40代が、平均年齢20代の会社に転職してはいけません!

転職の注意点

仕事探しで求人票を見るときに、真っ先に目が向かう項目がどこですか。

おそらく『仕事内容』や『待遇面』といった項目あたりでしょうか。

それ自体はごく普通のことです。

じつは、それらの項目と同じくらい大事な項目がもう一つあります。

その項目とは『社員の平均年齢』です。

なぜ、大事なのか?

それは、働きやすさと深い関係があるからです。

転職先の会社が『働きやすい会社』かどうかは、転職において最も大事なことです。

働きにくい会社に入って長く勤めることができなければ、希望の仕事も、あるいは希望の給料も手放さなければならなくなるからです。

そして、働きやすさを決める要因の一つが『社員の平均年齢』ということです。

もし、あなたが40代であれば、社員の平均年齢が20代の会社では働きにくさを感じることになるでしょう。

さらに言うと、平均年齢20代の会社に入っても馴染めませんし、能力も発揮できません。

年齢が離れるということは、それだけで仕事をする上での大きな障害になりうるのです。

今回は、社員の平均年齢が自分の年齢から離れている会社では、働くべきでないとする理由について説明します。

 

スポンサーリンク

求人欄にある『社員の平均年齢』から何が読み取れるか。

求人情報を見るときに、応募先企業の平均年齢を確認している人がどれだけいるのだろうか。

「平均年齢なんて後回しだ。まずは、給料、仕事内容、休日数の項目が優先だ!」

たしかに、そうなりますね。

私も、給料や仕事内容が優先です。

では、最後に平均年齢を確認するかというと、結局、確認せずに応募する人がほとんどではないでしょうか。

これは、本当にもったいないことです。

実は、平均年齢を確認することで『会社の社風』が分かるのです。

会社の社風は、あなたの能力の発揮できるかどうかの重要なものです。

詳しくは、あなたの能力を発揮するには、自分に合った社風の会社で働くことです。をご覧でください。

つまり、会社の社風を知る大事な手がかりを、みすみす見逃しているのです。

ここで、平均年齢20代の会社と、平均年齢50代の会社の社風をイメージしてみて下さい。

平均年齢20代の会社と、平均年齢50代の会社の社風が異なることは何となく想像できるのではないでしょうか。

20代の会社は元気が良くて活気があり、サークルの延長線上の部分もあります。組織としては、上下関係が薄く、規律も厳しくはない。

一方の50代の会社は活気に乏しく、良く言えば落ち着いた雰囲気の会社です。上下関係に厳しく、社内政治に明け暮れている感じです。

平均年齢20代の会社に転職すると疎外感を感じることになる。

あなたが40代であれば、平均年齢が20代の会社でも、50代の会社でも、どちらにおいても働きにくい環境であることは想像できます。

なぜなら、あなたの年齢と、会社の平均年齢が離れてしまっているからです。

それでも、平均年齢50代の会社は働けなくはありません。

40代、50代共に社会人経験が豊富なため、お互いに人間関係を築くことはできるからです。

しかし、平均年齢20代の会社ではそれも難しいでしょう。

正直言って、平均年齢20代の会社へ転職すべきではありません。

40代のあなたが、20代の会社に行くとヒドイ目にあうことは間違いないからです。

どんなヒドイ目に会うか??

20代の社員からすると40代は眼中にない存在です。人間関係を築く対象に入っていません。

これは入社したばかりの40代にはツラいことです。

それでも仕事上必要であれば、20代は40代とコミュニケーションを取ることは取ります。

ただし、こうした仕事上のコミュニケーションは「40代の上司と20代の部下」、または「40代の会社の先輩と20代の後輩」といった上下関係が成り立っていることが前提です。

しかし今回は、40代のあなたが平均年齢20代の会社に「転職する」のです。

分かりやすく言えば、20代の社員にとって、40代のあなたがいなくても仕事が滞ることはないということです。

つまり、20代の社員は40代のあなたとコミュニケーション取る必要がないということなのです。

あなたは、20代の社員のなかで疎外感を感じ続けることになるのは必至です。

以下は、私の会社で実際におこった話です。

私が33歳のときに、60名くらいの設計会社で総務人事の仕事をしていました。

この会社の平均年齢は30歳でした。

そこに、45歳と52歳の男性が中途入社してきました。

二人とも、学歴も職歴も申し分のない大変優秀な方でした。

しかし、45歳の人はわずか3カ月で退職、52歳の人も1年くらいで退職しました。

退職理由は、2人とも、人間関係です。会社に馴染めなかったという理由です。

周囲が20代~30代が多かったため、孤立してしまっていたのです。

平均年齢20代の会社はブラック会社の可能性あり。

40代のあなたが平均年齢20代の会社に行くべきでないとする理由は「社風に合わずに疎外感を味わうこと」だけに留まりません。

もう一つ大きな理由があります。

それはブラック企業の可能性があるということ。

平均年齢が20代という若さであると、社員が長く勤めることができない原因を抱えているのではないかと疑ってしまいます。

30代あたりから給料が上がらない。30代あたりから極端に仕事がきつくなる。

何かしら社員を大切にしていない原因がある可能性が高いということです。

そのような会社に、40代のあなたが入社して長く勤まると思いますか。

結果は、火を見るよりも明らかです。

平均年齢20代の会社に転職するのであれば2つの条件は満たすこと

平均年齢が20代の若い会社に行くべきではないが、それでも仕事内容が魅力的、勤務地が希望に合うなどの理由で、入社したいと思う人もいるでしょう。

その場合は、以下の2点だけは抑えておきましょう。

①管理職待遇で入社すること

②新しく就く職を他人の力を借りずにやれること。

とにかく、平均年齢20代の会社に40代がいきなり飛び込んでいくと、疎外感を受けます。

それがエスカレートすれば、露骨に無視されることもありえます。

それを防ぐためには『権力』『仕事力』の2つをもって制することです。

ここで大事なことは権力だけでは若者は付いてきません。

やはり、20代を圧倒するだけの仕事での実績を見せる必要があります。

おわりに

今回は、40代が平均年齢20代の会社に入ると、悲惨な状況になることをお話ししました。

最後になってしまいましたが、大事なことを書き忘れていました。

「会社の平均年齢」の確認が重要だと言いながら、国内最大の求人数を誇るハローワークの求人には『会社の平均年齢』は記載されていません。

本当に残念なことです。どうして記載していないのか理解に苦しみますね。

ハローワークの求人に対しては他にも問題点が多々あります。もう少し求職者の立場になってほしいものです。

それでも、ハローワークの求人は転職するためには絶対に欠かせません。

ハローワークの上手な活用法を知りたい人は、ハローワークの『質の悪い求人』への対処法をご覧ください。

ハローワーク求人以外では、民間の転職サイトの求人がありますが、残念ながら多くの転職サイトの求人にも「平均年齢」は記載されていません。

となれば、残るのは一つです。

『転職エージェント』が扱う求人情報のみが『平均年齢』を知ることができます。

転職エージェントは、あなたの希望条件に合った求人情報をメールで送ってくれるサービスをおこなっています。

求人情報に関する疑問点については、キャリアアドバイザーが誠実に答えてくれます。

その際に求人募集の会社の『平均年齢』をたずねて下さい。ついでに社風についても聞いておきましょう。

転職エージェントは登録無料です。

求人を紹介してくれるサービス以外にも、あなたの適性診断や面接対策などのサービスも行っています。

転職エージェントについては、最大手の『リクルートエージェント』と、最多の求人情報を持つ『ビズリーチ』の2社に登録しておけば充分です。

『会社の平均年齢』に着目して、会社選びをする人は多くはいません。

しかし、働き続けるためには大事な項目の一つです。

そのことを頭の片隅に入れて、これからは求人情報を見るようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました