40代で自分しか親の面倒を看る人がいない時は、パート+副業で乗り越えよう!

介護 働き方

あなたが40代であれば、親御さんはかなりの年齢に達しているのではありませんか。

すでに介護が必要な方もいらっしゃれば、元気で仕事に、趣味に勤しんでいる方もいらっしゃるでしょう。

いまは元気でも、遅かれ早かれ、いつかは直面するのが親の介護問題です。

家族や兄弟で支えることができる環境であれば良いが、一人で親の面倒をみなければならない人もいるでしょう。

果たして、そういった人はどうするのか。

これは本当に悩ましい問題です。

その多くは、残念ながら、親の介護のためにやむを得ず会社を退職することになります。

いわゆる『介護離職』というやつです。

日本には介護制度があります。

そして、会社では介護休暇の取得も認められています。

にもかかわらず、親の介護のために会社を退職しなければならないのです。

それとは別に、もう一つの問題が残っています。

それは自分の生活をどうするかです。

親の介護をしながら、自分自身も生活をしていかなければなりません。

会社を辞めて、何もしないわけにはいきません。

やはり何らかの仕事はしていかなければならないでしょう。

その場合には、勤務時間短縮のパートを選択しながら、副業をすることをオススメします。

正社員でのフル勤務で働けるのであれば、それに越したことありませんが、どうしても時間の融通が利きません。

パートであれば、時間の融通を効かせながら、介護制度を利用して仕事は続けられます。

ただ、パートだけだとどうしても収入に限度がでてきます。

そこで、副業の出番です。

副業で収入の不足分を埋めていく。

今回は、40歳を過ぎて親のためにやむを得ず退職した人、または、これからそうなるかもしれない人へ、いまから準備として副業を開始することをオススメします。

 

スポンサーリンク

介護制度を利用するだけでは親を介護できない。

現行の介護制度は、介護サービスの必要なレベルを7段階に設定しています。

本人の身体の状態によって、「要介護3」とか「要介護2」といった感じで認定を受け、その認定レベルに応じた介護サービスを受けることになります。

要介護度の低い人は、要介護度の高い人に比べて、身体の状態が軽度ということで、受けられる介護サービスの範囲が限られます。

多くの人が利用している「デイサービス」は、要介護度が低い人が受けている代表的なサービスです。

デイサービスとは、昼間に日帰りで利用する介護サービスのことです。

このサービスを受けている人の中には、要介護度が低いといっても、一人で普通に歩けない、買い物も行けない、トイレも行けない人もいます。

つまり、自力で生活することができないのです。

しかし、生活することが困難だからといって、施設には入所できません。

要介護度が軽いため、そこまでの介護サービスが受けることができないからです。

そういった場合、家族が家で生活の面倒を見なければならないのです。

家族構成によっては、会社を退職せざるを得ない人も出てきます。

こうして『介護離職』というものが生じてしまいます。

酷な言い方ですが、親の身体の状態がひどくて高い要介護度であれば、施設に入所できるため、家族が家で面倒を見る必要がなくなります。

そうであれば、介護のために会社を辞める必要もなくなります。

パートをしながら介護時間を捻出しましょう。

親の介護が必要になったとき、どうすればよいか。

まずは、仕事を続けることを前提に考えるべきです。

できれば、正社員で働きたいと思うのが人の常です。

しかし、正社員となればフル勤務で、責任も出てくるため、介護のために休むことが難しいのが現状です。

やはり、介護の時間を考えれば、フル勤務での勤めは難しいでしょう。

その場合は、パートといった形での時間に融通が利く働き方を選択するべきです。

正社員以外の職探しであるならば、40~50代でもすぐに見つかるはずです。

問題は、それだけの収入で、生活が成り立つかどうかですね

若いときの蓄えがあれば問題ないのでしょうが、なかなかそこまでの余裕がある人はごく限られた人です。

となれば、パート以外に収入の道を確保しなければなりません。

パート+副業で生活設計しましょう。

親の介護を優先した生活設計をしようと思えば、時間の確保は絶対条件です。

介護の時間の合間を縫って、仕事をしようと思えばパートとして働くことが合理的ですね。

でも、それだけでは生活が成り立たない。

ということで『副業をしましょう』ということです。

もう少し突っ込んだ表現をすると、副業をしなければいけません。

それ以外に収入源を確保する方法がないからです。

でも、副業と言っても何をすればよいのか。

副業というとバイトをイメージする人が多いですが、このケースの場合はそれは無理でしょう。

このケースでの副業は、時間を自分でコントロールできるものでなくてはいけません。

介護時間を確保するための副業ですから。

となれば、誰からも雇われない副業となります。

一人で、介護時間の合間を縫って出来る副業ということになれば、

『FX』もしくは『プログラミング』

のいづれかをオススメします。

この2つの副業については、介護時間の合間を縫ってでもできる副業です。

『FX』や『プログラミング』については以下の記事にて詳しく解説していますので、是非一読ください。

⇒おすすめの副業は『FX』もしくは『プログラミング』の二択です。

どうして、この2つを副業としてすすめるのか?

ひと言でいえば、努力次第で会社の給料を上回る収入を手にできるからです。

それだけの収入を手にできれば、パートを辞めることができます。

パートは労働時間に融通が利く働き方ができ、生活の最低限の糧を得るために必要ですが、副業が軌道に乗せてしまえば、辞めることができます。

パートといっても、会社勤めに変わりはありません。

介護に専念するためには、できればパートとはいえ会社の拘束からは逃れたいところです。

ただ、この2つの副業で収入をあげることは決して簡単ではありません。

それなりの勉強と訓練を積むことは求められます。

そのことはしっかりと肝に銘じておいて下さい。

おわりに

介護をすることは、それだけでも大変なことです。

そのうえ、会社勤めができなくなれば、自ら収入源を確保しなければなりません。

そこで、私がすすめるのが『FX』もしくは『プログラミング』を副業としておこなうことです。

この2つの副業を究めようとすれば、それ相応の勉強を必要とします。

でも、ものは考えようです。

多少の勉強をすることで、介護しながら自ら生計を立てることができるのです。

『FX』や『プログラミング』は生計を立てるのに十分な収入をもたらしてくれます。

もしかするとパートを辞めて、副業一本で生計を成すことだってできるかもしれません。

それだけの爆発力を秘めた副業である『FX』と『プログラミング』に是非チャレンジしてみて下さい。

⇒おすすめの副業は『FX』もしくは『プログラミング』の二択です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました