独力で成長したいと考えている人へ。すぐに『雇われない副業』を始めなさい。

会社員×副業

「成長できる環境が見つからない」

ということであれば、指をくわえて待っていてもしかたありません。

できることをやりましょう。

そのひとつが『副業』です。

実は、成長するためには自分で何かを始めるのが一番。

かといって、いきなり独立なんていっても食ってはいけません。

であれば『副業』です。

副業でも、アルバイトの副業では成長できません。

成長できる副業、つまり、雇われない副業を始めることです。

今回は、成長するために『雇われない副業』を選択してはどうかという提案です。

 

スポンサーリンク

自分が成長できる会社と出会えない。

人は、成長しなければなりません。

それは出世のためではなく、どういう状況になっても自分が生き残っていくためにです。

そのためには、自分が成長できる会社で働く必要が出てきます。

具体的には、権限と責任を与えてくれる会社で働くことが必要であると私は考えています。

しかし、ここで問題発生です。

自分が成長できる会社と巡り会わなかった場合は、どうすればよいかです。

成長できる会社なんて、簡単に見つからないよ。

見つかっても、採用してくれるかどうか。。

その場合は、自力で成長する道を進んでいきましょう。

副業をするのです。

副業といっても、アルバイトなどの時間を切り売りする、雇われる副業ではありません。

『雇われない副業』です。

雇われない副業は、起業と同じです。

どこかの会社に属することなく、自分一人でビジネスを始めるということです。

起業との唯一の違いは、会社員をしながら限られた時間でビジネスを始めるということくらいです。

雇われない副業という選択肢

どうして、自分が成長できる会社で働くことの代わりが、『雇われない副業』になるのか。

それは、雇われない副業には、成長に必要な2つの要素を含んでいるからです。

2つの要素とは、

「自分で決められる決定権」、そして、「結果に対する責任」の2つです。

会社勤めでも、この2つの要素を持たせてくれる会社においては成長できます。

それを、会社ではなく、会社の外でやるということです。

 

そして、雇われない副業をすることで身に付くことは、成長だけではありません。

会社で働くことでは絶対に得られないものです。

それは、『自信』です。

雇われない副業は、会社の看板はなく、あなたの個人名での仕事です。

そこで、100円でも、1,000円でも構いません。利益を上げてみて下さい。

何ともいえない喜びを感じることができます。

そして、それが自信となります。

これは会社の看板の下で仕事をしている時には、味わうことができない感覚です。

 

昨今、副業を推進している政府ですが、副業を認める会社が多いとは言えません。

雇われない副業は、アルバイトのような雇われる副業と違って、会社にバレルことはありません。

それにバレタところで、他の会社に所属しているわけではないので、会社から咎(とが)められることはありません。

雇われない副業は起業と考えるべし。

雇われない副業のデメリットは、収入が確実に生れる保証がないところです。

基本的には起業です。

何時間働こうが関係ありません。

売上が立たなければ、収入はありません。

でも、忘れてはいけません。

雇われない副業を始める目的は、何だったのか。

成長するためですよね。

極論言えば、収入がゼロでも成長できれば良いわけです。

とりあえず、収入は後回しで考えましょう。

まずは、ビジネスを成功することだけを考えましょう。

そして、ビジネスが成功に向かい始めれば、『収入』と『成長』と『自信』の3つを同時に手に入れることができます。

 

いまは、アイデアさえあれば、ビジスネができる時代です。

代行業というものがあるからです。

営業代行、経理代行、集金代行など。。

ビジネスモデルさえあれば、あとは外注で対応できます。

そういう時代です。

新しい商品を思いつけば、製造会社にイメージだけを伝えて作ってもらうことさえできるのです。

このビジネスモデルのエッセンス(本質)を学ぶには、以下の著書をオススメします。

この著書は、SNSを使った最近のマーケティングについては触れておらず、雑誌等への広告を出すことをマーケティングの主としています。

そのため、時代遅れの誹り(そしり)を受けるかもしれません。

しかし、私がこの著書に期待することは一つ。

それは、この著書を通じて、

『アイデア一つでビジネスが成り立つことを学んで欲しい。』

ということです。

まずは、自分でアイデアを固め、自分一人ですべての業務を試行錯誤でやっていくことです。

それだけでも、びっくりするほどの成長を感じることになります。

雇われない副業の難しさ

何の世界でもそうですが、成長するための絶対条件は、自分でもがき苦しむことです。

そして、成長するスピードについては、会社で働くことよりも、自分で何かを始めるほうが比較にならない早さで成長していきます。

『雇われない副業』をやる人は、今後ますます増えてくることが予想されます。

ただし、ここで強調しておきますが、これには向き不向きがあります。

会社のなかで成長したい人は設定された舞台上で舞うだけですが、雇われない副業で成長したい人は、舞台の設定から始めなければなりません。

となれば、『想像力』がなければ、雇われない副業には向いていないことになります。

何をやるのか。それをやるために必要なことを何なのか。

それを考え、準備しなければなりません。

となると、少しハードルが高いかもしれません。

パソコン相手の雇われない副業

雇われない副業を起業してとらえれるとハードルが高くなります。

資金面の心配もしなくてはいけなくなります。

そこで、ひとつの提案です。

リスクを取らずに、ハードルの低い『雇われない副業』を希望するのであれば、

一人で完結する副業を考えてみてはどうですか。

たとえば、翻訳やコンサルのような専門職などが、すぐに頭に浮かびます。

ただし、これらは誰でもできるというものではありません。

高度な専門知識がなければできません。

そこで、誰でも始めることができ、そして高度な専門的知識を必要としない副業として、

『パソコン相手にコツコツ地道な作業をする仕事』

をオススメします。

有名なところでいえば、ブログを書いたり、プログラミングといったことになります。

これだと、一人で自由に好きな時間に仕事ができます。

会社終わり、休日などに副業ビジネスの一環として取り組むことで、大きな成長を成し遂げることができます。

特に、プログラミングはこれからの時代の注目分野です。

この分野に今から食い込んでいくことは、大きな可能性の広がりが期待できます。

ブログやプログラミングは、高度な知識は必要ありませんが、それでも基礎知識は必要です。

そこはしっかりとビジネスの基礎固めという意味で、学んでおく必要はあります。

・仕事をしながら最新のテクノロジーを学ぶには、通学不要なオンライン学習がオススメ!

TechAcademy [テックアカデミー] または、TECHCAMP[テックキャンプ]のいづれかで学べば、十分なスキルが身に付きます。

おわりに

成長なんて必要ないと考えている人がいます。

それは、成長していなくても会社のなかに生き残っている人が大勢いるという事実があるからです。

これでは、生き残っていくために成長が必要と言われても釈然としませんよね。

この点について、誤解されないために説明しておきます。

私の言うところの『生き残る』の定義は、解雇されないということではありません。

『自分のやりたい仕事を、希望の条件でやることができる』ということです。

成長しなければ、会社のいいなり、安く買い叩かれて働くことになります。

そして、常にビクビクしなければなりません。

これでは、生きている実感がないのではありませんか?

会社のコントロールのもとで、主体性なく動かされている状態です。

「こんな生き方だけは御免こうむりたい!」と思うのであれば、

それは、もう成長して実力をつけるしかありません。

最大限の成長を成し遂げ、会社に安く買われる人生だけは送らないようにしましょう。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました