すぐに転職する気がなくても、転職活動は始めておきましょう。

転職戦略

『転職活動とは、転職したいと思っている人がおこなうもの』

一般的には、そう考えられています。

いまの会社に何らかの不満を持ち、その不満を解決してくれる別の会社を見つけるために転職活動をおこなう。

そして、良き転職先が見つかれば、転職するというのが一連の流れといったところでしょうか。

私は、この一連の流れを見て、気になることがあります。

それは『現状に満足している人は、転職活動をしないということ』です。

転職する気がなければ、転職活動はする必要はない。

もっともな意見です。

しかし、会社員という立場なんて何の保証もありません。どんな不幸が突然襲ってくるのかも分かりません。

突然の会社業績不振、突然の左遷降格辞令、突然の転勤命令など。。

そうした状況のなか『転職活動は常にしておかなければならないもの』と声を大にして申し上げたい。

というのも、それが自分を守ることに繋がるからです。

今回は、いまは転職する気持ちがなくても、転職活動はしておいた方がよい理由について説明します。

 

スポンサーリンク

「転職活動すること」と「転職すること」は別物です。

転職活動と転職することは全く異なるもの。

当たり前のことを述べていますが、たまにこのことを理解していない人を見かけます。

理解できていない人は、「転職活動は、転職する気のある人だけがするもの」と思っているようです。。

まるで、転職活動することを転職することのように捉えています。

転職活動することと、転職することの間には、国境線のような越えれそうで越えれない一線が存在しています。

それはどういう意味か?

転職活動は自分の意思だけで簡単に始めることができるもの。

しかし、転職は自分の意思だけではできません。自分の意思と相手企業の意思が一致してはじめてできるものです。

両者の意思が一致することは容易なことではありません。

そして、転職するとなると大きな決断が必要になってきます。

一方で、転職活動は、軽い気持ちで始めることができます。

それだけ、「転職すること」と「転職活動すること」には大きな違いがあります。

転職活動をすべき理由

転職活動は、会社員である以上は、できるだけ早く始めておくべきものです。

そして、常にやり続けておくべきものです。

たとえ、いまの会社に満足して転職する気がないにしても。。

「なぜ転職する気もないのに転職活動をする必要があるの?」と言っている人は、会社の怖さを知らない人です。

会社は会社の都合のみで動いています。社員のことを考えて企業活動をしているわけではありません。

いまは会社に不満がないかも知れませんが、明日になると状況は一変することだってあります。

たとえば、いきなり人事異動で左遷降格の辞令が通達されたらどうしますか。
・左遷降格は大企業にいれば避けて通れない。それでも復活のチャンスをくれる企業はある。

たとえば、いきなり転勤を命じられたらどうしますか。
・いまや転勤制度のある会社はブラック企業です。

会社員人生は、一寸先は何が起こるか分かりません。

だから、何が起こっても対処できるように準備しておく必要があります。

転職活動こそが、もしものときの準備になるのです。

転職活動はステルス(こっそりと)活動から始めよう。

転職活動と一口に言っても、工程段階を踏んでおこなわれます。

転職活動のいうと、書類選考や面接といったものをイメージする人が多いのですが、それまでにやるべきことは色々とあります。

書類選考や面接は、転職活動のなかでも後半の工程段階になります。

もし、すぐにでも転職したいという気持ちで転職活動するのであれば、転職活動にはやるべきことの順番がある。を参考にしてください。

以下では、いまは転職する気がない人がやるべき「こっそり転職活動」について述べます。

職務経歴書を作成しておくこと。

本格的に活動するとなると、履歴書と職務経歴書の作成を始めなければなりません。

特に、職務経歴書は記載方式の例が多く、どれを選択したらよいか、そしてどのように表現したらよいか。。思った以上に時間がかかってしまいます。

時間にゆとりのあるうちに作成しておきましょう。

転職に関するサイトに登録しておくこと。

転職に関するサイトに登録しておくと、メールにて求人案件が送られてきます。

それをチェックするだけでも情報収集として役に立ちます。

さらには、あなたの登録情報を見た企業の採用担当者からスカウトメールが送られてくることもあります。これによって、あなたの社外での評価を知ることができます。

転職に関するサイトは、転職支援サービスと転職サイトの2種類になります。

  • 転職支援サービスは、転職アドバイザーが求人案件を紹介してくれます。
  • 転職サイトは、希望条件を満たす求人案件の一覧をメールしてくれます。

転職支援サービスは、最大手の『リクルートエージェント』と最多の求人情報を持つ『ビズリーチの2社に登録しておけば充分でしょう。

転職サイトは、最大手のリクナビNEXT』』だけの登録で充分でしょう。

転職に関するサイトに登録することは、「情報収集」と「社外評価」という転職活動に必要なものを手に入れることができます。

社外での人脈作りをしておくこと。

35歳を過ぎると、人脈作りは重要な転職活動です。

世の中には表に出てこない求人案件は、数多くあります。まして、昨今は人手不足で悩む企業も多い。

思ってもいないところから、チャンスが舞い込んできます。

詳しくは、こちらの記事に書いています。↓
40代の転職は社外での人脈がきっかけで実現する。

おわりに

転職活動には、書類選考のための書類を送るまでやるべき作業があります。

情報収集、書類作成、転職サイトへの登録作業、などなど。

これだけでも、時間のあるうちにやっておくと、いざ転職しなければならない事態になったとき、スタートダッシュを駆けることができます。

転職活動は、時間との闘いでもあります。

ほとんどの人は、「早く会社を出たい。すぐに次の仕事を探したい!」といった切迫した状態で転職活動を本格的にやり始めます。

そうなったときに、スタートをいつでも切れるように準備万端にしておくことが大事です。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました