新型コロナ流行で『会社員であること』のメリットが証明された。

会社員のメリット 働き方

「これからはフリーランスの時代だ」

脱会社員として脚光を浴びたフリーランス。

会社員としての働き方に嫌気が差した優秀な人のなかには、フリーランスという脱会社員の道を選択する人もいるでしょう。

しかし、新型コロナの流行より、その状況に変化が生じています。

 

フリーランスになれば、自由に仕事や仕事相手を選べて、実績に応じて収入を得ることができる。

働き方としては理想であり、憧れでもあります。

しかし、いまのような経済環境が不安定な状況では、決して賢い働き方をとはいえません。

代わって、人気を博しているのが『会社員』として企業に属して働くことです。

たしかに会社員として働くことを望む人は少ないでしょう。しかし、いまのような不安定な環境のもとでは会社員を選択するべきです。

その理由は、会社という組織の傘下にいれば、国の補助を受けることができるから。

つまり、会社という組織に中にいる方が安泰だということです。

今回は、コロナ禍の不安定な状況においては、フリーランスよりも会社員でいる方が賢い選択であることについて説明します。

 

スポンサーリンク

フリーランスより会社員を選択しよう

『フリーランスvs会社員』

この対立軸で働き方を選択するようになって久しい。

フリーランスのメリットとしては、以下のようなものがあげられます。

  • 働く場所も時間も自由
  • 仕事内容も仕事相手も間関係からはおさらばできる
  • 働いた分だけ稼げる

こういったメリットを享受できるのがフリーランスであり、これらが会社員の関心を掻(か)き立ててきました。

やりたくない仕事をやらされ、嫌な上司との人間関係に悩まされ、何とか会社員を続けているなかで、フリーランスという新しい働き方が目の前に現れれば、少なからず心は動きます。

そして、実際に会社を辞め、フリーランスの道へとシフトした人もいたでしょう。

しかし、こうした世の中の潮流も新型コロナで一気に様変わりです。

代わって、フリーランスの対極にあった会社員が脚光を浴びることとなりました。

会社員は自由がなくても、とりあえず収入を確保できます。

毎月決まった給料が確実にもらえますから。

そして、今回の新型コロナ流行において、会社員の特権として大きく注目されたものがあります。

それは『雇用調整助成金』です。

たとえ所属している会社での仕事が激減しても、国による雇用調整助成金により会社員は解雇されずに済みます。

雇用調整助成金とは、社員が仕事がなくて会社を休むときに、会社が社員に支払う休業手当を国が助成するというものです。

雇用調整助成金のおかげで、会社は休業させてもおカネを使わずに済むため、社員を積極的に休業させることができます。

社員も解雇されずに、休業手当をもらいながら、自宅で休業し続けることができます。

これは会社員に与えられた大きな特権です。

フリーランスには、こういった特権はありません。

フリーランスではコロナで仕事がなくなれば収入はなくなるうえ、国からの助成を受けることもできません。

今回のコロナによって、会社という組織に属していることで、いかに手厚く守られているかがお分かりいただけるでしょう。

これからは会社員への回帰現象が強まるでしょう

景気が好調な時は仕事も溢れるため、実力のある人はフリーランスでの働きを好むでしょう。

いまやフリーランスも社会的にも認知されてきているため、一昔のようなフリーターのようなどこか後ろめたい感じを抱くこともありません。

好きに仕事を選んで、好きな人と仕事をする。そして多くの収入を得ることができる。

これは会社員では絶対に不可能なことです。

しかし、今回の新型コロナ流行で世の中が不安定になると、逆に会社員回帰の流れが強くなります。

寄らば大樹の陰ではないですが、会社に居たほうが雨風が防げますし、寒風が吹いても暖かく過ごすことはできます。

新型コロナ流行のような、企業単体ではどうにもならない危機的状況になると、必ずと言っていいほど国が援助の手を差し伸べてくれます。

そして、主な救済対象者は、経済活動の中心的役割を担っている『企業』ということになります。

となれば、必然的に企業体に属している社員も救済の主な対象者となります。

今回のコロナで、企業に所属していることのありがたみを感じた人は多かったのではないでしょうか。

コロナを機にして、フリーランスから会社員も戻ろうとする動きも出ています。

一度フリーランスになったからといって、会社が受入れないということはありません。

むしろ、これまでフリーでやってきた人は会社で温々と仕事をしていた人と違って、スキルも実績もある人たちです。

一人で稼ぐことができる人は、会社員になってもあっという間に結果を残すことでしょう。

そのことは会社側も理解しているでしょうから、会社に戻ることはたやすいことです。

いま、会社員であることのメリットが再評価されてきています。

会社員に不満があれば、別の会社の会社員になればよい。

新型コロナの流行による不安定な経済状況のなかにおいて、会社員のほうがフリーランスよりも有利である。

しかし、会社員を長く続けていると、なかなか会社員の優位性を感じなくなります。

雇用調整助成金で雇用が守られていることに、ありがたみを感じていないかもしれませんね。

たとえ、ありがたみを感じることはあっても、それは一瞬で、しだいにそれにも慣れてしまい、最後には何も感じなくなるのかもしれません。

そして、そのうち再び会社員のデメリットに目が向かい始める人も出てくるでしょう

「目の前の上司とおさらばしたい」

「嫌な仕事ばかり押し付けられるのでうんざり」

こうした気持ちが芽生えた時、真っ先に辞めて行く人は実力のある人です。

そして、実力のある人ほど、フリーランスとして稼ごうとします。

しかし、何度も言いますが、いまのような不安定な状況においては、そういった行為は火の中に飛び込むようなものです。

ではどうするのが賢明か?

そういったときは、いまの会社の会社員を辞めて、別の会社の会社員になりましょう。

いまは会社員の特権を自ら手放すべきではありません。

別の会社に移って会社員の特権をキープしながら、いまの目の前の問題を解決しましょう。

同じ会社員でも、会社が異なれば、全く違う環境を手に入れることができます。

嫌な上司ともおさらばできますし、好きな仕事をできます。

しっかりと会社選ぶことで、目の前の悩みは解決します。

是非、違う会社で会社員を続けることを検討してください。

⇒別の会社に移る際には『リクルートエージェント』にお願いしましょう。

 

個人の時代といっても、経済の主体は『企業』です。

仕事ができる環境は個人レベルでも可能ですが、社会保障、年金などは個人レベルではまだまだ満足いくレベルにはありません。

やはり、企業に居るほうが手厚く、優遇されます。

おわりに

今回の新型コロナで『会社員』であることの良さが再評価されることになりました。

働き方は時代とともに変化します。

会社員からフリーランスへの流れは、しばらくは休止するかもしれませんが、いずれコロナが収まり平穏が戻れば、またフリーランスの良さが再評価されることになるでしょう。

私たちには選択権があります。

経済環境に応じて、働き方を変えていけばよいだけです。

ただ、いましばらくは会社員であるほうが得策です

いまの会社の会社員が嫌であれば、別の会社の会社員となって会社に所属し続けましょう。

⇒別の会社に移る際には『リクルートエージェント』にお願いしましょう。

本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
本気で転職したいなら『リクルートエージェント』を使おう。
タイトルとURLをコピーしました