30代で転職のために資格を取っても役立たない。それよりもITの知識を身に付けよう。

働き方

「転職を成功させるために資格を取ろう。」

「資格は採用試験でのアピールに役に立つ。」

これらは、資格の専門学校がよく使う広告用の宣伝文句です。

資格は持っていないよりも、持っているに越したことはありません。

しかし、資格取得は、ただの学習にすぎません。

その資格に関する知識をもっていることを証明しているにすぎません。

 

一方で、会社でやっていることは仕事です。

露骨に言ってしまえば、カネ稼ぎ。

会社は、資格を持っていようが、持っていないが関係ありません。

会社に利益をもたらしてくれる人かどうか。そこにしか興味はありません。

資格に関してよく言われる言葉があります。

「資格を持っていても、仕事ができなければ意味がない。」

この言葉は、実に的を得ています。

 

私は、勉強することがダメだと言っているわけではありません。

むしろ、素晴らしいことだと思っています。

ただし、せっかくお金や時間を費やして勉強するのであれば、

将来性のある、かつ、世の中のニーズのあるものについて学ぶべきなのでは。』

と言いたいだけなのです。

そこで、私がオススメしたいものが「ITスキル」です。

ITスキルを身に就けるための学習をするべきだと思っています。

今回は、転職のために資格を取得することがダメな理由、そして、その代わりにITスキルの取得を勧める理由を説明します。

 

スポンサーリンク

30歳過ぎで転職のための資格取得は遅すぎる

勉強することは良いことです。

資格を取ることも良いことです。

しかし、30歳過ぎで転職のために、わざわざ時間とお金を使ってまでして、資格を取得する価値があるでしょうか。

20代であれば、まだまだ先が長いので、応募先の会社に

「資格勉強を通じて知識を習得しました。」

とアピールすることができるかもしれません。

 

しかし、30歳過ぎで、そういったアピールをしても全くの無駄です。

会社は、30歳過ぎの社員を「将来性を見越して、じっくり育てよう」とは考えていません。

30代以降に求めていることは、『すぐに会社に利益をもたらしてくれ』の1点です。

ゆえに、資格は必要ないのです。

以上の理由から「30歳過ぎで資格を取ってもすでに遅すぎる。」ということです。

ITに関する知識を学ぼう

30歳過ぎてもなお、転職のために資格を取ろうと気概を持つこと。

これは、素晴らしいの一言です。

ただ、せっかく、そういった気持ちを持っているのであれば、努力する方向を実りのある方向へ向けることをオススメしたい。

その方向とは、ITに関する知識を学ぶことです。

ITの時代と言われて、もうずいぶん経ちます。

「なぜ、いまさらITなのか。」といった反論が聞こえてきそうですが、その反論には次の言葉を持って反論します。

『ITは、いまさらではなく、いまからです』

これからは、人手不足での時代です。

人手が足らなくなれば、その部分をITを活用することで補っていくことになります。

そこで、いまや世間を賑わせているAIやロボットが登場してきているわけです。

さらには、モノのインターネット化(IoT)で身の回りのあらゆるモノがインターネットで繋がる時代に突入し、ITの知識がますます必需品となってきます。

こういった環境の変化は、一過性のものではありません。

それこそ、時代の変化の言っていいくらいの大きなものとなっていきます。

私はそう確信しています。

であれば、AIやロボットなどの知識を習得しましょうと言いたいところですが、一般の人がそこまでの知識を得る必要はありません。

ただ、少なくともITの基本的知識は身に付けておくべきです。

 

私の会社では、新しくパソコンを購入したとき、初期設定をする担当者が決まっています。

初期設定から、ネット接続から、メール設定まで。

これは、その担当者しか初期設定のスキルを持っていないということです。

決して担当者以外が設定することを禁じているわけではない。

それくらいに、IT、パソコンに関する知識を持っている人が少ないということです。

これが現実です。

「IT化だの、ITの時代だの」と叫んだところで、ほとんどの人はネットサーフィン、もしくはスマホゲームをするくらいで仕事に活かせるレベルのIT知識は持っていません。

だから、私は断言します。

「社内でITに詳しい人は、いまでも、そしてこれからも必ず重宝されます。」

特に、ネットワーク社会ではセキュリティの知識は社内では必須ですが、そういった知識を持っている人は、そうそうはいません。

こうした背景から、私は、「ITに関する知識習得にエネルギーを費やすべき」と主張しているのです。。

いまからでもIT関連業界に転職してもいい。

ITの知識を習得といっても、「自分の仕事に、ITは必要ないので学習意欲が湧かない。」といった人もいるでしょう。

いまは直接的には仕事に必要ない人も、これからは必要になってきます。

これからは、なくては困るものになってきます。

それは、仕事面でも、生活面でも両方においてです。

 

それでも、いまは、ITの必要性を感じていないため、学習意欲が湧かないのであれば、いっそのことIT業界に飛び込んではどうですか。

IT業界に行く決意をすれば、学習意欲も湧いてくるでしょう。

そして、最新のITテクノロジーを身に付けてください。

どうせやるのであれば、とことん突き詰めていきましょう!

IT業界は、将来有望な数少ない業界です。

30歳過ぎても最新のテクノロジーのスキルを身に付ければ、転職にも苦労することはありません。

さらに良いことに、テクノロジーのスキルを身に付けておけば、独立して仕事することもできます。

会社嫌いの人には、もってこいのスキルです。

また、独立しなくても、会社勤めをしながら副業というのも可能です。

舞い込んでくる仕事量は半端ないです。それくらいニーズは高いのです。

仕事をしながら最新のテクノロジーを学ぶには、通学不要なオンライン学習がオススメです。

・TechAcademy [テックアカデミー]

おわりに

これからの時代は、AIが発展してくるにつれて、人間ができる仕事は確実に減ってきます。

例えば、無人運転ができれば、タクシーやバス、電車の運転手という仕事は、この世から消滅します。

こうした動きは、あらゆる分野や業界で加速するでしょう。

そうしたなか、決してなくなることはない仕事で、かつ、高給を取れる仕事があります。

それが、IT職です。

(ちなみにもう1つあって、それは営業職です。あくまでも個人意見ですが・・・)

AIやロボットが人間に代わって働いてくれます。

しかし、それらを動かしているのは人間です。

そして、その仕事が『IT職』です。

AIやロボット、テクノロジーが発展すればするほど、IT職のニーズは高まるばかりです。

 

30歳過ぎても遅くはありません。

役に立たない資格を取る暇があれば、ITスキル、最新のテクノロジーを身に付けることです。

それが、あなたの将来を明るいものとすることは間違いありません。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました