30代になったら『転職できる武器』を手に入れることを考えよう。

転職戦略

会社に頼る時代は終わりです。

それは、つまり「これからは自分だけが頼りの時代」だということです。

自分に頼るとは、自分で考え自分で人生設計を立てるということです。

では、そのためには何が必要か?

それは『武器を持つこと』です。

ただの武器ではダメです。転職できる武器を持つことです。

転職できる武器がどういったものかについては、人によって異なります。

その人が就いている職種によって異なるでしょうし、その人が所属している業界によっても異なるでしょう。

ただ一つはっきりしていることは、会社がどうなろうと生きていけるだけの武器でなければダメだということ。

それが『転職できる武器』ということです。

できるだけことなら早いうちに転職できる武器を手に入れておきましょう。

遅くても30代前半までには持っておいた方が、今後の仕事人生を優位に送れる可能性が高いでしょう。

今回は、転職できる武器を手に入れることが、これからの自分を守ってくれるというお話です。

 

スポンサーリンク

転職できる武器を手にする必要性を感じてますか。

世の中の変化は激しい。

これだけのスピードで世の中が動いていくと、会社経営の舵取りも困難を極めるでしょう。

今期の業績が良かったとしても、来期も同じよう数字を出せる確証は持てないといったところでしょう。

その要因の一つは製品サイクルの短さがあります。

製品やサービスに流行り廃りが速いと、それを提供している会社の業績が大きく変動してしまいますから。

それともう一つ。

ある企業が流行りの儲かる事業を手掛けていれば、即座のその事業を真似る企業が出てくるため、競争が激化してしまいます。

消費者にとっては良いことですが、会社の収益にとっては痛手です。

こうした会社の収益の不安定さが、私たち会社員の雇用の不安定さにつながっていくわけです。

そこで、私たち会社員も覚悟が必要になってきます。

「会社に依存した人生設計はもう成り立たないのだ」ということを肝に銘じなければなりませんね。

となれば、自分に依存した人生設計を組み立てていくしかありません。

できるとかできないとかいう問題ではなく、やらなければ生きていけません。

それだけ事態は深刻な局面を迎えているということです。

そこで、自分に依存した人生設計を描く際に欠かせないものが『転職できる武器』ということになります。

戦うための武器がなければ、人生設計だけしても絵に描いた餅になってしまいますから。

どの会社に行っても通用するだけの、場合によっては独立しても通用するだけの武器を持つことです。

武器を持たないと収入を得ることはできません。武器を持たないと自分で人生を設計して生きていくことはできません。

まずは『転職できる武器』を持つことです。

転職できる武器を手に入れる方法

転職できる武器を手に入れるには、まず転職できる武器を見つけなければなりません。

転職できる武器は、万人共通ではありません。

各人それぞれに転職できる武器は異なります。

あなたにとって最適な武器とは何か?

あなたの今の職種によって、今の所属している業種によって変わってきます。

漠然とした例をあげれば、あなたが営業職ならば、当然、営業力が武器となるでしょう。

しかし、もっと細かく見ていくことも必要です。

営業力と言っても、そのなかには提案力、企画力、プレゼンテーション力など武器になりそうなものを含まれているわけです。

私は事務系ですので、経理や総務が中心の仕事をしてきたので、それに関係するものが武器ということになるでしょう。

でも、正直自分だけの判断で、何が武器になるかを決めるのはどうなのでしょうか。

というのも、私たち会社員は目の前の仕事をこなすことにやっとで、転職市場に優位に立てる武器が何であるのかについての情報は持っていません。

それに、自分では「この武器が必要だ」と思っていても、「実はその武器がもう古い」ということも当然にあるわけです。

さらに「これから将来に向けて有力な武器は何なのか」といったことも、当然私たちには分かりません。

やはり、餅は餅屋です。

ここは転職の専門家である『転職エージェント』のアドバイザーに相談するのが確実であるし、手っ取り早いでしょう。

転職エージェントとは、転職したい人を様々な面からサポートしてくれるサービスのことです。

具体的なサービスは?と言えば、履歴書や職務経歴書の書き方、求人紹介から面接の日程調整など転職に必要なことを全て網羅しています。

実はあまり知られていないことですが、転職エージェントではこうしたサービスとは別に、悩みや不安に対して個別に相談に乗ってくれたりもします。

転職希望者は多くの悩みや疑問点を抱えていますからね。

今回のケースで言えば、次のような内容を相談してみるとよいでしょう。

  • 自分の市場価値はどのくらいなのか。
  • 自分の市場価値を上げるために必要なこととは。
  • 自分のやっている職種の将来性について。

以上のようなことについて相談することで、これからの転職市場で自分が通用する人材になれるためのヒントを得ることできるでしょう。

転職エージェントは転職のプロ集団です。

ただし、転職エージェントであればどこでも良いというわけにはいきません。

転職エージェントは数多くありますが、

私のオススメは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは業界最大手で、実績もナンバーワンです。

就職や転職を経験した人であれば、リクルートブランドを聞いたことがない人はいないくらいに認知度は抜群です。

そのせいもあって、あなたと同じような悩みや不安を持っている人へのアドバイス実績を数多く保有しているでしょう。

だから、あなたに的確なアドバイスをもたらしてくれることは間違いありません。

是非『リクルートエージェント』に相談して、あなたが持つべき『転職できる武器』を教えて貰いましょう。

そして、その武器を手に入れる努力を始めましょう。

転職できる武器を30代前半を過ぎて持っていないとヤバいです。

自分にとっての転職できる武器とは何なのか?が分かれば、あとは必死になって武器を身に付けれるように努力することです。

できることならば、転職できる武器は30代の前半までに見つけ、身に付けておくべきです。

20代は若さが武器になるので、年齢だけで転職はできます。

でも30代になると、一気に採用のハードルは高くなります。

何も武器を持っていないと、採用されることはかなり難しくなってくるでしょう。

もっとも、人手不足の仕事や不人気の仕事であれば、30代で武器を持たなくても転職はできますが、低待遇を覚悟しなければならないでしょう。

やはり、待遇を落とさずに転職するには『転職できる武器』を持つ必要があります。

それも30代の前半までに持つべきです。

おわりに

転職できる武器はあなたの身を守ってくれます。

転職年齢の限界は35歳という説がありますが、これは転職できる武器を持っていない場合の話です。

転職できる武器をもっていれば、40代~50代でも転職はできます。

特に、35歳以降になって会社に重宝される武器は「マネジメント能力」です。

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓
・35歳までに『マネジメント能力』という武器を手に入れておくこと。

最後に一つ注意すべきことを述べておきます。

それは『転職できる武器』は時間の流れと共に、古くなっていくということです。

今日の時点で『転職できる武器』であっても、3年後、5年後もそうだという保証がないということです。

もしかすると、3年後にはもう使えなくなっているかもしれません。

それだけ世の中の変化が早いということです。

『転職できる武器』だと思って、3年後に転職を試みたところ、全く使えない武器だったなんてならなようにしなければいけません。

そのためには、日々、自分を取り巻く環境に敏感でいることです。

そして、それとは別に自己研鑽を怠らないことです。

むしろ、こちらの方が重要かもしれません。

⇒40代からでも自己研鑽に励むこと。それが最大の自己防衛です。

まずは現時点での『転職できる武器』を身に付けてください。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました