在職中の転職活動は、いまの会社にばれると秒殺されます。

転職の怖さ

在職中の転職活動を行うにあたり、細心の注意を払わなければならないことがあります。

それは「転職活動をしていることが会社にばれないこと」です。

というのも、転職活動を行っていることがばれた瞬間に、いまの会社での居場所を失うことになりかねないからです。

会社という組織は忠誠心のある社員を好みます。

仕事の出来る社員よりも忠誠心のある社員を好みます。

特にオーナー企業や中小企業のような閉鎖的な企業であるほど、社員に忠誠心を求めます。

そんな中、転職活動をしているといった情報が、上役の耳に入ろうものなら、一瞬でその会社での人生は終了となります。

まさに『秒殺』です。

どのようになってしまうのか。

まずは、重要な仕事から外されます。

転職活動をしているということは、会社への裏切り行為とみなされます。

そのような人に重要な仕事を任されることはありません。

そして、その後に来る人事異動で、左遷もしくは降格の辞令をもらうことになるかもしれません。

さすがに減給はないと思いますが。。。。そればかりは分かりません。

厳しい会社であれば、減給してくるかもしれません。

そんな悲劇に見舞われないためにも、転職活動には細心の注意を払って進めなければなりません。

今回は、会社にばれずに転職活動する際に、どういった点に注意すべきかについて紹介します。

 

スポンサーリンク

転職活動していることを他言してはいけない。

会社に限らず、どんな組織でも組織内には競争が繰り広げられています。

毎日、机を並べて一緒に仕事をしている同僚や仲間ですが、腹の内では次のような感情が潜んでいるかもしれません。

  • 人よりも上の地位に就きたい。
  • 人よりも高い給料を貰いたい。
  • 人よりも大きな仕事をしたい。

こうした感情は、時に、同僚を叩きのめす、もしくは、同僚を引きずり下ろすといった悪い行為を引き起こすものです。

そして、他人を引きずり下ろすことで、自分を優位な立場に持って行こうとするのです。

他人を引きずり下ろすための方法の1つとして、その人の評価にマイナスとなる情報を広めたり、上司に告げ口したりすることがあります。

どこの会社でも、こういったことはあるようには聞きますが。。。

私の会社でも、普通にあります。

『転職活動をしている』という情報は、評価を下げるマイナス情報です。

もし、あなたが在職中に転職活動をしているのであれば、そのことは、今の会社でのあなたの評価を大きく下げるものとなります。

あなたが転職活動をしているという情報を手に入れた人は、その情報を上役に報告し、あなたを叩きのめそうとするかもしれません。

あなたが、自らの転職活動についてしゃべることがあれば、おそらく、ふと気が抜けた瞬間にしゃべっているかもしれません。

たとえば、飲み会の席や休み時間のコーヒーブレイクの最中とか。。。。

または、親友と呼べる友人にだけにこっそり話したものの、その親友があなたを裏切って他言してしまったとか。。。。

いずれにせよ、あなたの口から発したものが、あなたの同僚や友人の口を経由して、会社に漏れてしまうのです。

「それ以外のルートで漏れることはありません」と言いたいところですが、実はもう一つだけ会社に漏れるルートがあります。

それは、転職活動で応募した会社から漏れる場合です。

転職活動では出来るだけ今の会社名は言わないこと

応募先の会社から、いまの会社へ情報が漏れるはずがないと思っている方が多いでしょう。

法律でも応募に関しての情報は漏らさないように定められています。

しかし、実際には漏れることはあります。

どういったルートで漏れるのか。

同じ業界であったり、同じ地域内での転職であれば、会社の上役同士が知り合い関係にあることは普通にあります。

そこから漏れるのです。

あなたが応募先に提出した履歴書に、いまの会社名を書いていれば、応募先会社にはいまの在籍している会社名を知られてしまいます。当然といえば当然なのですが。。

応募先の人事担当者は、あなたの今の会社を知っていても、そのことを面接では一切口にはしません。知らないふりをして採用面接を続けます。

そして、あなたが不採用になって数日が経った頃です。

偶然にも応募先会社と今の会社の上役が話す機会があるとき、あなたが応募したことがバレテしまうのです。

常識ある人であれば、あなたの応募は伏せたままにします。

しかし、悲しいかな、どこの会社にも、口数の多い非常識な人はいます。

運が悪ければ、あなたの応募は、今の会社の上役に漏れてしまい、あなたは居場所を失うことになります。

そうならないためには、在職中の場合は、いま会社の社名を伏せて応募することです。

私の経験上「在職中の社名を伏せておいても、面接官に社名を明かすように突っ込まれることはありません。ただ、今の会社での仕事内容は職務経歴書に明記しておかなければいけません」

面接に行くための有給休暇取得は気をつけよう。

在職中での転職活動で最も頭を悩ませるのが、面接日に会社を休めるかどうかです。

応募先企業によっては、休日や平日の会社終わりに面接時間を設けてくれるところもありますが、そこまで融通を効かせてくれる会社はまだまだ少数です。

そうなると、やはり面接日には有給休暇を使って休むしかありません。

有給休暇は社員に認められた権利なので、本来であれば、申請書に「有給取得の理由」を書く必要はありません。

しかし、この場合は有給休暇の理由を「何でもよいので書いておくべきです。」

例えば、病院に行くとか、家庭の用事とか、何でも良いので疑われない理由を書いておくべきです。

というのも、会社によっては有給休暇を取ることが定着していないところもあります。

休暇申請を出した段階で何事かあったのか、もしかしたら転職かと、怪しまれることになるかもしれません。

その先手を打つという意味で、申請書には取得理由を書いたほうがよいでしょう。

おわりに

転職活動は、背後からの敵に注意を払いながら前進するようなイメージで進めるのが大事です。

転職先を決めることにばかり気をとられ、ついつい今の会社で働いていることへの意識が薄くなってしまうことがあります。

いまの会社からの収入があってこそ、じっくりと腰を据えて転職活動ができていることを心に留めて置いてください。

在職中の転職活動は、法律違反でも何でもありません。

しかし、会社の経営者からしてみれば、気分の良いものではありません。経営者の中には激怒する人もいるくらいです。

特に経営者が期待していた社員が、転職活動をしていると知った時には「可愛さ余って憎さ百倍」です。考えただけでも恐ろしくなります。

在職中の転職活動を成功させるには、とにかく他言せずに、着実に手順よく進めていくことが大事になります。

 

合わせて読みたい
転職活動の成功の秘訣は、手順よくスムーズにおこなうこと。
・転職活動にはやるべきことの順番がある。

 

ミドル世代になると突然会社から追い出されることも。。
・ミドル世代になったら「失業に耐えうるだけの現金」を確保しておくこと。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました