40代の転職では志望動機を正直に言うべきです。

面接

転職希望者は、数ある求人の中から希望の求人を見つけ応募します。

数ある求人の中から、あなたがその求人を選んだのには、あなたなりの理由があるはずです。

その理由こそが『志望動機』です。

面接で志望動機を聞かれるとき、正直に言って良いものだろうかと悩む人がいます。

「給料を上げたくて応募しました」「休みが多く欲しくて応募しました」といったような欲求を表に出したのでは不採用にされてしまいかねない。

そう勝手に思い込んで、ついつい当たり障りのない志望動機を言ってしまったりもします。

はたして、志望動機は正直に言うべきか。それとも当たり障りのない理由を言っておくべきか。

結論だけを先に言えば、志望動機は正直に言うべきです。

ただ、面接は駆け引きの部分があるので、何でもかんでも正直に言えばいいというものではありません。

今回は、40代が面接で志望動機を聞かれたさいに気を付けるべき点について説明します。

 

 

スポンサーリンク

40代の転職は志望動機を正直に言うこと

40代での中途採用となると「キャリア採用」となります。

キャリア採用とは「一定の知識や経験を持った人材を採用すること」です。

40代ともなれば、転職希望者の方も、キャリア採用を望んでいます。

年齢的に全くゼロから未経験の仕事を覚えるだけの気力や体力がないという人がほとんどでしょうから。

もちろん、40代でも未経験の仕事をしてみたいという気概にあふれた人もいます。
・40代で未経験職種へ転職するには、基礎能力が高いことが必須条件です。

一方で、会社も40代には即戦力としての活躍を期待しての採用となります。

『40代の転職はキャリア採用』ということが暗黙の了解になっています。

ところで、キャリア採用での応募には、気を付けなければならないことがあります。

それは、志望動機を聞かれた際に、

「御社の求人の仕事内容を見て、これまでの経験や知識を活かせると思い応募しました」

とは絶対に答えないことです。

40代でキャリア採用の応募なのだから、これまでの経験や知識を活かすのは当たり前の話です。

そういった建前論な志望動機は、面接官の心に何も残りません。

こういった場合は、素直に、志望理由を言った方がよいのです。

私の場合は、全ての面接で志望動機を聞かれると「待遇を上げるため」とはっきりと答えていました。

実際、待遇を上げたくて転職してたので。

さらにもう一つ。

40代にもなって、新卒の学生の就活のように

「御社の事業内容に将来性を感じたので応募しました」

「御社の成長と共に自分も成長したいと思いましたので応募しました」

といった回答も絶対にしないで下さい。

40代では、そんな社交辞令的な志望動機は必要ありません。

40代の採用はキャリア採用です。

40代を採用したいという意志を持っている会社は、即戦力に成りうる人を求めています。

時間をかけて育てようという考えはなく、実績だけを求めてきます。

まさに『損得勘定』で採用を決めているのです。

ゆえに、応募する40代も遠慮は要りません。

40代の応募者も損得勘定の姿勢で挑み、希望するものをしっかり主張し、それを手に入れるべきです。

そうでなければ『転職する意味』がありません。

  • 高給が欲しいのであれば、高給に惹かれての応募であると言いましょう。
  • 希望職種に就きたいのでれば、職種に惹かれての応募であると言いましょう。

ただし、一つだけ言わないない方が良い志望動機があります。

その志望動機とは「休日数」に関するものです。

休日数が多いからを志望動機として言ってしまうと、会社からやる気がないように見られてしまうからです。

あなたが損するだけです。

そこは嘘でも良いので、他の志望動機を言うべきです。

志望動機を正直に言うことのメリット

40代の面接試験は条件闘争の場でもあります。

そのため、志望動機は正直に言って希望するものを手に入れましょう。

「給料を上げるために志望しました」

「残業のない生活を送るために志望しました」

と、正直に言いましょう。

詳しくはこちらの記事に書いています。↓
・転職面接は交渉です。有利な条件を引き出すためにやるべきことがある。

そして正直に志望理由を言うこと』には、思いがけないメリットがあります。。

以下は私の体験談です。

私は給料を上げるための転職を希望し、ある会社の面接に行きました。

そこで、私は志望動機を聞かれた際に「給料を上げるために応募しました」と正直に言ったところ、次のように面接官から言われました。

「当社に入社しても、あなたの希望する給料は支給できません」

その瞬間の私の気持ちは「残念」の一言です。

しかし、時間が経つにつれてその気持ちに変化がありました。

「面接官が正直に言ってくれてよかった」という気持ちになったのです。

どういうことか。

転職の最大のリスクは「転職してみたら、こんなはずではなかった」という事態になることです。

私の希望が叶わないことが入社前に判明したので、転職の最大リスクを避けることができたました。

これは、私が正直に志望動機を述べたことで、面接官がその希望が叶わないことを教えてくれたおかげです。

逆に、正直に志望動機を言わなければ、入社後に希望が叶わないことを知り絶望することになったのです。

これは、天と地ほどの大きな違いです。

おわりに

40代での転職となると、面接試験が条件交渉を兼ねている場合もあります。

もし、志望動機が給料アップであれば、正直に言っておかなければ、採用されたとしても低い給料のままかもしれません。

低い給料のままであれば、そもそも転職する必要はありませんよね。

こうしたことを避けるために『何を望んでの転職か』を胸に刻んでおくことが大変重要になってきます。

そして、その胸の内を面接で堂々と主張することです。

転職は、採用されることが目的ではありません。

あなたの望むものを手に入れることが目的です。

しかし、もし転職の目的が「会社に採用されること」であれば、どうなのか?という疑問は残ります。

「いまは無職のため、とにかく仕事を決めたい」

「いまの会社に居づらいので、どこでも良いので転職したい」

といった事情を抱えた人も当然いるでしょう。

そういった人は、志望動機を聞かれたらどう答えればよいのか。

その場合の志望動機は「募集している仕事をやりたくて応募しました」と答えてください。

嘘でもいいのです。

とにかく仕事を決めたいということであれば、会社に気に入ってもらえる回答をすることです。

会社は仕事に前向きな人を好みます。

だから求人の仕事をやりたいことを志望動機にあげれば、採用確率は高まることになります。

志望動機は、応募者の置かれている立場によって臨機応変に答えればよいのです。

「給料を上げたい」といった志望動機は、いま在職中で、好条件が出ない限りいまの仕事を辞める気がない人にとっては、言っても大丈夫な志望動機ということです。

いまの自分の立場を理解して、強気に攻めるか、それとも少し抑え気味に攻めるのかを考えることも面接を勝ち抜くためには大事なことになります。

合わせ読みたい

40代が面接に挑むときには見た目も大事です。
・40代が面接に挑むとき、必ずバイタリティーがあることをアピールすること。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました