転職最大のメリット。それは転職すれば自動的に3つのものを手にできること。

転職のメリット 転職の良き点

転職する人は何か手にしたいから転職するのです。

何かとは、人それぞれ異なります。

それが給料の人もいるだろうし、休日数の人もいるでしょう。

ただ、そういったものは特定の会社に転職しなければ、手にすることはできません。

たとえば希望の給料を手にしたければ、希望の給料を出してくれる会社に転職しなければなりません。

どこの会社でもいいというわけにはいきませんよね。

しかし、一方でどこの会社でもいいので、転職さえすれば必ず手にできるものがあります。

それは仕事をするうえで重要なものです。それも3つです。

今回は、転職するだけで自動的に手にできるものを3つ紹介します。

 

スポンサーリンク

転職するだけで手にできる3つのものとは。

会社を変わっても、たいして何も変わらないと思っている人が多いのではないでしょうか。

たしかにどこの会社に行っても変わらないものはあります。

基本的に仕事をして給料をもらう以上、会社の指示には従うしかありません。

理不尽な命令、納得できない命令が飛んできますが、仕方なく従うしかありません。

そのようなときは心のなかで呟きます。

「会社なんてどこも一緒だ。この境遇を脱するには自分で一人稼げるようになるしかないのだ!」と一人でブツブツ言ってたりします。

それでも会社員でいることのメリットは大きいため、それに独立できるだけの能力もないので会社をやめることはありません。

⇒会社員であることのメリットは絶大!会社を変えるのはいいが、会社員をやめてはいけません。

会社を変わっても変わらないものがある一方で、当然変わるものもあります。

それは次の3つです。

①『新たな人間関係』

②『新たな評価基準』

③『新たな期待値』

上記の3つは、どこの会社に転職しようとも必ず手にできるものです。

そして、上記の3つを手にすることで、前の会社とは全く別の世界を味わうことになります。

おそらく「会社が変わっただけでこれほどまで違うんだ!」といった実感を心の底からすることになるでしょう。

そう考えれば、上記の3つは『転職のメリット』と言ってもよいかもしれません。

それでは転職のメリットである3つについて見ていきましょう。

新たな人間関係を手にできます。

会社が変われば、まずは人が変わります。

上司、同僚などあなたを取り巻く人間が総入れ替えされます。

転職の最大のメリットは『人間関係が劇的に変わること』と言っても過言ではありません。

それだけ大きな変化です。

嫌な上司も、相性の悪い同僚も、転職した瞬間にすべてリセットされます。

良好な人間関係を手にした瞬間から別世界にワープですね。

もしいま人間関係で悩みを抱えているのであれば、良き人間関係を手にれるために転職してください。

詳しくは下記の記事を参考にしてみて下さい↓
・転職して『良い人間関係』を手に入れてみてはどうですか。

新たな評価基準を手にできます。

会社が変わると人事評価が変わります。

前職と同じ仕事内容でも、異なった評価基準が適用されます。

評価基準は会社によって異なっているのが普通です。

どこの会社も優秀な人材を求めますが、優秀な人材の定義は会社によって異なります。

それと同じ理屈ですね。

前の会社では評価されなかったことが転職した新しい会社では評価されることもあれば、逆に前の会社で評価されたことが新しい会社では評価されなくなることもあります。

私の経験事例を2つ紹介します。

同僚で仕事が思うように進まない人がいたときに、サポートしてあげることを評価する会社と評価しない会社とに分かれます。

評価しない会社の理由は、助ける暇があれば自分の仕事をどんどん進めて欲しいということです。

協調性を重んじるか?それとも能力主義を重んじるか?の違いです。

もう一つの事例です。

仕事上の改善点などを提案することを良く思わない会社もあれば、逆に提案しなければ仕事をしていないと考える会社とに分かれます。

提案することを良く思わない会社は指示されたことだけを完璧にこなすことを評価する会社です。

全く真逆なため、慣れるまで時間を要したことを今でも覚えています。

それくらい評価というものは会社によって異なるものなのです。

新たな期待値を手にできます。

会社が変わると、自分への期待値が変わります。

もちろん高くなるほうへ変わります。

晴れて採用になったわけですから、期待を持たれるのは当然かと。

転職した経験のある人であれば分かると思いますが、前職を辞めるときは退職願を出してから退職日までの期間は地獄ですよね。

周囲は冷たいし、裏切者のような目で見られるし、本当に時間の経つのが遅く感じるものです。

⇒転職先が決まっても、いまの会社を辞めるまでは気が抜けません。

そして、つらい期間を終え、晴れて転職先に入社すると前の会社とは違った雰囲気を感じることになります。

自分が期待されている空気を肌で感じることなります。

例えるなら、寒い北国から暖かい南国に引っ越したような感じです。

転職者には会社に新しい風を吹かせてくれることを期待している会社が多くあります。

人は期待されたり、認められたりすることに喜びを感じます。

同じ仕事をするにしても期待されたなかでやるほうが、大きな目標をもって仕事に取り組むことができるのではないでしょうか。

おわりに

転職には人生を変えるだけのパワーがあります。

転職すれば、あなたの周囲の人、あなたへの評価、そしてあなたへの周囲からの期待度の3つが変化して、その変化であなたは別の世界へと活躍の場を移すことができるのです。

それが転職の最大のメリットです。

会社員であれば誰もが少なからず問題や不満を抱えているでしょう。

それが自分のなかで収まっている間は良いのですが、問題はそれが大きくなって抑え込むことができなくなった時です。

そのときにどう対処するか。

そのときは転職する以外に選択肢はありません。

転職には根本的に状況を好転させるだけのパワーがあります。

いまの状況をリセットして、別の世界に活躍の場を移すことできます。

だから人生の流れを変えたい場面では、ぜひ積極的に転職を試みて欲しいのです。

⇒転職活動にはやるべきことの順番がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました