40代が書類選考を突破するためのポイントは『自己PR』の作成にあります。

書類選考

転職成功を勝ち取るための第一関門は『書類選考』です。

書類選考を突破するためには、応募先企業に「この応募者に会ってみたい!」と思わせる書類を作成しなければなりません。

ここでの書類とは『履歴書』と『職務経歴書』の2つがメインです。

特に中途採用での書類選考は、仕事経験がある人が対象のせいで『職務経歴書』に重きを置かれていると言ってよいでしょう。

書類の書き方についてはさまざまです。

ハローワークや転職サイトなどに問い合わせをすれば、書き方のマニュアルをもらうこともできますし、作成した書類を添削してくれたりもします。

しかし、書類作成については、基本的にはそのままの事実を書くことしかできません。

嘘は書けない。

やってもいない仕事をやりましたとは書けません。

だから、書類選考とは、これまでの自分がやってきたことでしか判断してもらえません。

書類作成の中で、何かアピールできるものを改めて作り上げることは難しいのです。

ただし、全くないわけではありません。

その一つが『自己PR 』です。

実は、私が書類選考で最も重視しているのが『自己PR』を書くことです。

『自己PR』は書類選考の提出書類には含まれていないことが多い。

だからこそ、自己PRを作成することが他の応募者との差別化を図れるのです。

そして、その書き方も重要になってきます。

今回は、40代が書類選考を突破するためには『自己PR』がカギを握っていることについてお話しします。

 

スポンサーリンク

書類作成は神経質になる必要はない。

職務経験のある転職希望者は、職務経験のない新卒者に比べて、応募書類を作成することにさほど神経質になることはありません。

というのも、新卒採用と中途採用では『書類の出来具合』が採否に与える影響の大きさが異なるからです。

新卒者は、仕事経験がありません。

そのため、提出書類といえば、自分の長所や短所、自己PR、学生時代に力を入れたこと、学生時代の思い出などのについて書いたものとなります。

何をどう書くかは、本人にゆだねられています。

たとえば「学生時代の思い出」がテーマだとすると、アルバイト?サークル?旅行?など選択肢が多く、それを好きに書くことができます。

しかし、裏を返せば、好きに書けるからこそ逆に難しいとも言えるのです。

何を書くか、どう書くかによって書類選考の合否が決まるからです。

一方で、職務経験のある転職希望者は、過去の職務経験をそのまま書くだけです。

中途採用を行う企業は、応募者の前歴が、その企業の求める職務に合致するかどうかを書類選考で確認しているだけです。

選考作業というより、確認作業の色合いが強い。

確認してミスマッチしていれば書類選考不合格にするだけです。

中途採用の応募者は、新卒者のように、書類作成において「何を、どう書くか」などと神経質になる必要はないのです。

基本的には、経験した仕事内容を書くだけです。

とはいえ、書類作成にあたり、絶対にやっておいた方がプラスになることがあります。

書類作成の際には中身だけでなく見た目にも気配りをしましょう。

書類選考は書類の中身が重要なのは言うまでもありません。

そのうえで、40代にもなれば書類作成に際して『見た目』にも気配りをすることをオススメします。

ポイントは以下の2点です。

①書類は手書きで作成すること

手書きであろうと、PCであろうと、記載内容は同じです。

であれば、どちらでも良いように思われますが全く違います。

何が違うのか。

応募先企業の担当者へ与える印象が全く違ってきます。

PCで作成した書類は、無機質で冷たい印象を与えてしまいます。

一方、手書きで作成した書類は、どこか温かみを感じさせてくれます。

そして、手書きするとそれなりの時間を費やさなければなりません。そのことが、相手に対して入社意欲をアピールすることにもなります。

②郵送する際には、封筒は各形2号を使うこと

通常、履歴書のサイズはA4サイズです。

A4サイズの書類を折り曲げることなく、封筒に入れるためには各形2号の封筒が必要です。

郵送料金を安くするために、もっと小さめの封筒を使うことだってできます。

ただし、そのためには、書類を折りたたんで入れる必要があり、それを取り出した時には、書類に強い折り目が付いてしまいます。

私は事務系の仕事をしていて、多くの書類に触れています。。

その経験から言わせてもらうと、折り目がついた書類は大変読みにくい。

折り目を伸ばそうと、手で強く押つけても、一度強烈な折り目が付くと原型には戻りません。

さりげない気遣いという意味において、多少コストがかかっても、角形2号の封筒を使ってあげたほうがよいでしょう。

自己PRしかポイントを稼ぐ箇所はない。

履歴書、職務経歴書を送付する際に『自己PR』を一緒に送付する場合があります。

『自己PR』は会社が求めてくるというよりも、応募者が少しでも書類選考を通過できる可能性をあげるために、自主的に送付するものです。

『自己PR』は、商品・サービスを売るための広告宣伝と同じです。

広告宣伝は、消費者に対して、商品の良さやメリットをアピールし、購入してもらうために行います。

広告には、購買意欲を高めるような表現や写真などが使われます。

これは、どこの会社でも商品のアピールをする際に用いる手法です。

一方で、この手法には、マイナス面もあります。

あまりにも商品を良く見せすぎてしまうと、消費者の期待値を上げ過ぎてしまうということです。

そうなれば、消費者はちょっとやそっとでは満足しません。

「こんなはずではなかった」「聞いていたものとは違う」などのクレームが飛んでくることも考えられます。

同じことが、自己PRについても言えます。

履歴書や職務経歴書では、ありのままの事実を書くだけです。

それではアピールにはなりません。

「御社で仕事がしたい」

「こういった分野で御社に貢献したい」

といった気持ちは『自己PR』でしか書くことができません。

入社への熱意を示すことは重要です。

相手に要求されなくても、自己PRは作成するべき重要な書類です。

一方で、自己PRを作成する際には注意するべきことがあります。

それは、自分を良く見せたり、能力があるように見せすぎたりしないことです。

自己PRのしすぎで書類選考を通過すると、次の面接試験を『期待値が高く設定された状態』で迎えなければなりません。

したがって、自己PRの書き方については、転職のプロに指導してもらうことをおススメします。

自分本位の作成になると、自分をPRするどころか、自分を貶(おとし)めることにもなりかねませんので。

書類の作成指導については、転職のプロであるリクルートエージェント』にお願いしましょう。

書類作成の指導を一度してもらえば、完成した書類はずっと他の会社に応募するときも使い続けることができます。

ちなみに、私は自己PRでは、実績や自慢話については一切触れないようにしています。

一番の理由は、自分で自分をアピールするのが照れくさいからです。性格的なものです。

そして、もう一つの理由は『謙虚さ』を大事にしたいと思っているからです。

40代は、知識・経験そして能力に関しては、20代~30代よりも上回っています。

逆に、下回っているものもあります。

それは『変化への適応力、柔軟性』です。

40代が新しい職場に入ると、これまでの自分のやり方や考えを押し通してしまい、新しい環境に適応できないケースがあります。

『郷に入りては郷に従え』が大事になります。

採用担当者は、40代の応募者の採否を判断する場合に、新しい環境への適応能力を見ようとします。

その適応能力に欠かせないのが『謙虚さ』です。

素直に他人の意見を聞くだけの『謙虚さ』を持っていることが大事になってきます。

私は『謙虚さ』をアピールしたいために、あえて自慢話や実績について触れません。

これは、40代ゆえの戦略です。

おわりに

以上、書類選考を突破するために必要なことを紹介しました。

書類選考対策としてやるべきことは、他にも色々あります。

細かい点については、転職のプロであるリクルートエージェント』から直接アドバイスをもらうほうが良いでしょう。

最後に一点だけ。

採用面接者も人の子です。

理屈だけでなく、感情をもって採用判断することはあります。書類の完成度も大事ですが、心象を良くしておくことも大事です。

そういう意味において、相手への気配りや自己PRをしすぎないことは、相手を心地よい気分にするためには必要なことではないでしょうか。

コメント

転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
転職回数を気にしている人には是非とも読んでほしい記事です。
転職回数の多い人は『転職回数を気にしない会社』に行けばよい。
タイトルとURLをコピーしました