40代の転職は社外での人脈を活用しよう。

転職戦略

転職するとなると、ハローワークや民間の転職サイトを使う人がほとんどでしょう。

というよりも、それ以外の方法なんてあるの?と思ってしまいますよね。

実はそれがあるのです。

それは『友人や知り合いの紹介』を用いての転職です。

何と原始的な方法なんでしょう。

いまの時代に、知り合いの紹介だなんて。。。

昔は、紹介での就職や転職が多かったと聞きますが。。

いまの時代にはいささかミスマッチング感は否めませんね。

しかし、紹介での転職は採用される確率が極めて高いのです。

紹介での転職は細かく分けると2つあります。

1つは、知り合いが勤めている会社へ勧誘されるケースです。

そして、もう1つは、知り合いが懇意にしている会社へ橋渡ししてくれるケースです。

いずれのケースにせよ、重要なポイントは、あなたが仕事を紹介してくれる人脈を持っているかどうかです。

もし、そうした人脈を持っていないのであれば、意識して作ることをおススメします。

そして、何よりも言いたいことは、

「知り合いによる紹介での転職は40代を中心としたミドル世代にうってつけの転職方法」

だということです。

それは、40代は何かしらの専門スキルを持っているからです。

「こういった仕事ができます」いった明確なスキルがなければ、紹介する方も紹介でできませんし、紹介される方も紹介されません。

今回は、40代のミドル世代の転職には、社外での人脈を使うことがいかに有効的であることについて説明します。

 

スポンサーリンク

40代の転職は人脈を活用する方法が有効です

転職をしようとする人の多くは、求人媒体に載る案件の中から希望の案件を探し出し、応募するという方法を用います。

求人媒体の案件は、誰もが公平に、しかも無料で閲覧できるということが最大のメリットです。

しかし、求人媒体の求人は、公平に広く知れ渡るという利点があるがゆえに、応募者が殺到して競争率が高くなるという欠点もあります。

特に、40代の転職希望者は、年齢的に採用が厳しくなるので、競争率が高いだけで尻込みしてしまう傾向があります。

⇒40代は年齢を理由に不採用になることも。しかしそれを恐れて応募を諦めるのは最悪です。

そんななか、40代の転職希望者に朗報です。。

競争しなくても、転職を実現できる方法があるのです。

これは、20代、30代に対してではなく、40代以上の転職希望者に対してのみの方法です。

その方法とは、人脈を頼りに転職を実現させるというものです。

なぜ、この方法が40代以上が対象になるのか。

40代にもなると、何らかの専門性を持っていたり、または、マネジメント経験があったりと、一定の評価に値する能力スキルを持っている人がほとんどです。

そういった価値のある能力スキルを持った人材を、会社は人脈という信用の置けるルートから確保したがるのです。

求人媒体を使って募集すると、数多くの応募者を呼ぶことはできますが、なかなか面接だけでは、本来の人間性、性格や考え方を見抜くのは困難です。

その点、人脈を通じて知り合った人であれば、会社は安心・信頼を持って採用に踏み切れます。。

さらには、会社のなかには、緊急に人材を求めているわけではないが、優秀な人材がいれば欲しいという会社があります。。

無論、緊急ではないため求人媒体には募集は出ません。

つまり『隠れた求人案件』といったところです。

この隠れた求人案件に接触する方法は一つです。

それは、誘いの言葉をかけられるのを待つという方法です。

そのためにも、あなたは広く人脈を作り、あなたの職務経験やスキルを宣伝しておくことが必要になってきます。

人脈作りには趣味、もしくは単発のバイトが手っ取り早い。

人脈を作ると言っても簡単ではありません。

ましてや、その人脈が、将来の転職に繋がる可能性を秘めているものでなければならないとなると、さらに簡単ではありません。

普通に、誰それと交流してても実は結びません。

やはり、そこに意図した戦略を持って交流を広げていくことが重要になってきます。

その一つが、趣味を始めることです。

趣味とはどんな趣味か。

何でも良いというわけではなく、ビジネス関係者との交流が生まれる趣味でなければなりません。

ビジネス関係者が行っている趣味の上位に「読書」や「スポーツジム」があります。

こういった趣味では良いのですが、これらは、基本的に一人で行う趣味であるため、接点を持つのがなかなか難しい。

そこで、接点を持てる趣味として、囲碁や将棋、またはテニスといった相対するゲームのようなものがオススメですね。

これだと、お互いが何度か対戦するうちに気心が知れてきて、交流が始まることもあるでしょう。

そこから、あなたの仕事内容やこれまでのキャリアを話しているうちに、次の仕事へ繋がるというケースはあります。

この方法は転職以外にも、新たな得意先、営業先を開拓するときにも使えます。

そして、もう一つの人脈作りの方法は、単発のバイトをすることです。

土曜、日曜日などの会社の休みの日に単発のバイトを行い、そこで人脈を作って行く方法です。

これはバイト先である会社の社員との交流だけではなく、一緒にバイトをする仲間同士での交流もあります。

特に、同じ世代のバイト仲間との交流は大切です。

彼らとの交流や情報交換が、新たな展開をもたらしてくれることもあるでしょう。

社外活動することの意義は人脈作りだけではない。

年齢を重ねることの一番のツラさは、体力が落ちていくことです。

そう考えている人は、きっと多いはずです。

でも、私はそうは考えていません。

体力よりも、好奇心が落ちていくことのほうがツライです。

会社員をしていると、毎日同じ人に囲まれて、同じ仕事の繰り返しです。

これでは、人生がマンネリ化してしまいます。

一時的なマンネリ化であれば大した問題ではないのですが、それが長引いてしまうと大変な事態に陥ります。

その大変な事態とは『成長を止まってしまう』ということです。

会社員を長年続けていれば、お分かりだと思いますが、会社員生活は、今日が良くても明日はどうなるか分からないほど多くのリスクが潜んでいます。

  • いつ、会社の業績が下降線をたどるかも分かりません。
  • いつ、嫌な上司の下で働くことになるかもしれません。
  • いつ、ヒドい人事評価を下されるか分かりません。

そのときに備えて、あなたがやるべきことは、自分のことは自分で守ることです。

⇒40代からでも自己研鑽に励むこと。それが最大の自己防衛です。

そのためには、まず精神状態を前向きな状態にしておく必要があります。

常に向上心や好奇心を維持していくために、社外活動を通して、外部の人と接触することが必要不可欠です。

まずはマンネリ化した日常に新鮮な風を取り込みましょう。

おわりに

40代で転職を考えているのであれば、通常の求人媒体を使っての転職以外にも、社外人脈を使っての転職をオススメします。

世の中には、40代の能力スキルを『潜在的に』求めている会社が多くあります。

こうした表面に出ない『隠れた求人案件』を人脈を通じて手にすることができれば、かなりの高い確率で転職に成功できます。

そのための一歩として、まずは、その人脈を作っておく必要があります。

それも、なるべく早く作っておくことに越したことはありません。

実は、私は33歳の時に、趣味を通じて知り合った人の紹介で転職をしています。

その転職は、良い転職にはなりませんでしたが、転職の機会を広げるという意味では人脈作りが重要であることを、その時に強く感じました。

それから10年以上経ちましたが、いまも、その時に感じた人脈作りの大切さを忘れてはいません。

もし、あなたが転職を真剣に考えているのであれば、会社以外での時間の使い方を少しだけでも変えてみてはどうですか。

きっと思わぬ展開が待っていますよ。

40代の能力スキルを求めている『隠れた求人案件』ということであれば、非公開求人情報を扱っている転職エージェントの活用も検討してみて下さい。

転職エージェントは『隠れた求人案件』を特定の転職希望者に紹介するというサービスを行っています。

あなたがやることは必要事項を登録して、希望条件を伝えておくだけです。

あとは転職エージェントからの連絡を待つだけ。

実に省エネな転職活動です。

転職エージェントは数多くありますが、最大手のリクルートエージェント』に登録しておけば事足りるでしょう。

是非、人脈からの転職活動と並行してリクルートエージェント』を利用してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました