ハローワーク求人の応募には紹介状が必要。これが在職中の転職希望者には悩みの種です。

ハローワーク 紹介状 ハローワーク

質問です。

「あなたが転職したいと思ったとき、どこから求人情報を手に入れようとしますか」

おそらく多くの人が、まずはハローワークに行こうと考えるのではないでしょうか。

私もまずはハローワークからです。

ハローワークは国が運営する国内最大規模の職業紹介所で、全国各地の津々浦々にネットワークを張り巡らされています。

運営費用は税金で賄なわれているため、求職者は無料で仕事探しができ、企業も無料で求人を出すことができます。

企業が求人を無料で出すことができるのはハローワークだけです。

これはハローワークが『失業者』のことを考えてのこと。

失業者に早く次の仕事を見つけてもらうために、できるだけ多くの求人案件を取り揃えたいという思いからです。

ところでハローワークが「失業者」のためにあるといっても、ハローワーク求人への応募を失業者のみに限定しているわけではありません。

在職中ながら、別の仕事を探している転職希望者でも応募はできるようになっています。

ただ、ハローワークの求人応募は在職中の転職希望者にとっては使い勝手の悪いものになっています。

というのも、ハローワークの求人応募には『ハローワークが発行する紹介状』が必要だからです。

紹介状を発行してもらうには、応募者本人が直接ハローワークに出向くことが絶対条件です。

実はこれが在職中で転職を希望している者にとっては、大変厄介なことなのです。

会社を休んでハローワークに出向いて行く必要が出てきます。

今回は、ハローワークの紹介状制度が転職希望者の転職チャンスを奪っていることについて説明します。

 

スポンサーリンク

ハローワーク求人の応募には紹介状が必要です。

転職を希望している人のなかには、求人探しにハローワークを利用しようと考えている人も多いのでがないでしょうか。

求人数は国内最大を誇っています。

おまけに無料とくれば、利用しない手はありません。

しかし、ハローワークには転職希望者にとってデメリットとなる点があります。

そのデメリットとは、ハローワーク求人で応募したい案件があった場合には、ハローワーク窓口にて『紹介状』を発行してもらう必要があるということです。

求人検索はハローワークに行かなくても、自宅に居ながらネットで検索できます。

>>ハローワークインターネットサービス

ただ、ネット検索で応募したい案件を見つけても、ネットでは応募できません。

さらに、勝手に履歴書および職務経歴書だけを郵送することもできません。

『ハローワークの紹介状』を一緒に郵送しなければならないのです。

そして、この紹介状はハローワークの窓口に、直接、本人が出向かなければ発行してもらえないのです。

この制度は、転職希望者にとって最大のデメリットです。

仕事をしている転職希望者が、平日の日中に、ハローワークに行くことなんて出来るはずありません。

平日の日中にハローワークに行けるのは、失業中の人たちだけです。

つまり『ハローワーク紹介状』制度が、失業者に仕事を紹介することを前提に考えられたものだということです。

実は紹介状なしでも直接応募はできます。

となれば、在職中の転職希望者は紹介状をもらうためにだけに有給休暇を取って対応するしかありません。

筆者は転職活動の際には、ハローワーク求人を数多く応募しました。

筆者は幸運にも、職場からハローワークが近かったので、昼休みの時間を使って紹介状を受け取りに行っていました。

それでも、毎回、昼休みに外出できるほど時間的余裕のある職場ではありません。

そういった時には、ネット検索で見つけた希望する求人の会社に直接、電話連絡します。

そして「紹介状が無くても応募が可能か」と採用担当者に尋ねていました。

すると、ほとんどの会社は、紹介状のない応募を了承してくれるのです。

正確な数字は思い出せませんが、約9割の会社は了承してくれた印象があります。

よくよく考えてみれば、企業が『紹介状の無い応募』を了承するのは当然のことです。

企業は、優秀な人材を取るためにハローワークに求人を出しているのです。

紹介状なんて関係ありません。

企業にしてみれば、紹介状が無いという理由で応募を断ると、そのぶん採用のチャンスを逃すことになりますから。

ただし、求人によっては「紹介状ありきの応募」しか受け付けないものもあります

その求人票には、次のような文言が書かれています。
・直接のご連絡・お問い合わせはご遠慮ください。
・応募にはハローワークの紹介状が必要です。

この場合は、直接連絡することができません。

そういった場合はいっそ諦めるか。それとも、有給休暇を取ってハローワークに紹介状をもらいに行くしかありません。

ハローワーク紹介状制度が『転職のチャンス』を奪っている。

ハローワークは国が運営しているため、そこで働いている人は公務員ということになります。

正規職員とか、非正規職員とか、契約職員とか、雇用形態はどうであれ公務員です。

公務員だからというわけではないですが、窓口にて求人申し込みをする際の対応は機械的です。

淡々と業務を処理している印象です。

それでも、こちらの足を引っ張ることがなければ、それはそれで構いません。

応募先企業への紹介状を発行して、応募連絡してくれれば問題はありません。

しかし、こちらの思うようにならないケースがいくつかありました。

例えば、筆者が複数応募することに対して、ハローワーク職員が嫌悪感を示してくるのです。

在職中の立場からしてみれば、ハローワークに行けるときに『興味のある求人案件の紹介状』はできるだけもらっておきたいものです。

時には興味対象の求人数が、3~4社に上ることもありました。

さすがにそこまでの数になると紹介状発行を断られたこともありました。

また、求人内容について質問しても、応募先企業に尋ねようともしてくれないケースもありました。

たとえば、仕事内容が簡単で単純作業なのに、給料が高い求人に応募を検討していた時のことです。

もしかしたら、求人内容以外の仕事をさせられるかもしれないと思い、ハローワークの職員に電話で聞いてほしいと言っても取り合ってくれませんでした。

自分で面接のときに聞いてほしいということでした。

そっけない対応が今でも記憶に残っています。

最後に、ハローワークの紹介状制度があるがゆえに応募を諦めた事例を紹介します。

ある求人案件をネットで見つけ、有給休暇をとってハローワークで紹介状を発行してもらって2~3日後に、新たに私の希望を100%満たす求人案件が出てきたのです。

再び有給休暇を取って、新たな求人に応募するためにハローワークに行こうと考えました。

しかし、さすがに短期間に何度も有給休暇を取ってハローワークには行けません。

いまの会社に不審に思われますからね。

結局、その案件は諦めることになりました。

転職のチャンスをミスミス逃すことになってしまったわけです。

このときの悔しさといったら言葉になりませんね。

おわりに

ハローワーク求人の「紹介状制度」が、いかに在職中の転職希望者泣かせになっているかを述べてきました。

そうはいっても、ハローワークには最大規模数の求人案件が揃っています。

「人材は欲しいが、費用をかけたくはない」という会社は、ハローワークにしか求人を出しません。

そういった事情を考えると、職探しをする者にとっては「ハローワークは絶対不可欠な存在」ということになります。

できるだけ時間を捻出して、ハローワークの求人に応募していきましょう。

それでもなかなか時間が取れない人には民間の『転職サイト』の活用をおススメします。

民間の『転職サイト』であれば、ネットから求人案件を探して、ネットから応募できます。

有給休暇を取れない人にとっては貴重な存在です。

以下は私が活用している転職サイトです。

・リクルートエージェント

・ビズリーチ

転職サイトは転職を成功させた人であれば、ほとんどの人は利用しています。

それもそのはず。

希望の求人情報を無料で紹介してくれるのです。

となれば、利用しない理由はどこにもありませんね。

大事なことは、ハローワークと民間の転職サイトの両方を効率よく使うことです。

筆者は過去にハローワークの求人案件、そして転職サイトの求人案件、それぞれから転職を勝ち取っています。

是非とも、両方をうまく活用して転職の成功を勝ち取って下さい。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました