給料が安くて転職したいが自信がない。お金と自信を一気に手に入れる方法教えます。

給料

「給料が安い」

「毎月の生活がギリギリだ」

こうした悩みを持っている人は多い。

何とかしたいと躍起に逸っては見るものの、いまの会社での給料アップは望めない。

それは働いている本人が一番分かっているハズ。

であれば転職して、給料の良い会社にでも移るしかない。

とはいうものの、転職に踏み切る自信がない。

自信が持てない理由としては、

「転職するための武器を持っていない」

「転職するためのセールスポイントがない」

といったところでしょう。

であれば、転職活動に入る前に『自信を持てるようなスキル』を手に入れることが先決です。

今回は、給料アップを目指して転職しようとするものの自信が持てない人へ、「お金と自信」の両方を一気に手に入れる方法を教えます。

スポンサーリンク

スキルがないと転職は厳しい

いまの会社での仕事には満足。

そして、これからも慣れ親しんだ会社で、慣れ親しんだ仲間と仕事をつづけていきたい。

しかし、いまの給料では生活が苦しい。

こういう状況の会社員は結構な数に上るのではないかと思います。

あなたはどうですか。

できれば、いまの会社で給料が上がれば言うことないのだが。。

どうもそれが叶いそうにない。

ということで転職に活路を見出そうとするも、一歩目を踏み出す勇気が出ない。

その原因のひとつとして「転職できるだけのスキルを持っていないため、自分に自信がない」ということがあります。

あなたが20代であれば、まだ年齢だけで、若さだけで転職はできるでしょう。

しかし、30代に入っていれば、ましてや40~50代になると、何らかのスキルがなければ転職は上手くいきません。

もちろん、条件を下げれば話は別ですが。。。

少なくとも、今回は給料を上げるために転職をと考えているのですから、給料が下がるような転職なら、そもそもいまの会社に居続けますって話ですよね。

まずはスキルを身につけて自信をつけよう。

30歳を過ぎてアピールできるスキルを持っていないのであれば、まずは何らかのスキルを身に付けなければなりません。

スキルが身に付けば、自信が生まれます。

自信が付くスキルって何があるのか?

そして30歳を過ぎても重宝される人材にしてくれるスキルって何があるのか?

そのスキルとはプログラミング』です。

なぜ、プログラミングか?

私たちが暮らしている今の社会は『情報化社会』です。

ネットやスマホは日々の生活で欠かすことはできません。財布よりもスマホの方が手放すことのできない必需品です。

スマホのアプリやゲームなどはプログラミングが使われています。

もっと遡れば、冷蔵庫や風呂の温度調節までプログラムで動いています。

IT産業は今後も伸長していく分野です。

その動きをますま加速化されていくことは疑いようがありません。

具体的には、人工知能(AI)やモノのネット化(IoT)などです。

プログラミングは時代の寵児となりうるスキルです。

これだけ将来性のあるスキルですので、習得しようとすればやはり甘くはありません。

それなりの努力と頑張りは必要です。

裏を返せば、努力を必要とするからこそ価値のあるスキルと言えるのです。

それに、もし自分に自信を持ちたいのであれば、誰でも簡単に身に付くスキルではいけません。

そして、時代が求める需要のあるスキルでなければなりません。

プログラミングは、まさに打って付けのスキルです。

プログラミングを身に付けたい人は、必ず、専門のスクールで学んでください。

独学はプログラミングをかじったことのある人であれば良いですが、全くの初心者は専門の講師にレクチャーを受けなければ何が何やらさっぱり分からない状態に陥ってしまいます。

いまは、オンラインでの受講が可能なため、仕事を続けながら学ぶこともできます。

その前に、まずは無料体験レッスンを受講することを強くオススメします。

なぜなら、何でもそうですが物事には向き不向きがあります。

何十万円という受講料を払った後、やっぱり自分には向いていなかったではお金がもったいないですからね。

無料体験レッスンについては、以下の2校でおこなっています。

・完全オンラインスクール希望の方へ
①【CodeCamp(コードキャンプ)無料体験レッスン】

・都市部にお住まいで通学できる方へ
②【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

私のオススメは、①【CodeCamp(コードキャンプ)無料体験レッスン】です。

というのも、全くの初心者を対象にカリキュラムが組まれており、なおかつ、講師は現役のエンジニアだからです。

プログラミング学習は最初の入口が重要です。

現役のエンジニアが、ゆっくりと確実に教えてくれます。

こんな心強いことはないですよね。

まずは、無料体験に参加してみて自分に合っているかどうかを確認してみて下さい。

それで、自分に合っていれば、集中的に数カ月間でスキルを習得してしまいましょう。

スキル習得後の進路は転職だけではない。

プログラミングのスキル習得にかかる期間は6~9カ月です。

とはいえそれで終わりということではありません。あくまでも仕事ができるレベルまで6~9カ月間ということです。

その後も学び続けることは必要です。これは何のスキルでも同じこと。

覚えなければならないことは次々に出てきます。

常に勉強は必要です。そして、それがさらに自分を高めることになっていきます。

さて、プログラミングのスキルを習得したのちはどうするか?を考えておきましょう。

元々は転職に際して自信をつけるためにプログラミングのスキルを身に付けようとしたのですから、転職にチャレンジするべきです。

実はプログラミングスクールのなかには、転職までサポートしてくれるもがあります。

・転職支援付きのプログラミングスクール⇒TECHCAMP(テックキャンプ)

スキルと新しい職場を同時に手に入れることができれば、これ以上に幸せなことはありませんね。

しかし、いくらスキルを身につけて自信を持てたとしても、必ずしも転職に成功できるという保証はありません。

ましてや給料をあげるための転職となれば厳しいことが予想されます。

であれば、いまの会社に残ったまま副業としてプログラミングのスキルを活かすことを別の選択肢として持つことを検討してみるのもありだと思うのです。

おわりに

安い給料を少しでも上げたい!というのが転職しようと思った動機であるならば、収入が増えれば転職する必要はないということですよね?

たとえば、副業で収入アップできればわざわざ転職する必要はありませんよね?

じつは、プログラミングは副業に適したスキルなのです。

一人で、自宅で誰にもバレずに行うことができます。

さらには納期さえ守れば休日のみの仕事でも大丈夫です。

たいていのスキルは会社に所属して、会社の業務の中でしか使うことができません。

しかし、プログラミングはそうではないのです。

個人で仕事を受け、個人の頑張りで高収入を稼ぐことができます。

つまり『お金と自信を両方を手に入れたい』と望むのであれば、副業の方を選択した方が賢明かもしれません。

本当の自信は会社のなかで成果を出しても生まれません。会社の看板による成果か、自分の実力による成果かがはっきりしないからです。

自分一人の手に成果を上げて初めて、心の底から湧き上がる自信を手にできます。

真の自信を手に入れれば、今後、転職しようが、フリーで働こうが、自由な働き方を選択することができます。

そして希望の収入を手にできます。

「いまの安い給料生活から脱出したい!」と思っているのであれば、まずはプログラミングの無料体験に参加してみましょう。

全てはここからがスタートです。

無料体験に参加しましょう↓

・【CodeCamp(コードキャンプ)無料体験レッスン】

・【TECH::CAMP(エンジニアスクール)無料体験会】

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました