40代は年齢を理由に不採用になることも。しかしそれを恐れて応募を諦めるのは最悪です。

転職の不安

転職活動は、求人情報の閲覧から始まります。

主な情報源は『ハローワーク』と『民間の転職サイト』といったところになります。

まずは、あなたの希望する条件に合う求人案件があるかどうかですね。

そして、ついにあなたの希望する求人案件が見つかったとしましょう。

「さあ、応募しよう!」とそのまま行動に移すと思いきや、ここでブレーキがかかってしまうのです。

「はたしてこの求人に応募して、私は採用されるのだろうか」

このようなことが頭をよぎって応募を躊躇してしまうのです。

これは『40代の応募者』によくあることです。

つまり、年齢が高くなるにつれて、年齢を気にかけてしまうのです。

年齢を理由に行動にブレーキがかかることは、なにも転職活動だけではありません。

趣味で新しいことを始めるときでさえ、年齢を気にして躊躇してしまうことがあります。

採用者側の立場からすると、できるだけ若い人を採用したいという気持ちは正直あるでしょう。

私は以前採用の仕事をしていたので、その気持ちは理解できます。

しかし、年齢は採用基準の上位ではありません。

やはり、応募者の能力や経歴、そして人間性で採否は判断されます。

ゆえに、あなたが40代であっても、年齢を気にせずに応募するべきです。

ただ残念なことに、求人の中には「年齢制限」をかけているものもあります。

その理由については、会社それぞれの考えがあってのことでしょう。

応募する私たちにとっては、応募できる求人数が減るといった程度の問題です。

『年齢不問』の求人を探せば良いだけです。

今回は、40代という年齢を理由に応募を諦めることは大きな損失であることについてお話しします。

 

スポンサーリンク

応募者の年齢を制限する会社の狙いとは。

私は応募者に年齢制限をかける会社に魅力を感じません。

まずは、その点について述べたい。

求人案件のなかには『年齢制限』をしている求人があります。

年齢制限は「30歳以下のみ応募可」といったように『年齢に上限』を設けているものがほとんどです。

一方で「50歳以上のみ応募可」のように、年齢が高い人を限定する求人は見たことがありません。

これは、年齢が若いということを『1つの能力』と考えている証拠です。

例えば、体力が必要な仕事に対して年齢制限をかけている求人があったとしましょう。

この求人に対しては、年齢が若いというスキルが役に立ちます。

体力が必要な仕事に対しては、年齢が若い人の方が年齢の高い人に比べてパフォーマンスが良い可能性が高いからです。

つまり、この求人に関しては『年齢制限することは業務上必要なこと』です。

しかし、こういった業務上の必要性からの年齢制限は少数です。

ほとんどの求人は、別の目的で年齢制限をかけています。

その目的とは、ただ単に年齢が若い人の方が「使い勝手が良い」からです。

会社が考える若者採用の具体的メリットをあげると以下の通りです。

  • 賃金が安くてすむ
  • 雑用でも何でも仕事を頼みやすい
  • 将来性があるので仕事の教え甲斐がある

こういったメリットのために「年齢制限」をかけているのです。

こういった採用手法は、会社にとってのチャンスを溝に捨てている面があります。

年齢制限をかけるということは、優秀な人材を獲得するチャンスを放棄しているようなものです。

そんな採用戦略を用いている会社に将来性を感じません。

ここで、ひとつの例をあげましょう。

いま、ハンバーガーショップの店員に60歳を過ぎた女性が多くいます。

一昔前であれば考えられません。

イメージ的には「ハンバーガーショップの店員は若い女性」です。

でも、よくよく考えれば、業務の性質上、年齢なんて関係ないですよね。

むしろ、若い人よりも年配者のほうが、家事に慣れていて業務に適しているかもしれません。

これからは人手不足がさらに進みます。

採用に関しては、門戸を広げて対応する方が会社にはメリットなのです。

ハンバーガーショップは年齢という不必要なこだわりを捨てて、実利だけを追い求めた結果、こうした年配者の採用に踏み切ったのでしょう。

しかも、お客様からの評判は大変良い。

年齢制限のない求人への対応

残念ながら、40代になると『年齢制限」にかかってしまう求人はあります。

そういった求人に応募することはできません。

では、応募年齢を「不問」にしている会社についてどうか。

額面通りに受け取れば、だれでも応募可能だと受け取れます。

たしかに、求人票に「年齢不問」と書いてある以上、だれでも応募は可能です。

しかし、会社側はこういった人が欲しいというイメージを持って求人を出しています。

そのイメージする人に該当しなければ不採用です。

だから、私たち応募者としては、年齢不問だからといって安易に応募することはしません。

どうしても、求人票を見て、自分なりに採用される可能性を判断してしまいます。

「この求人は若い人を希望しているのか?それとも40代の自分でもいけるか?」といった感じですね。

そして、自己判断で応募をとりやめたりすることがあります。

実は、この行為が大きな損失をもたらしているのです。

私も、自己判断で求人を篩(ふるい)にかけることがあります。

採用される可能性のない求人に応募しても、コストだけが発生してしまいますから。

求人一件応募するために書類を手書きし、切手と封筒を準備しないといけないですからね。

しかし「どうしても応募してみたいが、自分は採用されないだろうな」と思う悩ましい案件があったときは、とりあえずは応募するようにしています。

コストのことは考えずに。。。

そうすると、ほとんどが不採用です。想定の範囲内というやつですね。

でも、すべてが不採用ではありません。なかには採用に至った求人もあります。

求人情報もたくさん目を通すと、自分の能力や置かれている立場から、何となく結果を予想できるようになってきます。

しかし、どうしても応募したい求人案件を見つけたときは、勝手な思い込みは捨てて、応募してみてください。

会社の考えや思いが、すべて求人票に表れているわけではありません。

実際に面接に行くと、求人票から受ける印象とは違った印象を受けることもあります。

その時は「私は勝手な思い込みをしていた。ダメもとで応募して良かった」と思うこともあります。

あなたも、希望の求人に巡り会った時には『年齢』を気にせずにとりあえず応募してみてください。

『年齢不問』と書いてある以上は、採用の可能性はあるのです。

おわりに

人は何かをしようと思った時に、勝手に結果を予想して、ダメそうであれば止めてしまいます。

転職活動においては、年齢が高くなると、その傾向は強く出てきます。

世間では「高齢になると転職は難しい」と聞かさせるため、余計に尻込みしてしまいます。

しかし、とりあえずは希望案件があれば応募してみましょう。

求人票から受ける印象と、面接で実際に会社に行くことで受ける印象は異なることが多いです。

求人票だけで判断することはチャンスをつぶすことになります。

そして、応募してみてダメだったとしても、何も落ち込む必要はありません。

不採用の理由が「年齢」かもしれませんし、年齢以外のものかもしれません。

そのときは「年齢」で不採用になったのだと思っておけばよいのです。

年齢が理由での不採用は、あなたの実力とは関係ありません。

年齢は自然現象です。

歳を取ることは防ぎようがありませんからね。

だから、若い年齢を評価する会社ではなく、能力で評価くれる会社に行くのだと強く思って転職活動を続けることです。

40代の能力の高い人材を欲しがっている会社は数多くあります。

⇒40代に朗報です!敢えて40代を採用したがる企業があります。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました