方

あなたはいまの会社で評価されていますか。

この質問に「はい、評価されています」と答える人は、そうそういないでしょう。

ほとんどの人は、いまの会社できちんと評価してもらっていないと感じているのではないでしょうか。

そうした場合、一つの対処法として『環境を変えてみること』をオススメします。

環境を変えることで、何かが変わってきます。

それは『新しい風』が吹き始めるからです。

新しい風というと抽象的な表現になってしまいますが、要はあなたへの評価が変わってくるということです。

環境の変化が、あなたを変えてくれるわけです。

では、環境を変えるとは具体的に何をすればよいのか?

大きく3つあります。

①『会社を変える』

②『仕事を変える』

③『仕事のやり方を変える』

いまの変わり映えのしない環境から離れて、別の景色を眺めることが必要です。

人は環境次第で化ける生き物です。

現状に納得していないのであれば、どんな形でもいいので変化をつけることです。

そうすれば、あなたは必ず変わり始めます。

今回は、環境次第で人は変わることができるというお話しです。

 

スポンサーリンク

環境次第で人は変わることができます。

会社員としての現状に、何らかの不満を持っている人は多い。

評価に不満?活躍できない不満?チャンスがないことへの不満?

そういった時は、思い切って環境を変えてみるのも一つの方法です。

環境を変えると言うと、まずは会社を変える、つまりは転職ということになります。

たしかに転職すれば、周囲の環境はガラリと変わります。

特に大きいのは、一緒に働く人間が変わるということです。

同じ仕事をしていても、同じ待遇で仕事をしても、人間関係が変わるだけで全く別次元にワープしたかのような感じを得ることができます。

2つ目は、仕事を変えることです。

この場合の仕事とは職種ですね。

いまの会社で希望を出して仕事を変えてもよいし、別の会社に移って新しい仕事をするのもよいでしょう。

3つ目は、仕事のやり方を変えることです。

仕事をやり方を変えるとは、ずばり『副業をすること』です。

どうして副業をすることが環境を変えることになるのか?

副業でもバイトのような雇われではなく、一人社長としてやる『副業』です。

会社員という雇われの身から、すべてを自分で決めることができる身に変わるわけですから、仕事のやり方という面で環境が変わったと言えるのではないでしょうか。

では、3つそれぞれについて詳しく見ていきたい。

①会社を変えることで環境を変える。

いまの会社で評価されていなければ、会社を変えるのが最も効果的かもしれません。

転職をすれば、新しいものが3つ入ります。

1つ目は、新しい人間関係です。

上司や部下、同僚をリセットできます。

人間関係はストレスの最大の原因です。それが転職で全くの白紙からスタートできれば、なにかワクワクする気持ちにもなれます。

2つ目は、新しい評価基準です。

会社員である以上、評価されなければ何も始まりません。

給料や昇格昇進といった会社員としての目的を手にするには、評価を得る必要があります。

いまの会社で評価されなければ、新しい会社での評価基準で自分の能力を試すことができるのです。

詳しくはこちらの記事でどうぞ↓
・人の評価なんて会社が変わればガラリと変わります。

3つ目は、新しい会社にいけば、期待されることになります。

いまの会社で窓際に置かれ、期待もされていない存在だとしても、新しい会社にいけば、採用された以上は期待されている証拠です。

それがモチベーションになって、気持ちよく仕事ができます。

期待されるということはそれだけ仕事をする上でのパワーとなります。

以上の3つが、転職することで環境の変化をもたらす根拠ということです。

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事でどうぞ↓
・転職最大のメリット。それは転職すれば自動的に3つのものを手にできること。

②仕事を変えることで環境を変える。

仕事を変えることは、会社を変えることよりも大きな決断を必要とします。

若い時であれば新しい仕事で職に就くこともできますが、30代半ばを過ぎての新しい仕事となると、受け入れてくれる会社があるかどうかです。

だた、それでも全く可能性がないわけではありません。

本人に強い意欲があれば、40代になっても未経験の新しい仕事に就くことは十分に可能です。

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓
・40代で未経験職種へ転職するには、基礎能力が高いことが必須条件です。

全く新しい仕事に就けば、一から勉強しなければなりません。

これまでの仕事で積み重ねた知識や経験を捨てることになり、それはつまり自分のアドバンテージを放棄していることになります。

それでも、現状に閉塞感を感じている人にとっては良き選択になるかもしれません。

まったく新しいことにチャレンジすることで新しい風が吹き始めます。

そこで自分の未知の可能性を見出すことだってありえますからね。

③仕事のやり方を変えることで環境を変える。

会社員は雇われの身です。

何をするにも上司の許可が必要となります。

そして、上司から許可が出てもそれで終わりではありません。

定期的に報告し、そして指示を仰がなければならない場合もあります。

口うるさい上司であれば、逐一口を挟んでくることも。。。

こういった煩わしさから解放されたい。

それならば『一人で出来る副業』をすることです。

副業は本業での収入の補てんといった位置づけが一般的ですが、今回はそうではありません。

上司に指示されるという環境を脱して、自分で決断するという環境で仕事をするために『副業』をするのです。

どのような副業をすればよいかは以下の記事に書いています↓
・おすすめの副業は『FX』もしくは『プログラミング』の二択です。

副業を通じて、自分で全ての決断、そして全ての責任を取るといったことを経験してみて下さい。

会社員の時と違って、新しい何かが自分のなかで芽生えるかもしれません。

例えば、副業で収入を上げた時の達成感といったものがあります。

副業での収入は、会社の看板とは無関係で、自分の一人の力で勝ち取ったものです。

きっと嬉しさがこみ上げてくるでしょう。

そして、副業で成功することができれば、それは起業家としての素質があるということになります。

元々、会社員としての成功と起業家としての成功は異質なものです。

会社員として評価されなかった人が副業で花開くということはよくあります。

会社という環境から副業という環境へ働く場所をシフトすることで、大きな飛躍を遂げるきっかけを手にすることになります。

おわりに

環境次第で人は変わります。

もし、あなたがいまの会社で評価されていなければ、環境を変えてみることです。

人それぞれ、生きていくのに適した場所があります。

それを早く見つけることが、気持ちよく仕事ができ、楽しく仕事ができ、そして富や評価を得ることにつながります。

会社を変わった途端に、伸びていく人

仕事を変わった途端に、伸びていく人

会社員から独立した途端に、伸びていく人

もし、あなたがいまの会社での評価に悩んでいるのであれば、環境を変えてみることで何か新しいものが見えて来るかもしれません。

いまの位置でもがくこともよいですが、少しでも動いて環境を変えてみるのも一つの方法ではあります。

手始めとして、まずは会社を変わってみるのがよいでしょう。

仕事を変えるのはリスクが大きいですし、副業はいつからでも始めることができます。

そう考えると、まずは会社を変えてみることです。

⇒転職活動にはやるべきことの順番がある。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました