働き方

働き方

在宅勤務を検討してみませんか。働き方改革のひとつです。

在宅勤務とは、通信機器を利用して自宅で業務をおこなうことです。 約10年程前ですが、私が総務課に在籍していたときに、会社として在宅勤務を導入するか否かを検討したことがあります。 そのときは、社員の労務管理の難しさから断念しました...
働き方

出世競争に敗れたのであれば、潔く新しい道を歩んでいこう。

「出世するために頑張ってきたが、どうやらこのあたりが限界かも。。」 40代ともなれば、会社人生も佳境(かきょう)です。 自分の限界というものが見えて来る年代ではあります。 特に、大企業は競争が厳しい。 優秀な同期も多...
働き方

出世競争では敢えて敗者になる道を選ぶのも悪くない。

「出世競争に勝ちたい!」 出世して大きな仕事をしたい。出世して給料を増やしたい。出世して自慢したい。 会社に入った以上は、そう思って仕事をしている人も多いのではないでしょうか。 しかし、出世することになると、多くの代償を払...
働き方

30代で転職のために資格を取っても役立たない。それよりもITの知識を身に付けよう。

「転職を成功させるために資格を取ろう。」 「資格は採用試験でのアピールに役に立つ。」 これらは、資格の専門学校がよく使う広告用の宣伝文句です。 資格は持っていないよりも、持っているに越したことはありません。 しかし、...
働き方

通勤ストレスが毎日少しずつ人生で大切なものを奪っていく。

「毎日、長時間、満員の電車やバスに揺られての会社通勤」 これは都会でよく見られる光景です。 私は30代前半まで、東京や大阪で仕事をしていたので、通勤の大変さは嫌というほど味わってきました。 特に東京の地下鉄では、息ができな...
働き方

都会で働いている地方出身者へ。ミドル世代になったら地元に帰るのが得策です。

地方出身者が大学入学・専門学校入学をきっかけに都会デビュー。 そして、そのまま都会に残って就職というのはよくあるパターンですよね。 若い頃は、都会の生活は楽しく、仕事もパワフルに、最終電車に間に合わずタクシー使って帰路につくほど...
働き方

30代になったら『管理職』or『専門職』のどちらの道に進むべきか決めておくこと。

30代にもなると、身につけた仕事の知識やスキルは相当なレベルにまでなっていることでしょう。 今後、そのスキルをどのように活かしていくか。 大きく2つの選択肢があります。 ①『管理職になって、出世の道をひたすら登っていく。』...
働き方

40代だからこそ『社会的意義のある仕事』に就こう!

40代といえば、学校を卒業後、働き始めて20年以上経った世代。 60歳を定年とすれば、ちょうど仕事人生の中間地点といったところです。 今後の仕事人生を考えるには、ちょうど良い時期ではあります。 『いまの会社で、いまの仕事の...
働き方

40代以降は『生産性の高い会社』で働くことが理想です。

40代に入ると、体力の衰えや記憶力の衰えを感じずにいられません。 個人差はありますが、それでも20代の時とは比べ物になりません。 特に体力の衰えは、確実に忍び寄ってきます。 そのせいもあってか、40代会社員に対する「会社へ...
働き方

ミドル世代になれば社会のために働くのも選択肢の一つです。

「仕事をする目的は何ですか」と問われれば「生活のため」と答える人がほとんどでしょう。 もしかしたら、他の答えを用意している人もいるかもしれません。 しかし、その答えは「生活のため」の次に来る2番目以降の答えでしょう。 やは...
本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
タイトルとURLをコピーしました